単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【競馬予想】函館記念2019の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

函館記念について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。函館記念は過去10年のデータを見ると1番人気の信頼度が低いレースですね。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

函館記念の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

13ラブイズブーシェ
29ダークシャドウ
32ステラウインド

2015

15ダービーフィズ
23ハギノハイブリッド
31ヤマカツエース
2016

稍重

16マイネルミラノ
28ケイティープライド
310ツクバアズマオー
2017

112ルミナスウォリアー
214タマモベストプレイ
315ヤマカツライデン
2018

16エアアンセム
23サクラアンプルール
314エテルナミノル

函館記念2014の考察

この年の1着は、ラブイズブーシェでした。この馬は目黒記念(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2500mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。函館記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がマンハッタンカフェで母父がメジロマックイーンなので体力あるLC系だと思います。目黒記念を12番人気2着と激走した直後のL系の馬なので非常に狙いづらいと思います。しかも多頭数の内枠でした。にも関わらず2番人気1着と激走しました。この事から、多頭数の函館記念はとにかくタフな競馬になるので体力ある馬で且つ、距離短縮で挑んでくる馬はそれだけでかなり有利である事、あとはこの馬の前々走、すなわち目黒記念の前がオープン特別だったように前走、好走している場合はその前のレースは下級条件か短距離を走っている事が望ましいです。

次に、2着ですがこの年の2着はダークシャドウでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。函館記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がダンスインザダークで母父がプライヴェートアカウントなのでS(LC)系だと思います。スタミナ・体力・パワーを兼ね備えた馬で距離延長で挑んできましたがペースが緩くならなかったのが良かったと思います。ペースが緩くなるとキレやすいダンスインザダーク産駒だからです。この馬は、叩き2戦目だった事と函館記念が年明け3戦目と短期的な蓄積疲労があまりありませんでした。しかも、前3走が1800m・1800m・1600mと2000mより短い距離を中心に使っていて2000mに対しての距離カテゴリストレスが少なかった事も良かったと思います。函館記念はこういうスタミナ・体力・パワーを兼ね備えた馬が好走するレースです。

最後に、3着ですがこの年の3着はステラウインドでした。この馬はジューンS(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。函館記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がゼンノロブロイで母父がスピニングワールドなので、LC(S)系だと思います。この馬は条件戦からの出走なので疲労面は心配しなくて良いでしょう。あと、ゼンノロブロイ産駒なので体力もありますし母父がスピニングワールドなので闘争心もあります。それでいて、7番人気と下位人気であれば期待値は高いでしょう。ただし、とにかく揉まれるとやる気をなくしてしまうゼンノロブロイ産駒が多頭数の内枠である事を考えると悩みますね。しかも+12キロと中間緩めてきた可能性が高い局面です。私なら、悩んだ末に買っていないと思います。ただし、体力ある父に闘争心がある母父の配合はこのレースに合いますので注意が必要です。逆でも良いです。つまり、闘争心がある父に体力ある母父の配合も要注意だと言っています。

ちなみにこの年の1番人気はグランデッツァでした。結果は10着と大敗しました。父がアグネスタキオンで母父がマルジュと体力はかなりあるL系で函館の2000m自体は問題ないと思います。実際、同じ洋芝の札幌ではすべて連対しています。ただし、多頭数の根幹距離のレースであった事を考えると集中力が希薄なので人気では信頼感は無かったと思います。つまり軸にするのは危険だったと思います。紐で抑える分には悪くないと思いますが。

