【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】阪神ジュベナイルフィリーズ2017 トーセンブレス

2017/12/09

それでは、阪神ジュベナイルフィリーズ2017に出走予定のトーセンブレスの競馬予想をしたいと思います。今週は阪神ジュベナイルフィリーズ2017を当然、勝負レースとして競馬予想したいと思います。まずは前走のアルテミスS(G3)ですが、「中山競馬場の1600mを最後方から差しきり勝ち。しかも稍重で差しきり勝ちとディープインパクト産駒にしてはパワーがそこそこありそうですね。牝馬のディープインパクト産駒はパワー型もちょこちょこいるのでそこまで珍しくないですけどね。前走のストレス・疲労が心配なのであまり内目の枠は避けた方がいいかなっと思うのと馬体重は絞れてきた方が安心かなっと思います。現時点では、そこまで信頼感は無いように感じます。」と書き、最終結論で無印にしました。結果は、1番人気6着とだいたい予想通りの結果となりました。まずは、その前走を振り返りましょう。(阪神競馬場の芝1600mの馬券的攻略の仕方はこちら)

トーセンブレスの前走

前走 アルテミスS(G3) 15頭立て 東京1600m 良 1番人気6着 馬体重 462(-4) 上がり 34.9

前走の短評でも書いたとおり、新馬戦を圧勝しましたが最後方からの差しきり勝ちなので一時的にストレス・疲労が残るので1番人気に推されるほどの信頼感は無いだろうと思いました。結果は1番人気6着と負けはしましたがそこそこ強い内容だったと思います。頑張りました。どうせ負けるなら先行して負けておいて欲しかったですが笑 そうすれば阪神ジュベナイルフィリーズでペース上がって自然と差しに回る位置取りショックが仕掛けられるからです。それでは過去5戦(全成績)を見ていきます。

スポンサーリンク

トーセンブレスの過去5戦(全成績)

2017 2歳新馬 16頭立て 中山1600m 稍重 2番人気1着 馬体重 466(0) 上がり 34.0

2017 アルテミスS(G3) 15頭立て 東京1600m 良 1番人気6着 馬体重 462(-4) 上がり 34.9

ディープインパクト産駒の牝馬にたまにいるパワー型の馬ではないかなっと思っています。そう仮定すると前走は1番人気に推されるほど自分より弱い相手で広い東京競馬場、大外枠と条件自体も悪く新馬戦でかなりストレス・疲労を残す勝ち方だったので前走の凡走はストレス・疲労が取れて良かったと思います。6着ならこのクラスでも十分通用する力を証明できましたしこれで人気が落ちるならかなりの狙い目だと個人的には思います。

スポンサーリンク


競馬予想まとめ

ストレス・疲労が取れましたけどあまり内過ぎる枠は嫌だなぁっと思っていたので4枠というのはかなり良い枠に入ってくれたなっと思っています。あとは馬体重の大幅な増減にだけ非常に注意してもらいたいです。前走と同じような中団からの差しきりをイメージして騎乗してもらったらいいかなっと思います。ストレス無い状態なので外を回すのではなくしっかり馬群に突っ込んで欲しいです。鞍上が柴田騎手なのでこの枠なら無難に外には出さず、馬群の中に入ってこじ開けてくれそうですが。。。前走、ルメール騎手に乗り変わられて再び戻ってきたので気合は入っていると思います。頑張って欲しいです。

現状、9番人気ぐらいの単勝オッズ30.1倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 A
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

阪神ジュベナイルフィリーズ2016の最終結論は⇒⇒⇒こちら (去年は5連複を当てています笑)

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想
-