単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【秋華賞2020予想】秋華賞2020の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

秋華賞の予想をしていきたいと思います。秋華賞について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。秋華賞は、京都の2000mということで本質的にはLC系が向くのかなぁって常々思っているのですが秋華賞の過去の連対馬を見るとS系の馬・まとまり系の馬も結構来るのでタイプで狙い撃つのは少々難しいかなって思っています。後は、以前はローズステークス組が王道だったのですが紫苑ステークスも重要なステップレースとなりました。ただ、いつの時代も条件戦からの別路線組は要注意です。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

秋華賞の過去7年

年度着順馬番馬名
2013

116メイショウマンボ
21スマートレイアー
313リラコサージュ
2014

16ショウナンパンドラ
24ヌーヴォレコルト
312タガノエトワール

2015

118ミッキークイーン
29クイーンズリング
36マキシマムドパリ
2016

17ヴィブロス
23パールコード
315カイザーバル
2017

114ディアドラ
27リスグラシュー
34モズカッチャン
2018

111アーモンドアイ
213ミッキーチャーム
32カンタービレ
2019

稍重

15クロノジェネシス
28カレンブーケドール
314シゲルピンクダイヤ

秋華賞2013の考察

この年の1着は、メイショウマンボでした。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後同様です) 父が
スズカマンボで母父がグラスワンダーなのでLC(S)系だと思います。私が京都の2000mで一番合うと思っているタイプがこのタイプです。本番も外枠と揉まれづらかったのが良かったのと前哨戦で適度に負けている事、あとは緩やかな距離延長で挑んだ事が良かったと思います。特に同馬のようなLC系は前哨戦を軽く負けてあまり人気になっていない馬が狙い目です。この馬はオークス馬だったので3番人気でしたが狙い目としては中位人気以下だと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はスマートレイアーでした。この馬は夕月特別(1000万下)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がホワイトマズルなのでS質寄りのまとまり系かなって思います。条件戦からのローテーションなので非常に魅力的ですが2番人気だったので妙味はないですね。ただし、条件戦からのローテーションで来る馬は別路線と異端性があるので下位人気(7番人気以下)であれば警戒したほうがいいです。特に条件戦を圧勝してテンションが上がっているS系の馬は要注意です。

最後に、3着ですがこの年の3着はリラコサージュでした。今井先生が本命にした馬だったはずです。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。父がブライアンズタイムで母父がキングマンボなのでSL(C)系 or SC(L)系かなっと思います。小さな体からSC(L)系だったかなって思います。つまり大一番で強いタイプですね。秋華賞は父、もしくは母父がS主体でないと結構苦しそうだなって思っています。つまり、LC(S)系もしくはSC(L)系、あとはディープインパクト産駒のようなS質寄りのまとまり系を中心に予想を組み立てる必要があると思っています。私は今井先生のような神の領域にはいませんので同馬を本命に出来なかったと思います。(この頃は競馬をお休みしていました)

ちなみにこの年の1番人気はデニムアンドルビーでした。結果は4着と惜敗でした。関西TVローズS(G2)を追い込んで接戦勝ちの直後のレースでした。秋華賞に限らず、G1の前哨戦でストレスをかなり残す競馬をした馬は人気だと非常に危ないです。これはMの法則の基本法則です。基本に忠実に予想をすれば同馬のような馬がしっかり消せます。1番人気だからと恐れる必要はありません。根拠がある危険な人気馬はばっさり切りましょう。こう言っていますが実際は後述しているとおり、上位人気のS質寄りのディープインパクト産駒は怖いんです笑

秋華賞2014の考察

この年の1着は、ショウナンパンドラでした。この馬は紫苑S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。父がディープインパクトで母父がフレンチデピュティなのでS質寄りのまとまり系でしょう。前哨戦の紫苑S(OP)を1番人気2着と軽く凡走しての出走でした。初のG1と鮮度もありますし前走軽く凡走して致命的なストレスがないS質寄りのディープインパクト産駒は逆らわない方がいいです。というか、上位人気のS質寄りのディープインパクト産駒は怖いです。