函館記念2015の考察

この年の1着は、ダービーフィズでした。この馬は目黒記念(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2500mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。函館記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がジャングルポケットで母父がサンデーサイレンスなので、SC(L)系だと思います。函館記念は一言で言うとダービーフィズのようなタイプの馬でこの年のダービーフィズのようなローテーションの馬を探せば良いだけです。同馬は、ジャングルポケットに母父がサンデーサイレンスなので闘争心が強いです。しかも父がジャングルポケットなのでタフな消耗戦で集中力を発揮するタイプです。そんな同馬が前走の目黒記念を2番人気6着と軽く凡走、しかも前々走は少頭数の条件戦です。短期的な疲労の心配も無く集中しやすい距離短縮ショックで挑んでくる。で、3番人気の6.4倍なら買いでいいでしょう。-6キロ→-6キロ→-6キロと馬体減りが続いているのが気になりますが集中力がある馬なのでここはあまり気にしなくて良いと個人的には思います。

次に、2着ですがこの年の2着はハギノハイブリッドでした。この馬は新潟大賞典(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。函館記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がタニノギムレットで母父がトニービンなのでSC系で良いと思います。函館記念は一言で言うとハギノハイブリッドのようなタイプの馬でこの年のハギノハイブリッドのようなローテーションの馬を探せば良いです笑 あれ?さっき、ダービーフィズでも同じ事を言っていたような、、、そうです、どちらも函館記念にマッチしている馬なんです。この年の1着・2着のような馬を函館記念では探すだけの単純な作業です。この馬は前走が新潟大賞典です。広くて上がりの速い、摩擦の小さいヨーイドン勝負の軽いレース質で7番人気10着と凡走しています。そして、新潟大賞典の前がオープン特別です。つまり短期的な疲労の心配は無いです。で、前走の新潟大賞典から一転、摩擦の大きい消耗戦に変わります。しかも多頭数の内枠(ちなみに新潟大賞典は外枠です)と集中しやすい状況下に変わります。人気はというと、、、10番人気!期待値の観点からはダービーフィズよりこちらでしょうね。

最後に、3着ですがこの年の3着はヤマカツエースでした。この馬は、NHKマイルC(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。函館記念が年明け7戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がグラスワンダーなのでS主体のまとまり系だと思います。この馬は函館記念の前が、1600m・1600m・1400mと短距離中心に使われていました。YOUTUBEの個別分析動画内でも話していますが函館記念はタフなレースなので短期的な蓄積疲労があると好走しづらいです。なので近走は、条件戦を中心に使われている事か短距離中心に使われている事が好ましいです。で、同馬は短距離中心に使われていて今回、間隔も2ヶ月ほど空けてきています。しかも古馬混合重賞は初と鮮度もあります。ちょっと函館の2000mは体力的に苦しい血統なので最内枠に入り、前に行く位置取りショックを仕掛けたのも良かったと思います。それでも3着です。いつも言っていますが3着は1着や2着とは全然違います。このレースで狙うのは、やはり、ハギノハイブリッドです笑

ちなみにこの年の1番人気はエアソミュールでした。結果は4着と惜敗しました。前走の鳴尾記念を先行して1番人気4着と軽く凡走して短期的な蓄積疲労を吐き出していますし父がジャングルポケットで母父がサンデーサイレンスと函館記念と非常に合う血統構成です。これは抑えておくべきでしょう。消す材料は特に無いです。内枠に入りしっかり先行していれば馬券圏内には来ていたんではないかなって個人的には思います。

スポンサーリンク


函館記念2016の考察

この年の1着は、マイネルミラノでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。函館記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がポリッシュプレセデントなので、CL(SL)系ですかね。この馬は個人的には狙いづらかったです。3番人気だったのもありますが新潟大賞典を逃げて9番人気5着→短縮で挑んだエプソムCを再び逃げて6番人気3着と好走していたからです。動画内でもよく話していますがステイゴールド産駒は短期的な疲労に弱いのでここで人気になってはちょっと買いづらかったです。結果的に馬場が渋って前に行った馬というか逃げた馬が有利なトラックバイアスになった事で勝ちましたが個人的には函館記念で狙うパターンでは無いと思っています。

