【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】アルゼンチン共和国杯2016 クリールカイザー

2017/12/09

それでは、アルゼンチン共和国杯の有力馬、クリールカイザーの競馬予想をしたいと思います。前走は産経賞オールカマーをそれなりに走りました。まずはその前走を見ていきましょう。

クリールカイザーの前走

前走 産経賞オールカマー(G2) 中山2200m 4番人気4着 馬体重 484(-2)

距離短縮ショックや位置取りショックなどを好むS系ですね。前走はすこし間隔開けての中山の非根幹距離の2200mと得意な条件でしたがやはり短縮ショックなどのショックがないと現状は勝ち切るのは難しい印象があります。母父のサッカーボーイの影響もあってかそれなりに長距離で頑張ろうとする集中力も若干あるように感じます。それでは過去5戦を見てきたいと思います。

スポンサーリンク

クリールカイザーの過去5戦

2015 天皇賞(春)(G1) 京都3200m 12番人気16着

2016 メトロポリタンS(OP) 東京2400m 4番人気5着

2016 目黒記念(G2) 東京2500m 12番人気15着

2016 七夕賞(G3) 福島2000m 9番人気5着

2016 産経賞オールカマー(G2) 中山2200m 4番人気4着

この馬がS系であることを検証する意味でも先に距離短縮ショック時の成績(直近のみ)を見てみたいと思います。

距離短縮ショック適性

2015 アメリカジョッキーC(G2) 中山3600m⇒中山2200mへの距離短縮ショック 4番人気1着

2016 メトロポリタンS(OP) 京都3200m⇒東京2400mへの距離短縮ショック 4番人気5着

2016 七夕賞(G3) 東京2500m⇒福島2000mへの距離短縮ショック 9番人気5着

この3例の距離短縮ショックを見て私が思うことは、

1.やはり距離短縮ショックは好き
2.広い東京競馬場よりは中山や阪神競馬場が好き
3.根幹距離よりは非根幹距離が好き

っという印象を受けました。

スポンサーリンク


競馬予想まとめ

で、今回は得意の中山競馬場からどちらかというと苦手な東京競馬場へと場所が変わりさらに2200mから2500mへの距離延長ショックになるので割引かと考えます。本来、ここ最近の位置取りを見ていると先行馬なので先行馬の距離延長ショックとプラスになるショックのはずですがSがあまり強い馬の場合は先行馬でも精神コントロールをしやすくするために短縮ショックのほうが有効的なことが多く同馬もそういう馬だと考えます。

現状、8番人気ぐらいの単勝オッズ25.5倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想