【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】フェブラリーステークス2017 エイシンバッケン

2017/12/09

それでは、今週末行われますG1、フェブラリーステークス2017に出走予定のエイシンバッケンの競馬予想をしたいと思います。まずは前走の根岸S(G3)ですが過去記事でも書いたとおり2戦連続の接戦でストレスあるが初重賞の鮮度があって面白いと思ったので人気でしたが3番手評価にしました。結果は4番人気3着なのでほぼ想定どおりでした。まずはその前走を振り返りましょう。(ダート戦なので芝のレースのときのみ距離の前に「芝」と書きます)

エイシンバッケンの前走

前走 根岸S(G3) 東京1400m 4番人気3着 馬体重 526(0)

先ほども書いたとおり格上げ戦で初重賞と鮮度あって魅力的な1頭だったので人気が無ければ単勝推奨馬にしようと思っていました。心配なのは近走、差し・追い込み競馬しかしていないのでストレス・疲労が相当蓄積されている可能性が高い点です。それでは、過去5戦を見ていきましょう。

スポンサーリンク

エイシンバッケンの過去5戦

2016 夏至S(1600万下) 東京1400m 1番人気3着 馬体重 514(+6)

2016 藤森S(1600万下) 京都1200m 2番人気1着 馬体重 508(-6)

2016 オータムリーフS(OP) 京都1200m 1番人気1着 馬体重 526(+18)

2016 2016ファイナルS(OP) 阪神1400m 1番人気2着 馬体重 526(0)

2017 根岸S(G3) 東京1400m 4番人気3着 馬体重 526(0)

どちらかというと好長期のLS系かと思います。前走、ストレス・疲労あるも初の重賞挑戦で広い東京競馬場の非根幹距離の1400mということで頑張れたのだと思います。今回はその反動があるなか、根幹距離の1600mへの追い込み馬の距離延長ショックと相当なエネルギーが必要になるので好走は難しいのではないかと感じます。

スポンサーリンク


競馬予想まとめ

ダート戦に関して多少のストレス・疲労があってもそれらのマイナス材料を乗り越えて好調期には好走する可能性もあるのでなかなか難しいのですが今回は「楽」から「苦」にベクトル的に向かうので私は評価を前走の高評価から一転して下げたいと思います。馬体重が大幅に変動していたら反動が出ている可能性が高いと判断して良いかと思います。

現状、9番人気ぐらいの単勝オッズ22.5倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想
-