次に、2着ですがこの年の2着はケイティープライドでした。この馬は巴賞(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。函館記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がフレンチデピュティなので、S主体のまとまり系ですね。過去10年で唯一馬券圏内に来たディープインパクト産駒です。この馬の近走を良く見てください。函館記念よりも前は、1800m・1600m・1600mと短距離を中心に使われています。つまり蓄積疲労が少ないです。で、函館記念が初の2000mです。距離カテゴリに対しての鮮度もあり短期的な蓄積疲労も少ない。そして、2000m前後の距離を好むディープインパクト産駒です。これだけ条件が揃っていて13番人気なら例え、ディープインパクト産駒でも抑えておいて損は無いでしょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はツクバアズマオーでした。この馬は巴賞(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。函館記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで、母父がジャイアンツコーズウェイなのでCL(S)系とかでしょうね。私のブログを見てもらえば分かりますが私はこの馬は5着前後だろうと予想しました。実際、3着なのでそこまで間違っていないですね。何が引っ掛かったかというと前走、ちょっと頑張り過ぎたからです。特に巴賞は同じ洋芝のレースで函館記念と間隔が詰まっているので正直、あんまり走ってこない方がいいです。この馬は巴賞を4番人気3着と非常に微妙な結果、そして巴賞の前は、条件戦を1番人気1着・1番人気3着とそこまで疲労が残る結果ではない。そして下位人気、、、非常に悩みますね。。。こういう場合は紐で抑えておくのがベターでしょう。

ちなみにこの年の1番人気はバイガエシでした。結果は5着と人気を裏切りました。私はこの馬に単勝期待値Aをつけました。これは文句無いだろうと思いました。ブログを見てもらえれば単勝期待値Aをつけています。。。洞爺湖特別(1000万下)からの格上げ戦、つまり条件戦からの格上げ戦、しかもその条件戦を先行して圧勝とストレス・疲労ともに無い状態、そして初の古馬混合重賞と鮮度もある状態です。そして血統も父がジャングルポケットで母父がダンスインザダークと消耗戦に強いです。しかも当日は稍重とキレやすいジャングルポケット・ダンスインザダークにとっては好都合の馬場。そして、多頭数の内枠、、、馬体重もしっかり-6キロと絞れてきた、、、何で負けたんしょうね笑 これも競馬です。。。

函館記念2017の考察

この年の1着は、ルミナスウォリアーでした。この馬は金鯱賞(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。函館記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がメイショウサムソンで母父がアグネスタキオンなので、SL(LC)系ですね。この年はカスリもしなかったです笑 休み明けで短期的な蓄積疲労は無い、そして休み明けなので異端性もある。ただし、メイショウサムソン産駒は洋芝が苦手なので単勝期待値C(危険な人気馬)としました。。。しかし、重馬場で馬群がばらけやすかった事と純粋なパワー勝負になった事であっさり勝ちました。。。良馬場だったらどうなっていたでしょうね。

次に、2着ですがこの年の2着はタマモベストプレイでした。この馬は天皇賞(春)(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の3200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。函館記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がフジキセキで母父がノーザンテーストなので、CL(S)系ですね。母父のノーザンテーストが長距離の適性を高めているでしょう。この馬も2ヵ月半しっかり間隔を空けてきて蓄積疲労が無い状態でした。しかも距離短縮ショックです。重馬場の非常に体力を要するタフな馬場ではこういう間隔を空けてきて体力が充電されている馬が要注意ですね。この年は惨敗だったのですが函館記念での体力の必要性を改めて痛感した結果でした。

最後に、3着ですがこの年の3着はヤマカツライデンでした。天皇賞(春)(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の3200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。函館記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がシンボリクリスエスで、母父がダンスインザダークなのでSL(LC)系とかでしょうね。この馬も距離短縮ショックに短期の休み明けでした。この年は単純に間隔を空けて体力が充電されている馬を買えば大万馬券を取れたということになります。結果論ですが。とにかく函館記念は馬場が渋ればよりタフになりますので短期的な蓄積疲労を必ずチェックしてください。

