【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】京都新聞杯2017 有力馬の短評

2017/12/09

今週末に行われます、京都新聞杯2017の有力馬の短評を書いていきたいと思います。是非、競馬予想の参考にされてください。(京都芝2200mの馬券的攻略の仕方はこちら) (最終結論はこちら)

インヴィクタ

揉まれ弱いL系のハービンジャー産駒。根幹距離の2000mから非根幹距離の2200mの距離延長ショックは良くて。ただ、多頭数の格上げ戦を京都の非根幹距離の2200mとはいえ勝ちきれるか?っていう疑問が残るので人気では少々買いづらいです。条件的には悪くないですが。間隔が少し空いたので軽く増えてきて欲しいです。

サトノクロニクル

格上げ戦・多頭数内枠向きのハーツクライ産駒。京都の2200mだと人気では取りこぼす可能性が非常に高くインヴィクタ同様、少々買いづらいです。ただ、初重賞挑戦と鮮度もあるので内枠に入ってくれば人気次第では買いたい1頭です。この馬も間隔が少し空いたので軽く増えてきて欲しいです。

プラチナムバレット

京都の2200mはL質寄りのレースになりやすいのでマンハッタンカフェ産駒の同馬には合っていて。格上げ戦と鮮度もあって、根幹距離の2000mから非根幹距離の2200mの距離延長ショックもとても良くて。揉まれ弱いので外枠に入るか内枠なら内がぽっかり空いたところを狙って突き抜けてきて欲しいです。中位人気なら買ってみたいかなっと思う1頭です。

スポンサーリンク

サトノリュウガ

同馬もインヴィクタと同じ、揉まれ弱いL系のハービンジャー産駒。そういう意味では根幹距離の2000mから非根幹距離の2200mの距離延長ショックは良くて。ただ、インヴィクタの時にも書きましたが多頭数の格上げ戦を京都の非根幹距離の2200mとはいえ勝ちきれるか?っていう疑問が残るのでやっぱり少し買いづらいです。ただ、インヴィクタほどは人気にならないと思うので人気次第では多少考えるかもしれません。

ダノンディスタンス

ハービンジャー産駒と同じL系のルーラーシップ産駒の同馬。ただ、ルーラーシップ産駒はL系ですが集中力もそれなりにありしぶといので前走、2番人気5着と軽い凡走をしての格上げ戦の京都の2200mは条件として悪くなくて。ただ、言ってもL系なのでなるべく揉まれないように外枠のほうが良いと思います。そこそこ楽しみな馬だと思います。

ゴールドハット

ハットトリック産駒というのは正直どのような特徴があるのか分かりませんが戦歴を見る限りはLC系のように見えるので今回の京都の2200mは悪くないんじゃないかと考えています。前走、条件戦を1番人気3着と負けているのでストレス・疲労ともに少なく初重賞と鮮度もあるので面白い1頭だと考えます。馬体重は必ず増えてきて欲しいです。

ミッキースワロー

母父のジャングルポケットの影響なのかS質が強い感じがします。そういう意味では今回の2200m→2000m→2200mのバウンド距離延長ショックは思い切って逃げる極端な位置取りショックを仕掛ければ面白そうな感じがします。L質が強い同コースが合うのかっていう懸念点はありますが人気を考えたらこの馬も妙味ありそうですね。ずっと馬体が減っていますがここは軽く減ってきたほうが良いと思います。

ガンサリュート

母父のクロフネの影響なのか量が補えて良いバランスになっているように感じます。今回は2000m→1800m→2200mの変則バウンド距離延長ショックとLC系の同馬には良くて。前走を3番人気7着と軽く凡走しているのもストレス・疲労という面からはとても良いと感じます。人気も下位人気のような感じがするのでこれまた面白い1頭だと思います。

短評まとめ

現時点では、ダノンディスタンス・ゴールドハット・ガンサリュートの3頭が面白そうだなっと思います。おそらく多頭数のレースになるのでオッズも中位人気でもそこそこ付きそうなのでこのレースはかなり面白いのではないかなっと思っています。前日のオッズ発表まで楽しみに待っていたいと思います。

以上、京都新聞杯2017の有力馬の短評でした。

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬予想