【競馬予想】単複勝負.com

 競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】クイーンステークス2017 クロコスミア

2017/11/21

それでは、クイーンステークス2017に出走予定のクロコスミアの競馬予想をしたいと思います。今週はクイーンステークス2017を勝負レースとして競馬予想したいと思います。まずは前走の北斗特別(1000万下)ですが、格下げ戦を逃げる位置取りショックで快勝しました。ただ、格下げ戦で走ったというよりも位置取りショックで好走したと考えるのが自然なレースだったと思います。その前走を振り返りましょう。

クロコスミアの前走

前走 北斗特別(1000万下) 15頭立て 函館1800m 良 1番人気1着 馬体重 412(0) 上がり 35.0

格下げ戦・多頭数・内枠・逃げる位置取りショックとこれらの条件が揃って1番人気1着と快勝しました。同馬はステイゴールド産駒で強い相手向きなので自身が1番人気に推されるようなレースでは単勝期待値は低いので私自身は評価を下げました。(まぁ、そもそもこのレース勝負していないですが) 結果的には快勝でしたが同馬を買うタイミングではなかったと思います。それでは過去5戦を中心にいろいろ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

クロコスミアの過去5戦

2016 秋華賞(G1) 18頭立て 京都2000m 良 10番人気6着 馬体重 412(-2) 上がり 35.0

2016 ターコイズS(G) 16頭立て 中山1600m 良 4番人気14着 馬体重 412(0) 上がり 36.7

2017 サンスポ杯阪神牝馬S(G2) 16頭立て 阪神1600m 良 7番人気4着 馬体重 420(+8) 上がり 35.8

2017 福島牝馬S(G3) 16頭立て 福島1800m 良 2番人気7着 馬体重 412(-8) 上がり 36.7

2017 北斗特別(1000万下) 15頭立て 函館1800m 良 1番人気1着 馬体重 412(0) 上がり 35.0

今回は、格上げ戦、多頭数、と同馬の良さが活きる条件に変わります。ただ、前走、逃げる位置取りショックで走った反動が条件戦とはいえあります。しかも0.4秒差の圧勝と頑張って走ったのでかなり心配です。ステイゴールド産駒は良くも悪くも一回一回一生懸命、頑張って走ってしまうので短期的な疲労の反動が出やすいのでそこが心配です。人気的にも狙ってみたいのですが単勝は?って感じで紐で抑えておきたいかなっと思います。

スポンサーリンク


競馬予想まとめ

札幌の1800m自体は問題ないと思います。自身、札幌の1800mは2度走って、2015年のコスモス賞(OP)で3番人気4着と2015年の札幌2歳S(G3)で8番人気3着と苦手な距離では全く無いです。特に札幌2歳S(G3)は格上げ戦で14頭立てとやや多頭数の内枠で激走しました。さすが強い相手に燃えるステイゴールド産駒です。ただ、これらの成績を見ても分かるように単勝は?ってなります。馬体重はかなり小柄な馬なので大幅な減り過ぎに非常に注意したいです。ただ、大幅に増えてきても反動が出た可能性が高いので危険だと思います。-2キロ程度で出走できれば1番良いかなっと思います。同馬は強い相手の人気薄時で前走逃げていないときが狙い目かなっと思います。馬場が渋って重にでもなればさらに良いと思います。ここで、前走の反動に耐えて好走してくれればそれなりに今後期待できるのですが。。。

現状、7番人気ぐらいの単勝オッズ17.0倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想