次に、2着ですがこの年の2着はヌーヴォレコルトでした。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がスピニングワールドなのでS質寄りのまとまり系だと思います。母父がまとまり感を与えていると思います。前哨戦の関西TVローズS(G2)で休み明けにも関わらず-6キロと馬体重を減らしてきて危ないかなって思いましたが先行して圧勝し、秋華賞で+10キロとやはり中間緩めてきたのか増えてきました。1番人気ということを考えると単勝は少なくとも買いたくない状況だと思いますが差しに回る位置取りショックで何とか2着を確保しました。これはL主体の馬だったら難しかったでしょうね。この事からも上位人気のS質寄りのまとまり系は怖いです。めちゃくちゃ怖いです。逆らうと大怪我します。。。

最後に、3着ですがこの年の3着はタガノエトワールでした。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋3戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がサンデーサイレンスなのでS質寄りのまとまり系だと思います。率直に良く3着に来たなぁ~って思いますね。初のG1挑戦と鮮度ありますが関西TVローズS(G2)が初重賞とこちらのほうが鮮度あって最高のパフォーマンスだったので繰り返しになりますがホント、よぉ~来たなぁ~って思います。当日は4番人気とギリギリ上位人気(1番人気~3番人気)ではないですがS質寄りのまとまり系は怖いですね。。。個人的には同馬は軽視したいパターンですけどね。

スポンサーリンク


秋華賞2015の考察

この年の1着は、ミッキークイーンでした。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。父がディープインパクトで母父がゴールドアウェイなのでS質寄りのまとまり系でしょう。1番人気のS質寄りのまとまり系です。これは私がいつも言っている切るに切れない人気馬です。しかも関西TVローズS(G2)で後方から競馬して届かず1番人気2着と軽く凡走して本番では追い込みから差しへの軽い位置取りショックを仕掛けて差しきりました。馬体重の動きも関西TVローズS(G2)が+8キロ、秋華賞が-4キロと非常に理想的な馬体重の動きで心身ともに安定している事が馬体重からも分かると思います。

次に、2着ですがこの年の2着はクイーンズリングでした。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がマンハッタンカフェで母父がアナバーなのでLC(S)系って感じですね。細かくは違いますが2013年のメイショウマンボに似ていると思います。私はこの年の秋華賞をほぼ完璧に当てたのですが知人に面白いのはクイーンズリングだろうなって言っていました。何が面白いかというと関西TVローズS(G2)で久しぶりに先行して5番人気5着と軽く負けたからです。この形は2013年のメイショウマンボに似ていますね。繰り返しますが、LC系は前哨戦を軽く負けてあまり人気になっていない馬が狙い目です。2013年のメイショウマンボもクイーンズリングも前哨戦の関西TVローズS(G2)と本番の秋華賞で馬体重を増やし続けて好走しています。L主体の馬であること・若駒であることを考えると軽く増え続けるのはそこまで問題ではないと考えます。

最後に、3着ですがこの年の3着はマキシマムドパリでした。この馬は甲武特別(500万下)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がサンデーサイレンスなので、S主体のまとまり系だと思います。2014年のタガノエトワールと血統構成が似ていますね。条件戦からの出走で異端性があり、さらに距離短縮組とこれも異質です。馬体重が絞れてくる前提だけどこの馬も穴で面白いと思うよって知人に話していました。2013年のスマートレイアーみたいに人気ではないので期待値が高いので積極的に狙っていった方が良いローテーションです。大事な事なので繰り返しますが条件戦を圧勝してテンションが上がっているS系の馬は要注意です。

秋華賞2016の考察

この年の1着は、ヴィブロスでした。この馬は紫苑S(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がマキャベリアンなので、やはりS質寄りのまとまり系ですね。この年は馬連3点目で的中したのですが、当時の私のこの馬のコメントを見てみると、「こちらもディープインパクト産駒の初G1で鮮度あって。過去記事でも書きましたがずっと追い込んでいるので疲労が心配ですが出馬表を見た限りは相対的にやっぱり有利かなっと思いました。馬体が小さいので大幅に減るのは注意したいです。」と書いています。今、この馬の出馬表を見てもやはり休み明けで馬体重が増えていないにも関わらず差し競馬で接戦は嫌だなぁ、だけど初G1と鮮度あるS質寄りのまとまり系かぁって当時と同じことを思っていました笑 過去の傾向を見るとやはり上位人気のS質寄りのディープインパクト産駒は怖いですね。特に初G1と鮮度ある上位人気のディープインパクト産駒は素直に評価すべきですね。

