単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【競馬予想】スプリングステークス2019の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

【読者の皆様にお知らせ】
Youtubeチャンネル(単複勝負.com)の方で、読者の方が気になる馬の個別分析をしております。気になる馬が出走する予定の「レース名」と「馬名」をどの動画のコメント欄でも構いませんのでチャンネル登録後、お気軽にご記入ください。一度の依頼では2頭までにしてください。それ以上の数のご依頼でしたら間隔を空けてお願いします。(「レース名」の記入を忘れる人がたまにいます。複数登録している場合、「レース名」を記入して頂かないと分からないので「レース名」も必ず記入してください。)今後は当ブログよりもYoutubeチャンネル(単複勝負.com)を中心に活動していきますので早めにチャンネル登録してください。宜しくお願いします。

それでは、スプリングステークスについて狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。スプリングステークスは、基本的に好調をキープしていないと厳しいですね。つまり最低でも前走、掲示板には載っていないと馬券圏内争いするのが難しいレースだと考えます。実際、過去10年の3着以内の馬は前走、すべて5着以内です。つまり前走、6着以下から巻き返してきた馬はいなかったのです。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

スプリングステークスの過去5年

年度着順馬番馬名
2014

12ロサギガンティア
24アジアエクスプレス
310クラリティシチー
2015

11キタサンブラック
26リアルスティール
38ダノンプラチナ

2016

11マウントロブソン
24マイネルハニー
310ロードクエスト
2017

110ウインブライト
28アウトライアーズ
37プラチナヴォイス
2018

114ステルヴィオ
216エポカドーロ
36マイネルファンロン

スプリングステークス2014の考察

この年の1着は、ロサギガンティアでした。この馬は500万条件の東京1800mからのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。父がフジキセキで母父がビッグシャッフルなのでこの時点では、C主体のCL(S)系かなって思います。この馬はスプリングステークスが初重賞挑戦でした。そして前走の500万条件を先行して圧勝していました。いつも言っていますが2歳の重賞および3歳の上半期の重賞に初挑戦で挑む場合は前走、先行して圧勝、もしくは差して圧勝して挑むが理想的です。

次に、2着ですがこの年の2着はアジアエクスプレスでした。この馬は朝日フューチュリティ(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け1戦目でした。この馬は、父がヘニーヒューズで母父がランニングスタッグなのでSL系かなって思います。この時点では3連勝と勢いのあるS系で且つ、G1馬です。これはなかなか逆らいづらいです。朝日杯フューチュリティステークスで連対して当日、上位人気(1番人気から3番人気)に推されている馬は非常に厄介です。特に朝日杯フューチュリティステークスを勝った馬は消すのはなかなか難しいです。このレースは何よりも勢いが重視されるからです。

最後に、3着ですがこの年の3着はクラリティシチーでした。この馬はセントポーリア賞(500万下)からのローテーションで根幹距離の20000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。父がキングカメハメハで母父がスペシャルウィークなのでS質寄りのまとまり系ですね。このレースに距離短縮で挑んでくる馬はそれだけ異端性があります。とくに条件戦の2000mから距離短縮で挑んでくる馬は蓄積疲労も少なく異端性もあるので面白いです。

スプリングステークス2015の考察

この年の1着は、キタサンブラックでした。この馬は500万条件の東京2000mからのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け3戦目でした。父がブラックタイドで母父がサクラバクシンオーなのでSL系ですね。この馬も2014年の覇者であるロサギガンティアと同じく、スプリングステークスが初重賞挑戦でした。しかも2014年の3着馬であるクラリティシチー同様に、条件戦の2000mから距離短縮で挑んできた馬です。つまり、初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んでくる馬は要注意という事です。そして、ロサギガンティア同様に、前走の500万条件を先行して圧勝していました。大事な事なので繰り返しますが、2歳の重賞および3歳の上半期の重賞に初挑戦で挑む場合は前走、先行して圧勝、もしくは差して圧勝して挑むが理想的です。これだけ条件が揃っているのに5番人気です。人気なんてアテにならないです。

次に、2着ですがこの年の2着はリアルスティールでした。この馬は共同通信杯(G3)からのローテーションで非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がストームキャットなのでL質寄りのまとまり系ですね。少頭数で自身が1番人気のまとまり系なので大崩れは考えづらく切るに切れない人気馬だったと思います。2連勝と好調をキープしているのも切りづらい要因ですね。とにかくこのレースでは勢いが大事で過去10年のデータを見てもほとんどの馬が前走、連対しています。3着、4着、5着と着順が下がっていくに従って好走確率が下がっていくと考えても良いと思います。それくらい勢いが重視されるレースです。

