【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想の楽しさを伝えたいです。

【競馬予想】きさらぎ賞2017 有力馬の短評

2017/12/09

今週末行われます、きさらぎ賞2017の有力馬の短評を書きたいと思います。きさらぎ賞に関しては短評のみで最終結論は書きませんのでご了承ください。少頭数で妙味がないからです。

サトノアーサー

格上げ圧勝でストレス・疲労無し。初重賞とディープインパクト産駒に要求される鮮度もあり、マイナス材料が全然なく切ることが出来ない圧倒的一番人気で。かなり期待されている馬ですがまだまだ信頼するには早いと思います。

ムーヴザワールド

前走が東京スポーツ杯2歳S(G3)なのでほぼ同格のレース、距離もずっと1800mと正直、強調材料がなく。東京から京都に変わるのは血統的にもプラス材料ですがそこまでのプラス材料でもなく... 人気で消すならサトノアーサーよりムーヴザワールドかなっと思います。

ダンビュライト

前走惨敗でストレス・疲労ともに無く。1600mから1800mへの先行馬の距離延長ショック。根幹距離の1600mより非根幹距離の1800mのほうが良いように思えます。G1からの格下げ戦もいいが強調材料が少なく単勝期待値は?って感じです。

スポンサーリンク

プラチナヴォイス

2ヶ月ほどの間隔空けたことはとても良いと思います。1800m→2000m→1800mのバウンド短縮ショック。揉まれないように逃げる位置取りショックを仕掛ければさらに好走確率が上がると思います。京都の1800mというのもプラチナヴォイスに合っていて。穴とは言えませんが一発あるならこの馬かと現時点では思います。

タガノアシュラ

マンハッタンカフェ産駒で、前走は条件戦からG1への一気の格上げ戦で惨敗も仕方なくそれ自体はあまり気にする必要はなく。今回、格下げ戦、少頭数、1800m→2000m→1600m→1800mの変則バウンド距離延長ショック、逃げれば逃げられなかった逃げ馬と強調材料がかなりあり同コースとの相性も良く。タガノアシュラも穴とは言えませんが妙味あります。

アメリカズカップ

アメリカズカップもタガノアシュラとほぼ同様でマンハッタンカフェ産駒で、前走はオープン特別からG1への一気の格上げ戦で凡走も仕方なくて。少頭数で揉まれにくく、1800m→1600m→1800mのバウンド距離延長ショックで気分良くいければ。

スズカメジャー

格上げ戦。2000mから1800mへの距離短縮ショック。ダイワメジャー産駒なので非根幹距離の1800mのほうがベターだと思います。まだ一戦しか走ってなく未知数な部分が多いですがこの馬も人気無ければ面白いと思います。

ワンダープチュック

ハーツクライ産駒の格上げ戦。2000mから1800mへの軽い距離短縮ショック。条件的にはそれほど悪くないですが多少リズム悪く。

短評まとめ

個人的にはどうしても買わないといけないなら、サトノアーサーの一本かぶりが予想されるのでプラチナヴォイス・タガノアシュラ・アメリカズカップ・スズカメジャーの単勝多点買いでいくと思います。サトノアーサーが負けてくれれば4頭の単勝を買っても十分プラスになるからです。

以上、きさらぎ賞2017の有力馬の短評でした。

スポンサーリンク

-競馬予想