単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【阪神芝2200m特徴】阪神芝2200mで狙う馬は? 狙う種牡馬は?

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

それでは、宝塚記念が行われる阪神競馬場の芝2200mを書きたいと思います。このコースは最後の直線に急坂が存在するので基本的には差し・追い込みが有利なように感じますが最後の直線の長さが約356mと短くデータ上は逃げ・先行が圧倒的に回収率が良いです。特に逃げ馬の回収率がとても良いので前走逃げられなかった逃げ馬は要注意です。ただし、宝塚記念だけは少し例外で差し馬が結構、台頭してきます。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。

阪神芝2200mの重賞

宝塚記念(歴代勝ち馬:リスグラシュー・ミッキーロケット・サトノクラウン・マリアライト・ラブリーデイ・ゴールドシップ)

当コースの重賞競走は宝塚記念だけです。非根幹距離の2200mなのでG1は一つで確かにいいかなかっと思いますがG2・G3は秋とかにもう少し増やしてもいいかなっと思いますね。ちょっと寂しい感じがします。当コースの重賞はこのレースしかないのでもう少しだけ歴代勝ち馬を遡ってみるとオルフェーヴル・アーネストリー・ナカヤマフェスタ・ドリームジャーニー・エイシンデピュティ・アドマイヤムーンとステイゴールド産駒がやたら強いですね。

阪神芝2200mで狙う馬は?

このコースはいわゆる中山芝2200mと同様にS主体のSL系がやはりメインとなると思います。2200mという非根幹距離なのでそれほど集中力はいらずS主体もしくはL主体の馬が好成績を残しています。ただし、G1の宝塚記念に関してはSC系やCL系、及びLC系などの集中力がある馬でないと勝ちきるのが難しくなってきます。条件戦では、強い相手向きの集中力系のハーツクライ産駒ステイゴールド産駒が苦戦していますが多頭数の宝塚記念になると一点、ハーツクライ産駒ステイゴールド産駒が強いことからもやはりG1では集中力は必須です。特にさきほども書きましたがステイゴールド産駒がやたら強いです。少頭数であればL系の馬でも大丈夫です。

スポンサーリンク

ステップ的には?

このコースの重賞は宝塚記念だけなのでやはり天皇賞春からのローテーションが王道だと思います。そこで人気で勝った馬の信頼度は相当高いです。今回で言うと、、、、、そうです、キタサンブラックですね。困りましたね(苦笑)

(2018/06/21 追記) 穴で面白いのは鳴尾記念(G3) or ヴィクトリアマイル(G1) or 目黒記念(G2)からのローテーションの馬。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

私のおすすめの種牡馬は、キングカメハメハ産駒ステイゴールド産駒ですね、やはり。あとは少頭数ならマンハッタンカフェ産駒もいいと思います。あとは配当的妙味はあんまり無いですがディープインパクト産駒でしょうね。

阪神芝2200mまとめ

基本的には中山2200mとそんなに大きくは変わらないので関東馬で中山の非根幹距離で実績ある馬が初の阪神競馬場への遠征で初コースが不安視されて人気なければ面白いと思います。瞬発力よりも持続力が求められるコースなのでディープインパクト産駒の単勝に関してはそこまで期待値は高くないです。逆に言うと、ディープインパクト産駒なのに瞬発力系でなく持続力系の馬で人気がなければ要注意です。

以上、阪神競馬場の芝2200mのコース分析でした。よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!