次に、2着ですがこの年の2着はパールコードでした。この馬は紫苑S(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がヴィクトワールピサで母父がロストコードなので、パワーがあるLC(S)系もしくはS質寄りのまとまり系といった感じですね。私はこの馬を本命にしました。上記でも書いてある通り、LC系は前哨戦を軽く負けてあまり人気になっていない馬が狙い目だからです。何の迷いもありませんでした。当時のパールコードのコメントを見てみると、「多頭数の内枠、前走は2番人気5着とリズム崩すほどではなく。紫苑ステークスを連対していない馬の成績はデータ上は良くないですがデータ自体が浅くあまり意味をなさないと思っています。今回はグッと絞れてきて欲しいです。」と書いております。実際、本番では-10キロとグッと絞って2着に好走しました。秋華賞って簡単でしょ?笑

最後に、3着ですがこの年の3着はカイザーバルした。この馬は関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がエンパイアメーカーで、母父がサンデーサイレンスなのでLC(S)系でしょうね。私が冒頭で本質的に合うタイプといっているタイプですね。この馬はローズステークスで本命にしたのですがそこで馬体重をグッと絞って6番人気3着と好走したのでいわゆる余力がもう無いかなって思って本番では評価を下げました。初G1と鮮度ありましたがこの手のローテーション(前哨戦で頑張りすぎた馬)は2014年のタガノエトワール同様に、3着はあっても2着以内は厳しいのかなって思いますので3連系の方以外は軽視で良いのかなって思います。

ちなみにこの年の1番人気はビッシュでした。この馬は紫苑S(G3)で捲って快勝して本番に挑んできたS質寄りのまとまり系です。このタイプは正直切りづらいです。私も対抗にして軸ならこの馬かなって書いたほどです。この馬だけに限らず捲って圧勝すると見た目には派手で強く見えますが馬の心身には負担を掛けますので注意すべきだなって思いました。とくに中山競馬場で捲って勝つと反動が出やすいです。

スポンサーリンク


秋華賞2017の考察

この年の1着は、ディアドラでした。この馬は、紫苑S(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。父がハービンジャーで母父がスペシャルウィークなのでLC(S)系ですね。私はこの馬を4番手評価にしました。その時のコメントは、「正直、週中の時点ではあまり買いたいと思っていませんでしたが明日の馬場と枠順が向いていて思ったよりかは人気になっていないので4番手評価ぐらいが妥当かなっと思いました。前走の接戦でストレスありますが1番人気1着ですし紫苑ステークスはレベル的にオープン特別程度のレベルなのでそこまでストレス・疲労が残らないので何とか踏ん張れるのではないかと考えました。馬体重は当然、絞れてくるべきです。」と書きました。そして本番では+12キロだったので人気を考慮してモズカッチャンとリスグラシューの単勝で勝負して屈辱の2,3着に終わりました笑 さきほども書きましたがL主体の馬の場合は増えてきてもそこまで問題がなさそう。ただし、重馬場に助けられた感じがするのでLC系の馬はやっぱり前哨戦を軽く負けてあまり人気になっていない馬が狙い目だと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はリスグラシューでした。この馬は、関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がアメリカンポストなのでSC(L)系ですね。私は、予想の段階で1番人気だったので3番手評価にしました。当時のコメントは、「格上げ戦、多頭数の内目の枠とハーツクライ産駒のリスグラシューにはとても良い条件で。週中の時点で単勝期待値Aをつけたようにここは前走より走ってくる可能性が高いですがあくまで強い相手の混戦向きの馬なので現時点で1番人気では単勝推奨馬には出来なくて紐の1番手候補かなっと思います。馬体重は軽く絞って大外をぶん回すのではなくしっかりインを突いて欲しいです。外を回したら5着前後の可能性がかなり高いと個人的には思っています。」と書きました。最終的には4番人気だったので単勝を勝ったのですが、、、2014年のヌーヴォレコルトやもっと遡ると2012年のジェンティルドンナ、2011年のホエールキャプチャ、2010年のアニメイトバイオ等々、ローズステークスの勝ち馬はそこそこ来ていますが同路線ストレスがきつく単勝の期待値は低いのでやはり軽く凡走していたほうが期待値としては高いでしょうね。

