単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【競馬予想】プロキオンステークス2019の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

プロキオンステークスについて狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。プロキオンステークスは過去10年のデータを見ると1番人気の信頼度が高いレースですね。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

プロキオンステークスの過去5年

年度着順馬番馬名
2014

稍重

16ベストウォーリア
23キョウワダッフィー
31ガンジス

2015

12ベストウォーリア
26コーリンベリー
31キョウワダッフィー
2016

稍重

114ノボバカラ
210ニシケンモノノフ
39キングズガード
2017

112キングズガード
28カフジテイク
314ブライトライン
2018

不良

113マテラスカイ
26インカンテーション
33ウインムート

プロキオンステークス2014の考察

この年の1着は、ベストウォーリアでした。この馬はアハルテケS(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がマジェスティックウォリアーで母父がミスターグリーリーなのでSL系だと思います。1400mの重賞競走は初とそれなりに距離に対しての鮮度がある状態での根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックだったので切りづらい人気馬ですね。しかもアハルテケS(OP)を先行して1番人気2着と軽く凡走しての出走なので余計に切りづらいですね。ダート馬は基本的に集中力がないので根幹距離から非根幹距離への距離短縮ショックを好みます。

次に、2着ですがこの年の2着はキョウワダッフィーでした。この馬は栗東S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がブライアンズタイムなのでS質寄りのまとまり系だと思います。プロキオンステークスが初の重賞挑戦と鮮度ある状態・2連勝と勢いのあるS系と人気ですが非常に切りづらいローテーションでしたね。しかもまとまっていて自分より弱い相手には崩れづらい。これは仕方なく抑えましょう笑

最後に、3着ですがこの年の3着はガンジスでした。この馬はすばるS(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け3戦目でした。この馬は、父がネオユニヴァースで母父がシルヴァーデピュティなので、SC(L)系だと思います。休み明けがどうかも、格上げ戦・多頭数・内枠・湿った砂・人気薄とかなりネオユニヴァース産駒が好む条件でした。やはり、ダートの多頭数の混戦はネオユニヴァース産駒は怖いです。ただし、休み明けで且つ距離が1400mと短いので正直なところ抑えるのは難しいかなって思います。紐で軽く抑える程度でしょうね。

プロキオンステークス2015の考察

この年の1着は、ベストウォーリアでした。2014年度の覇者ですね。この馬はかしわ記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1600mへの距離短縮ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け3戦目でした。後述する馬を見てもこのレースは結構なリピーターレースです。去年と同じようなローテーションで勝ちましたね。かしわ記念(G1)を先行して1番人気2着と軽く凡走してプロキオンステークスでは軽く位置取りを下げて快勝ですね。4番人気は結構、おいしい人気だったのではないでしょうか。やはり、根幹距離の1600mを先行して軽く凡走しての非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックはダート戦では期待値が高いです。

次に、2着ですがこの年の2着はコーリンベリーでした。この馬はかきつばた記念(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がサウスヴィグラスで母父がミシックトライブなのでダート向きのS質を持ったSL系で良いと思います。2連勝と勢いに乗っているS系、しかもその2戦ともに圧勝と非常に闘争心がたかぶっている状態なのでこれは2014年のキョウワダッフィー同様にちょっと切りづらいですね。勢いに乗っているS系で上位人気、すなわち自分より弱い相手ならダート戦では素直に抑えておいたほうが良いと思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はキョウワダッフィーでした。2014年の2着馬ですね。やはりリピーターレースですね。この馬は天保山S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け4戦目でした。天保山S(OP)を先行して2番人気4着と軽く凡走と決して調子が悪いわけではないのに8番人気と人気が急落しました。リピーターレースという事を踏まえるとこういう何故人気が落ちているのか良く分からない馬は紐で抑えておくのがベターだと思います。リピーターレースというのはやはりそのコースと相性が非常に良いので調子を崩しているわけでもないのに人気が急落していれば紐でしっかり抑えましょう。

ちなみにこの年の1番人気はレッドアルヴィスでした。結果は6着と惜敗しました。欅S(OP)を先行して圧勝とストレス・疲労ともに無い状態で挑んでいましたのでこれは切りづらかったと思います。欅S(OP)で1400m→1600m→1400mのバウンド距離短縮ショックを成功させた反動が出たのかもしれませんがこれは非常に切りづらかったと思います。抑えておくべき馬だと個人的には思います。

スポンサーリンク


プロキオンステークス2016の考察

この年の1着は、ノボバカラでした。この馬は北海道スプリントカップ(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1200mから非根幹距離の1400mへの距離延長ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け7戦目でした。この馬は、父がアドマイヤオーラで母父がフレンチデピュティなので、SL系ですね。北海道スプリントカップを、1400mから1200mへの距離短縮ショックと逃げる位置取りショックで2番人気2着、着差0.0秒差の接戦負けを演じた直後の距離延長だったので(少なくとも単勝は)危ないかなって思いましたが、揉まれない外枠だった事・砂が湿った事が良かったのかなって思います。このパターンは良馬場であれば危ないパターンだと個人的には思っています。

