【競馬予想】単複勝負.com

今週は、日本ダービーを大予想!

京都競馬場 京都芝3000m コース分析

それでは、今週、菊花賞があるので京都芝3000mを書きたいと思います。このコースはそもそもレースが2レースしかなく特殊な距離なので攻略が難しい感じがしますが個人的には狙いは立てやすいです。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。

京都芝3000mのレース

①菊花賞(歴代勝ち馬:キタサンブラック・トーホウジャッカル・エピファネイア)
②万葉S(歴代勝ち馬:マドリードカフェ・ステラウインド・タニノエポレット)

京都芝3000mで狙う馬は?

このコースで狙う馬は、L主体の馬で特にLがかなり強い豊富な量系が一番ベストです。このコースで行われるレースは菊花賞と万葉ステークスですがこの2レース、同じ距離ですが全く私の中では異なる性質のレースです。その辺は後述します。

スポンサーリンク

ステップ的には?

京都の3000mと特殊な距離なので全馬、ほぼほぼ距離延長、しかも大幅な距離延長ショックになるのでステップなんてはっきり言ってないです笑 あえて言わしてもらうなら根幹距離の2000mや2400mから来たほうがL系の馬なら楽に感じれるのでいいのではないでしょうか。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

これに関しては菊花賞と万葉ステークスで違います。菊花賞に関しては多頭数のハードなレースになりやすいので混戦に強い馬でかつ量がある馬がベストです。狙うならネオユニヴァース産駒ステイゴールド産駒などが良いと思います。
万葉ステークスに関してはそこまでタフなレースにならず単調なレースになりやすいので揉まれ弱く弱い相手向きのマンハッタンカフェ産駒ゼンノロブロイ産駒が良いと思います。

あとは菊花賞・万葉ステークス共通して面白いのはダンスインザダーク産駒だと思います。

京都芝3000mまとめ

書き忘れたので補足しますが菊花賞に限って言うと基本は強Lタイプがいいですが強Sタイプもいいです。つまりL主体の馬かS主体の馬でここまで勝ち上がってきたタイプの馬です。C主体の馬は量が基本的に無いので京都の3000mという距離をこなすのがとても難しいです。なのでC主体の馬は量が補われているCL系でないと苦戦します。万葉ステークスに関しては先ほども書いたとおり弱い相手に強い量系の馬をねらっていくのがベターだと考えます。

以上、京都競馬場の芝3000mのコース分析でした。よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

ブログ村 競馬予想(現在10位)
[最強]競馬ブログランキング(現在82位)
人気ブログランキング(現在9位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

2017年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが投資家として為替予想と株式銘柄分析もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-コース, 競馬予想

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。