【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】JBCスプリント2017 有力馬の短評

2017/12/09

今週末に行われます、JBCスプリント2017の有力馬の短評を書いていきたいと思います。是非、競馬予想の参考にされてください。出走予定登録馬を見る限り、このレースは、16頭立てになりそうなので多頭数になる可能性が高いので面白そうですね。短距離戦の多頭数だとそれなりにS質が強くないと勝ちきるのが難しいですね。

コパノリッキー

1600mから1200mへの距離短縮ショック。前走圧勝でストレス・疲労共に少なくて。ただし、L系の同馬が多頭数の1200mに距離短縮ショックで挑むのは「楽」ではなくて。ただし、中央の1400mでも先行できる馬なので距離短縮ショックに戸惑う事はないかなっと思います。距離短縮ショックを揉まれずに自然な形で差しに回れればむしろ「楽」に感じる可能性が高いので好走する確率を高める為には、外枠に入ってきて欲しいですね。

ノボバカラ

前走、芝からダートへのショック・1200mから1600mへの距離延長ショック・逃げる位置取りショックとトリプルショックで7番人気2着と激走した反動がとても心配で。距離延長ショックで激走した後の1200mへの距離短縮ショックは普通に考えれば「楽」から「苦」に感じると思われます。多頭数というのも反動が出る可能性を高めるのでマイナス材料だと思います。

ニシケンモノノフ

いつも言っていますが能力は高いですが揉まれ弱く危うい一面があるので前走は多頭数の内枠でしょうがなかったと思います。今回は前走、1番人気3着と凡走したのでストレス・疲労が薄れたので走れるパターンだと思います。ただ、多頭数のレースなので出来る限り外枠に入ったほうがいいと思います。6枠ぐらいがベターだと思います。おそらく巻き返してくるんではないかと思います。

スポンサーリンク

キタサンミカヅキ

前走、地方の重賞が初と鮮度あって、2連勝を飾りました。勢いのあるS系なのでちょっと怖いですが今回は前走ほどの鮮度もなくストレス・疲労だけがある状態なのでどちらかというと「楽」から「苦」なので人気だったら割引でいいかなと思います。人気だったらと言うのは勢いのあるS系なので人気無ければもう一戦ぐらいなら勢いで何とか凌ぐ可能性があるので紐で抑えておいてもいいと思うからです。

ブルドッグボス

前走、1400mから1200mへの距離短縮ショックを3番人気2着と接戦負けした直後の格上げ戦なのでちょっときついかなっと思います。今回はノーショックで多頭数のG1なので人気はそこまで無いと思いますが3着ぐらいではないかなっと思うのであまり好んで買いたいとは思わないですね。馬体重の大幅な増減に注意したいです。

コーリンベリー

一昨年は、3番人気1着。去年は、4番人気3着と距離は違いますが年々鮮度が落ちてきているので今回も勝ち負けは厳しいのではないかと思います。今回は特に強調材料もないですし状態も正直あまり良くないので難しい感じがします。

ネロ

芝からダートへのショック。初の中央から地方へのショック。S質が強いのでダート変わりも問題ないと思います。どれくらい人気になるのか全然分かりませんが人気無ければ妙味あって。前走、逃げていないので逃げる位置取りショックを仕掛ければ、さらに面白い存在だと思います。でもやっぱり人気になるんですかね。単勝オッズで10倍以上付くようであればかなり期待値高いと思います。

短評まとめ

ざっと有力馬を見てみましたが、ネロが人気次第ではかなり面白いのではないかと思います。あとは、ニシケンモノノフ・コパノリッキーが人気ですがそれぞれ面白いと思います。他の馬はストレスがきつく妙味があまりないですね。怖いのはやはり勢いのあるキタサンミカヅキですかね。この4頭の勝負でいいような感じが現時点ではします。

以上、JBCスプリント2017の有力馬の短評でした。

Naoto.

【追記】
今週は重賞レースが非常に多いので当レースは有力馬の短評のみで最終結論は書かない予定です。何か質問あればツイッターまで下さい。

JBCクラシック2017の有力馬の短評は⇒⇒⇒こちら

JBCスプリント2017の有力馬の短評は⇒⇒⇒こちら

JBCレディスクラシック2017の有力馬の短評は⇒⇒⇒こちら

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想