最後に、3着ですがこの年の3着はモズカッチャンでした。この馬は、関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。父がハービンジャーで母父がキングカメハメハなのでLC(S)系ですね。関西TVローズS(G2)を2番人気7着と軽く凡走した馬です。私はこの馬を自信を持って本命にしました。一番期待値が高いからです。今でも後悔はないです。当時のコメントは、「2400m→1800m→2000mの変則バウンド距離延長ショック。前走、2番人気7着と凡走しているのでストレス・疲労共に少ない状態なので多頭数の内枠も問題なくて。牝馬限定戦なら勝ち抜ける集中力を持ち合わせているので現時点で6番人気と人気もそれほどないので本命にしたいと思います。馬体重は470キロ前半ぐらいまでグッと絞ってきて欲しいです。明日の馬場に関してもパワーがある馬なので向くのではないかと思っています。鞍上も追えるデムーロ騎手なので問題無しです。しっかり距離延長ショックを前に行く位置取りショックで激走して欲しいです。」と書いて馬体重の絞れ方が弱かったですがほぼ理想的なレースで文句は無いです。何度も繰り返しますが、ローズステークス組は軽く凡走した馬のほうが期待値が高いと言えるでしょう。

ちなみにこの年の1番人気はアエロリットでした。この馬は単純にクイーンS(G3)で逃げる位置取りショックで走った反動が出たんだと思います。休み明けにも関わらず-10キロではかなり危険です。このように秋華賞に直行する馬は馬体重が大幅に減ってくると危険です。まぁ、秋華賞に限った話しではないですが。。。

秋華賞2018の考察

この年の1着は、アーモンドアイでした。この馬は、優駿牝馬(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。秋華賞が秋1戦目でした。父がロードカナロアで母父がサンデーサイレンスなのでS主体のまとまり系ですね。さすがに私もこの馬を2番手評価にしました。休み明けだったので馬体重が減ってくれば多少、危険度が増しますが+14キロとしっかり増やしてきて気分良く差してきての圧勝でした。まとめの④でも書いてある通り、人気のS質寄りのまとまり系は逆らわないほうが良いです。

次に、2着ですがこの年の2着はミッキーチャームでした。この馬は、藻岩山特別(1000万下)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がダンシリなのでS主体のまとまり系ですね。この馬はまとめの②ですね。条件戦を圧勝してテンションが上がっているS系の馬は要注意って事ですね。私は、藻岩山特別で逃げる位置取りショックを使ってあまりに楽勝で勝ったので一気の相手強化で精神的に辛く感じて投げ出す方に賭けたのですが逆らわない方が良い事が分かりました笑

最後に、3着ですがこの年の3着はカンタービレでした。この馬は、関西TVローズS(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。秋華賞が秋2戦目でした。父がディープインパクトで母父がガリレオなのでL主体のまとまり系ですね。前哨戦を買ってしまったL系の馬なので評価を下げました。関西TVローズSの勝ち馬は基本的に「単」の期待値は低いのでどうしても抑えるなら軽い延長を好む馬がベターだと思います。

秋華賞2019の考察

こちらに動画としてアップしていますのでこちらを見てください。⇒秋華賞の考察

ちなみにこの年の1番人気はダノンファンタジーでした。結果は8着惨敗でした。鮮度を失っているディープインパクト産駒の同馬が休み明けのダウン質のローズステークスを接戦勝ちした直後に、格上げ戦でパフォーマンスを上げてくるのは難しかったと思います。

秋華賞の狙い目の馬は?

過去7年の結果から分かる事は、

①秋華賞は、前哨戦を軽く負けてあまり人気になっていないLC系の馬を狙うのがセオリーである。(2013年メイショウマンボ・2015年クイーンズリング・2016年パールコード・2017年モズカッチャン)

②条件戦を圧勝してテンションが上がっているS系の馬は要注意。(2013年スマートレイアー・2015年マキシマムドパリ)

③父、もしくは母父にS系の血がある馬を狙うのが良い。具体的なタイプ的にはLC(S)系、S質寄りのまとまり系・SC(L)系など闘争心が無いと好走しづらい。母父にキングカメハメハやスペシャルウィーク、サンデーサイレンスが入っていると安心感がある。

④とにかく人気のS質寄りのまとまり系は逆らわないほうが良い。特に初G1と鮮度ある場合は素直に抑えるべき。

⑤秋華賞のテーマはずばり、「遊び心満載の乙女の闘争心」です。

以上、秋華賞の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!