最後に、3着ですがこの年の3着はダノンプラチナでした。この馬は朝日フューチュリティ(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がアンブライドルズソングなのでL質寄り or S質寄りのまとまり系かなって思います。3連勝と勢いのある状態で且つ、G1馬です。これは2014年のアジアエクスプレス同様に切るに切れない人気馬なので抑えておかないとしょうがないと思います。ただし、朝日杯フューチュリティステークスを勝った馬は人気になるのもありますが単勝の期待値はあまり高くないです。ここは前哨戦で完全に仕上げていないのも大きく関与していると思います。

スポンサーリンク


スプリングステークス2016の考察

この年の1着は、マウントロブソンでした。この馬はあすなろ賞(500万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。父がディープインパクトで母父がミスターグリーリーなのでS主体のまとまり系ですね。この馬は、2014年の覇者であるロサギガンティア、2015年の覇者であるキタサンブラックと同じですね。スプリングステークスが初重賞挑戦でした。しかもキタサンブラック同様に、条件戦の2000mから距離短縮で挑んできた馬です。しつこいですが大事なことなので繰り返します笑 初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んでくる馬は要注意というこです。これだけ抑えておけば少なくとも2015年のキタサンブラック・2016年のマウントロブソンの単勝は取れたということです。

次に、2着ですがこの年の2着はマイネルハニーでした。この馬はフリージア賞(500万下)からのローテーションで根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。この馬は、父がマツリダゴッホで母父がナリタブライアンなのでSL系の馬かなって思います。この馬も勝ったマウントロブソンと同じです。スプリングステークスが初重賞挑戦で条件戦の2000mから距離短縮で挑んできた馬です。初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んでくる馬を買うだけで、馬連3,390円・馬単7,610円が取れたレースなんです。ビックリですよね笑

最後に、3着ですがこの年の3着はロードクエストでした。この馬はホープフルS(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け1戦目でした。この馬は、父がマツリダゴッホで母父がチーフベアハートなのでLC(S)系かなって思います。根幹距離の2000mから距離短縮ショック・少頭数の外枠の自分より弱い相手・切るに切れない人気馬といった感じかと思います。マウントロブソンとマイネルハニーとロードクエストで3連複が1,690円、3連単が19,380円。。。オッズってアテにならないですね。

スプリングステークス2017の考察

この年の1着は、ウインブライトでした。この馬は若竹賞(500万下)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。父がステイゴールドで母父がアドマイヤコジーンなのでCL系ですかね。この馬も、2014年の覇者であるロサギガンティア、2015年の覇者であるキタサンブラック、2016年の覇者であるマウントロブソンと同じですね。スプリングステークスが初重賞挑戦でした。非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックでしたが、前走差して圧勝しています。これも何度も何度も繰り返していますが2歳の重賞および3歳の上半期の重賞に初挑戦で挑む場合は前走、先行して圧勝、もしくは差して圧勝して挑むが理想的です。

次に、2着ですがこの年の2着はアウトライアーズでした。この馬はひいらぎ賞(500万下)からのローテーションで根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け1戦目でした。この馬は、父がヴィクトワールピサで母父がフレンチデピュティなのでSL質寄りのまとまり系の馬かなって思います。この馬もスプリングステークスが初重賞挑戦で前走、差して圧勝しています。いかにこの時期の馬にとって初重賞挑戦はテンションが大事かが分かると思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はプラチナヴォイスでした。この馬はきさらぎ賞(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。この馬は、父がエンパイアメーカーで母父がマンハッタンカフェなのでLC系かなって思います。この馬はどちらかというと狙いづらいですね。なので個人的には無理に抑える必要は無いと思います。このレースで狙う馬に合致しないからです。こういう馬まで抑えだすと点数が増えてキリがないので来たら諦めるというスタンスでばっさり切って欲しいです。