次に、2着ですがこの年の2着はニシケンモノノフでした。この馬は天王山S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1200mから非根幹距離の1400mへの距離延長ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がメイショウボーラーで母父がアフリートなので、SL系ですね。この馬も天王山S(OP)を、1400mから1200mへの距離短縮ショックと地方から中央へのショックで1番人気1着、着差0.0秒差の接戦勝ち直後の距離延長だったので危ないと思いました笑 この馬もやはり揉まれない外枠だった事・砂が湿った事が良かったのかなって思います。これはたまに言っていますがダート戦の場合はストレスよりも勢いやリズムを重視した方が良いです。ダート戦はそもそも摩擦が小さいので多少のストレスには耐えられるからです。

最後に、3着ですがこの年の3着はキングズガードした。この馬は栗東S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がシニスターミニスターで、母父がキングヘイローなのでSL系でしょうね。初の重賞挑戦と鮮度ある状態・2連勝と勢いのあるS系。で、3番人気であればこの馬が一番妙味があるでしょうね。プロキオンステークスで前に行く位置取りショックを仕掛けていれば「変化」を好むシニスターミニスター産駒なのでもう少し際どかったかもしれませんね。

プロキオンステークス2017の考察

この年の1着は、キングズガードでした。2016年の3着馬ですね。やはりリピーターレースですね。この馬は天保山S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がシニスターミニスターで母父がキングヘイローなので、SL系ですね。1400m続きですが2走前の黒船賞で「8-7-6-4」とある程度前に行ったことによって馬が活性化した可能性が高いですね。なので連続2着とストレスありますが頑張れた感じがしますね。あと、やはり当レースはリピーターレースなのでストレスよりも好調をキープしている馬を優先したほうが良いように感じます。

次に、2着ですがこの年の2着はカフジテイクでした。私は4番手評価でした。この馬はゴドルフィンマイル(G2)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がプリサイスエンドで母父がスキャンなので、SL系ですね。海外から国内へのショック・3ヵ月半ほどの休み明けと全くの別路線で自分より弱い相手でした。馬体重が470キロ台前半だとちょっと馬体重が減りすぎているので危ないと思いましたが486キロと海外前と増減無しだったのでここは切りづらい人気馬だったと思います。2019年は不良馬場になる可能性が高いのでアレですが良馬場であればやはり、根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックが有効でしょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はブライトラインした。私は3番手評価でした。この馬はアハルテケS(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け6戦目でした。この馬は、父がフジキセキで、母父がキングオブキングスなのでCL(S)系でしょうね。ブログの最終予想でも量がないので外枠に入ったのが残念だがこの人気(6番人気)なら狙いたいと書きました。内枠だったらもう少し面白い勝負が出来たかなって思います。やはり、根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックが有効ですね笑

プロキオンステークス2018の考察

この年の1着は、マテラスカイでした。私はこの馬が本命でした。今年も有力馬として出てきますね。そしてこのレースはリピーターレースですね。。。この馬は花のみちS(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の1200mから非根幹距離の1400mへの距離延長ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がスパイツタウンで母父がラーイなので、SL(LS)系ですね。国内の古馬混合重賞は初だった事と湿った砂は得意である事と揉まれない外枠だったので本命にしました。控えてもらっても良かったのですが武豊騎手が逃げれば誰も競りかけないので(笑)、圧勝でした。やはり鮮度や異端性はどのレースでもプラス材料ですね。

次に、2着ですがこの年の2着はインカンテーションでした。私は2番手評価でした。この馬はかしわ記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け3戦目でした。この馬は、父がシニスターミニスターで母父がマキャベリアンなので、SL(C)系ですね。不良馬場でなければ4馬身も差をつけられる事は無かったと思います。1600mからの距離変更、良馬場から不良馬場と「変化」を好むシニスターミニスター産駒の同馬にとっては刺激になって良かったですね。差しに回ったのでこれはマズイなって思いましたが自力でなんとか2着は確保したって感じですね。

最後に、3着ですがこの年の3着はウインムートした。私は4番手評価でした。2019年も有力馬として出走予定ですね。困りましたね。。。この馬は天保山S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1400mへの同距離ショックだったことになりますね。プロキオンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がロージズインメイで、母父がマイネルラヴなのでCL(S)系でしょうね。2017年のブライトラインとちょっとタイプ的に似ていてこういう馬はしぶといので3着とかにしぶとく残るので中途半端に人気だと本当に困ります。2019年は前走、逃げる位置取りショックで快勝した直後のレースになりますが、、、どうでしょうね。。。

プロキオンステークスの狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①プロキオンステークスは、かなりのリピーターレースなので前年に馬券圏内に来ている馬はやはり警戒が必要である。

②良馬場であれば、やはり根幹距離の1600mから非根幹距離の1400mへの距離短縮ショックが有効である。

③ここ最近は、シニスターミニスター産駒が良く来ているがそこはあまり気にしなくて良い。タイプ的にはやはりSL系がベターだが要注意は集中力あるCL(S)系やSL(C)系等のダート馬にしては集中力がある馬。

④ダート戦の場合はストレスよりも勢いやリズムを重視した方が良い。特にプロキオンステークスは中京競馬場の非根幹距離の1400mなので摩擦がそこまで大きくないのでストレスにはあまり神経質にならなくて良いと思われる。

⑤プロキオンステークスのテーマはずばり、「距離や位置取りの"変化"」です。

以上、プロキオンステークスの狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!