ちなみにこの年の1番人気はサトノアレスでした。結果は6着と人気を裏切りました。私はこの馬に単勝期待値C(危険な人気馬)をつけました。この年はこれくらいしか自分を褒める事が出来ません笑 休み明けの自分より弱い相手の巴賞を接戦で勝った直後の重馬場の函館の2000mです。ディープインパクト産駒の同馬がもっとも苦手なレース質です。よく頑張ったと思います。

スポンサーリンク


函館記念2018の考察

この年の1着は、エアアンセムでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。函館記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がシンボリクリスエスで母父がサンデーサイレンスなので、SL系ですね。函館記念の前走はエプソムCと重賞ですがそれ以前は条件戦と蓄積疲労は少ないです。そして、エプソムCをいつもの先行策ではなく後ろからのチグハグな競馬で負けていますので先行出来れば位置取りショックにもなります。実際、先行しての圧勝でした。パワーと体力はあるので私も面白いと思ったのですがエプソムCの8番人気5着はちょっと疲れたかなって思ったのでぎりぎりで無印にしました。エプソムCの前が条件戦という事と函館記念は体力勝負である事を考えれば買うべきでした。考え過ぎました。

次に、2着ですがこの年の2着はサクラアンプルールでした。私も対抗の単勝推奨馬に挙げました。この馬は日経賞(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2500mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。函館記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父サンデーサイレンスなので、S主体のまとまり系ですね。3ヶ月間隔を空けてきたので疲労がない事と距離短縮ショックで挑める事、そして7番人気と下位人気だったので評価しました。何度も繰り返しますが函館記念はタフで摩擦が大きいので間隔を適度に空けて距離短縮ショックで挑んでくる馬はかなり有利です。

最後に、3着ですがこの年の3着はエテルナミノルでした。マーメイドS(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。函館記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がエンパイアメーカーで、母父がフジキセキなのでLC(S)系とかでしょうね。よく見てもらえば分かりますがこの馬はマーメイドSの前2走は1600mです。つまり短距離中心に使われていたので重賞ですが蓄積疲労が他の馬と比べると少ないです。穴で要注意なのはこういう短距離を中心に使われていた馬です。こういう馬は2000mは距離が長いとみんなが勝手に思ってくれるので人気になりません。なので3連系の紐では少しだけでも抑えておいたほうがいいです。

ちなみにこの年の1番人気はトリコロールブルーでした。私も3番手評価にしました。切りづらかったです。結果は6着と人気を裏切りました。鳴尾記念を2番人気3着と軽く凡走、鳴尾記念の前2走は条件戦とオープン特別と疲労もそんなに無い、血統を見ても父がステイゴールドで母父がピヴォタルと体力勝負は大丈夫です。函館記念の前3走が1着→1着→3着だったので短期的な疲労がちょっとあったのかもしれませんがこれは切りづらいと思います。

函館記念の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①函館記念はとにかくタフなのでめっちゃ疲れる。よって短期的な蓄積疲労が溜まっていないか要チェック。

②瞬発力系の馬(脚を矯めてヨーイドンが好きな馬)は、このレースは全く合わない。つまりディープインパクト産駒は人気になるが合わないので基本的には軽視すべき。

③函館記念は上がりがかかる消耗戦で摩擦が非常に大きいので距離短縮組が有利である。とくに適度に間隔を空けて距離短縮ショックで挑んでくる馬はかなり有利である。

④面白いのが短距離中心に使われてきた馬。このタイプは「2000m、大丈夫?」って思われるので人気にならない。だが、短期的な蓄積疲労が溜まっていないので疲労面で有利なので人気薄であれば紐で抑えておくのが良い。

⑤函館記念のテーマはずばり、「非ディープインパクト産駒の逆襲」です。

以上、函館記念の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!