【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】シルクロードステークス2017 ローレルベローチェ

2017/12/09

それでは、シルクロードステークス2017に出走予定のローレルベローチェの競馬予想をしたいと思います。さて、前走の淀短距離S(OP)は前々走のUHB賞(OP)で3番手の競馬で逃げれなかった中、逃げる位置取りショックを仕掛けてきましたが4番人気7着と凡走しました。まずはその淀短距離S(OP)から振り返りましょう。

ローレルベローチェの前走

前走 淀短距離S(OP) 京都1200m 4番人気7着 馬体重 504(0)

血統面や戦歴からS質が強いのは分かるので前走の逃げられなかった逃げ馬の逃げる位置取りショックは相当効果的で本来なら好走すべきです。ただ単純に状態がよくなかったのならもっと凡走するはずですので4番人気7着という成績から考えられるのは、連荘期を終えたS系で不安定なこと、年齢とともにL質が強くなっていることで多頭数の内枠が駄目だった事などが考えられます。つまり現状は集中力があまりない不安定なSLタイプであると考えられますね。それでは、過去5戦を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ローレルベローチェの過去5戦

2016 シルクロードS(G3) 京都1200m 5番人気2着 馬体重 508(+4)

2016 高松宮記念(G1) 中京1200m 9番人気16着 馬体重 508(0)

2016 函館スプリントS(G3) 函館1200m 6番人気13着 馬体重 508(0)

2016 UHB賞(OP) 札幌1200m 5番人気14着 馬体重 504(-4)

2016 淀短距離S(OP) 京都1200m 4番人気7着 馬体重 504(0)

S質が強い馬は連荘期(充実期)には多少、ストレス・疲労があろうが多少不得意な条件でも勝ちきる闘争心がありますが一度、その連荘期(充実期)を終えるとその闘争心が不安定になりその闘争心をコントロールするために何かしらのショック療法が必要になると思います。そう考えると今回は舞台・距離ともに同じで苦手な格上げ戦なので一言でいうと強調材料に欠ける馬だと思います。

スポンサーリンク


競馬予想まとめ

前走で逃げられなかった逃げ馬の逃げる位置取りショックを仕掛けた後なので位置取りショックも仕掛けられず距離変更のショックも与えることが出来ず非常に好走が難しいと思います。あとはもう揉まれないように6,7枠等の外枠に入ってもらうしかないかと思います。一度も1000mは走ったことがないので一度鮮度を与える意味でも1000mを走らせるのが良いように感じます、

現状、8番人気ぐらいの単勝オッズ25.0倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想