単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【東京新聞杯2021】レース回顧をしてみる。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

本日行われました、東京新聞杯のレース回顧をしたいと思います。さて、今回、動画にアップしたレースに関しては、エルフィンステークスの本命馬が11着、玄海特別が5着、アルデバランステークスが14着、早春ステークスの本命馬が2着、関門橋ステークスの本命馬が1着、きさらぎ賞の本命馬が3着、東京新聞杯の本命馬が4着、平尾台特別の本命馬が3着という結果だったので8レース中4レース、本命が馬券圏内にきてくれましたので、ボチボチだったと思います。予想のほうは、早春ステークスで馬連630円を2点目的中、関門橋ステークスで3連複1,790円を1点目的中(3連単6,330円も1点目的中)、きさらぎ賞で3連複670円を1点目的中、東京新聞杯でワイド2,860円を5点目的中、平尾台特別で3連複4,260円を6点目的中とこちらもボチボチでした。

それでは、東京新聞杯2021のレース回顧に入りたいと思います。

(的中実績はこちらには記載していません。YOUTUBEの「的中レース」という名前の再生リストをご参照ください。)

スポンサーリンク

東京新聞杯2021 レース結果

1着 カラテ 単勝期待値 C
2着 カテドラル 単勝期待値 B
3着 シャドウディーヴァ 単勝期待値 A

1着のカラテに関しては、持続力で勝負するタイプの馬なんで良馬場の府中マイルはタイプ的に合わないと思ったんですが強い内容でしたね。少し荒れた馬場だったのが良かったのかもしれませんね。おめでとうございます。

2着のカテドラルに関しましては、多頭数内枠の府中マイルは悪くない条件なので3番手評価にしました。しっかり差しに回って激走。今回みたいな条件が揃ったときは怖いので要警戒です。

3着のシャドウディーヴァに関しましては、去年とは違って終始、外を回る競馬。それでもしっかり追い込んできたのは府中マイル適性と短縮適性でしょう。よく頑張りました。

スポンサーリンク


東京新聞杯2021 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、ヴァンドギャルドとシャドウディーヴァの2頭を挙げました。結果は、1番人気4着と3番人気3着という結果でした。シャドウディーヴァに関しては上記のとおりです。ヴァンドギャルドは絶好のポジションでしたが案外でしたね。マイル鮮度が落ちている牡馬なので今後はちょっと厳しいという事でしょう。もう少し慎重に評価すべきでした。(他に単勝を狙いたい馬があまりいなかったので押し出される形で本命にしました)

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは、カラテとダイワキャグニーの2頭を挙げました。結果は、5番人気1着と6番人気14着という結果でした。カラテに関しては上記のとおりです。ダイワキャグニーは、大幅短縮が年齢的に苦しいです。1800mや2000mの落ち着いた頭数であれば怖いと思います。

※最終見解動画で5番手評価以内になった馬は本命・対抗が単勝期待値Aで、3番手評価から5番手評価までを一律で単勝期待値Bとしてレース回顧ブログを書いています。

以上、東京新聞杯のレース回顧でした。次は、共同通信杯ですね。 Youtubeの方でご依頼があれば各馬の解説をしっかりしていきますので良かったらチャンネル登録してください。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-レース回顧, 競馬予想

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!