単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【CBC賞2020】レース回顧をしてみる。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

本日行われました、CBC賞のレース回顧をしたいと思います。さて、今週、動画にアップしたレースに関しては、TVh杯の本命馬が2着、大阪スポーツ杯の本命馬が3着、安達太良ステークスの本命馬が3着、福島最終レース(土曜日)の本命馬が6着、ラジオNIKKEI賞の本命馬が6着、CBC賞の本命馬が10着、阪神最終レース(日曜日)の本命馬が1着、福島最終レース(日曜日)の本命馬が10着という結果だったので8レース中4レース、本命が馬券圏内に来てくれましたのでぼちぼちだったと思います。2,3着が多く単勝・馬単・3連単の方には申し訳なかったなって思います。日曜日の阪神・福島のメインレースが完全な前残りの馬場でかすりもしませんでした。

それでは、CBC賞2020のレース回顧に入りたいと思います。

(今年からは的中実績はこちらには記載しません。YOUTUBEの「的中レース」という名前の再生リストをご参照ください。)

スポンサーリンク

CBC賞2020 レース結果

1着 ラブカンプー 単勝期待値 - (週中の依頼無し)
2着 アンヴァル 単勝期待値 - (週中の依頼無し)
3着 レッドアンシェル 単勝期待値 B

1着のラブカンプーに関しては、1000mでS質を活性化させて逃げる位置取りショックで且つ、前残りのトラックバイアスにも助けられての完勝でした。完勝でしたがこれは馬場の恩恵がかなり大きいと思います。次走以降、人気になるようだと個人的には軽視したいです。ただ、個人的には勝ってくれて嬉しかったです。関係者の皆様、本当におめでとうございます。

2着のアンヴァルに関しましても、距離短縮を前に行く位置取りショックでそのまま残ったって感じですね。特に内容は無いかなって個人的には思います。ここまで特殊な馬場になるとは思っていなかったので本当に想定外でした。参りました。

3着のレッドアンシェルに関しましては、無難な福永騎手が無難な位置取りで無難に差してきたって感じですね。馬場渋って力のいる馬場は得意ですからね。完全な前残りでなければもう少し差を詰められたかなって思います。

スポンサーリンク


CBC賞2020 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、ロケットとクリノガウディーの2頭を挙げました。結果は、5番人気10着と1番人気12着という結果でした。ロケットは逃げずにブレーキかけて、しかも道中不利も受けて中途半端な位置取りになってしまってもうやる気をなくしてしまったかなって思います。馬場も思いのほか回復が早くこの馬向きの馬場ではありませんでした。クリノガウディーは休み明けにも関わらず馬体重が減ってきたので差してくるしかない中で完全な前残りですからこれはしょうがないです。気にする必要は無いと思います。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは、一頭も挙げませんでした。特に危ないと思えるローテーションの人気馬がおらず予想自体も上位人気を中心とした予想になってしまいました。結果は大波乱になりましたが、当日の馬場を見て思いきって前の馬を中心に買わないとなかなか当たらないと思います。

以上、CBC賞のレース回顧でした。来週は、七夕賞・プロキオンステークスですね。Youtubeの方でご依頼があれば各馬の解説をしっかりしていきますので良かったらチャンネル登録してください。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!