ちなみにこの年の1番人気はサトノアレスでした。結果は4着でした。朝日フューチュリティ(G1)を勝って年明け初戦がスプリングステークスでした。これは切るに切れない人気馬なので抑えておくべきだと思います。2015年のダノンプラチナの箇所でも書きましたが朝日杯フューチュリティステークスを勝った馬は人気になるのもありますが単勝の期待値はあまり高くないです。なので紐で抑えておくのがベターです。ちなみにサトノアレスは3ヶ月以上、間隔を空けてきたにも関わらず馬体重が増えていませんでした。やはり間隔を空けてきたら馬体重をしっかり増やしてこないといけませんね。

補足ですが、2017年は、○(対抗)-×(大穴)で馬連を当てていて、サトノアレスは3番手評価です。そして、後述する2018年は×(大穴)-▲(単穴)-△(注意)とボックスであれば3連複を的中しているといった感じで大きくは外していません。ただし、2018年は初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んできたエポカドーロを人気でも素直に評価すべきだったと後悔しました笑 その辺は、スプリングステークス2018のレース回顧を見てみて下さい。人気じゃなかったら本命対抗クラスにしたのにってやっぱり悔しがっています笑

スプリングステークス2018の考察

この年の1着は、ステルヴィオでした。この馬は朝日フューチュリティ(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け1戦目でした。父がロードカナロアで母父がファルブラヴなのでSL(C)系ですかね。朝日杯フューチュリティステークスで連対して間隔を空けてしっかり馬体重を増やしているので切るに切れない人気馬ですね。私もしぶしぶ5番手評価に抑えました。このパターンはやはり2014年のアジアエクスプレス・2015年のダノンプラチナ・4着に敗れはしましたが2017年のサトノアレス同様に抑えておいたほうが無難です。間隔が空いているので馬体重に要注意といったところでしょう。たまたまかもしれませんが2014年のアジアエクスプレス・2015年のダノンプラチナ・2017年のサトノアレスともに馬体重が増えていませんでした。(増減なしでした) で、1番人気2着・2番人気3着、1番人気4着と走ってはきたけど人気は裏切っています。間隔と馬体重の関係性が非常に重要であることを証明していると思います。

次に、2着ですがこの年の2着はエポカドーロでした。この馬はあすなろ賞(500万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。この馬は、父がオルフェーヴルで母父が フォーティナイナーなのでSC質寄りのまとまり系の馬かなって思います。2016年の覇者であるマウントロブソンと全くおなじローテーションですね。とにかく、初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んでくる馬をかっておけばいいのです。私も5番人気くらいと中位人気であれば本命対抗クラスにしたんですよ。。。人気だったのでしょうがなく3番手評価にしたんですよ。。。悔しい笑

最後に、3着ですがこの年の3着はマイネルファンロンでした。この馬はフリージア賞(500万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。スプリングステークスが年明け2戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がロージズインメイなのでCL系かなって思います。もう言う必要もないと思いますがこの馬も初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んでくる馬でした。出来れば前走圧勝して勝っているほうがいいですが別に勝っている必要はそこまでないです。私も4番手評価にしました。簡単でしょ?スプリングステークス。正直、これ教えたくないです笑

スプリングステークスの狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①とにかく、初重賞挑戦と鮮度あって根幹距離の2000mから距離短縮ショックで挑んでくる馬を探せばいい。

②これもいつも言っていますが、2歳の重賞および3歳の上半期の重賞に初挑戦で挑む場合は前走、先行して圧勝、もしくは差して圧勝して挑むが理想的。

③朝日杯フューチュリティステークスを勝った馬(もしくは2着馬)は人気になるのもありますが単勝の期待値はあまり高くない。なので紐で抑えておくのがベターです。朝日杯フューチュリティステークスから直行で挑んでくる馬が多いので、間隔を空けてくる事になるので馬体重は増やしてくるのがベターである。

④ローテーション的にはスプリングステークスが年明け2戦目で且つ、前走が条件戦が良いと思われる。

⑤スプリングステークスのテーマはずばり、「初重賞と距離短縮」です。

以上、スプリングステークスの狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。必ずいるはずです。その馬を狙えば良いのです。迷っては駄目です。信念と覚悟を持ってその馬を信じてあげれば良いのです。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

【最終レースの予想をする番組】
【第38回 競馬予想力を高める企画】を03月16日(土曜日)の22時00分くらいからやりますので是非、ご参加ください!(土曜日・日曜日の厳選勝負レースは直近1カ月以内の企画支援者のみに配信予定ですので、ご了承ください。)

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

スポンサーリンク

-競馬コラム, 競馬予想