【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】朝日杯フューチュリティステークス2017 ケイアイノーテック

それでは、朝日杯フューチュリティステークス2017に出走予定のケイアイノーテックの競馬予想をしたいと思います。今週は朝日杯フューチュリティステークス2017を当然、勝負レースとして競馬予想したいと思います。まずは前走のデイリー杯2歳S(G2)ですが、「5ヶ月の休み明け。この馬もカツジ同様、格上げ戦・初重賞・京都競馬場の1600mとディープインパクト産駒として条件良くて。もう少し休み明けと言う事で人気無いかと思いましたが現時点では、カツジよりも人気なので対抗にしておきました。馬体重は当然増えてきて欲しいです。」と書き、対抗の単勝推奨馬に挙げました。結果は3番人気3着とちょっと個人的には不甲斐ない内容でした。はぁって感じでしたね。まずは、その前走を振り返りましょう。(阪神競馬場の芝1600mの馬券的攻略の仕方はこちら)

ケイアイノーテックの前走

前走 デイリー杯2歳S(G2) 9頭立て 京都1600m 良 3番人気3着 馬体重 472(+22) 上がり 35.1

レース映像だけを見たので少しガッカリしましたが馬体重が+22キロと明らかに太め残りで少頭数の京都の1600mだった事を考慮すると見限るのはちょっと早いかなっと思いました。前走、先行していますので今回多頭数でペース上がって差しに回る位置取りショックを仕掛けることが出来る余地を残していますので人気があまり無いようであればそれなりに面白いのではないかなっと思います。それでは過去5戦(全成績)を見ていきます。

スポンサーリンク

ケイアイノーテックの過去5戦(全成績)

2017 2歳新馬 10頭立て 阪神1600m 良 1番人気1着 馬体重 450(0) 上がり 33.5

2017 デイリー杯2歳S(G2) 9頭立て 京都1600m 良 3番人気3着 馬体重 472(+22) 上がり 35.1

新馬戦で阪神1600mで勝利し前走、京都の1600mで凡走し今回は阪神1600mなのでこの馬の記憶の中では良いコース変わりだと思います。まだ2戦しか走っていないので能力的に足りるのか足りないのか全然正直なところ分かりませんが馬体重をしっかり絞ってくればこの馬なりに前進はしてくるでしょう。初のG1挑戦と鮮度あるディープインパクト産駒ですがまとまり感が強いように感じるので単勝は?って感じるのであくまで紐で買うか買わないか悩む程度かなっと思いますね。

スポンサーリンク


競馬予想まとめ

前走、先行して3番人気3着で着差0.6秒なのでストレス・疲労という面からは非常に良い凡走だと思います。ですがその3番人気3着というのが非常にまとまり感を示しているので馬体絞れて太め残りを解消したとしても複勝圏内が良いところではないかなっと思いますね。さきほども書きましたがまだ2戦しか走っていないのでもしかしたらまだまだ真剣に走っていないだけで能力は相当高い可能性もありますが現時点でそのように考えるのはいくら人気が無いにしてもちょっと強引過ぎるかなっと個人的には思います。なんとなくですが阪神ジュベナイルフィリーズのラテュロスのような結果になるのではないかなっと思っています。

現状、8番人気ぐらいの単勝オッズ26.8倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

朝日杯フューチュリティステークス2016の最終結論は⇒⇒⇒こちら

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが専業トレーダーとして為替予想と株式銘柄分析もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想
-