単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【札幌記念2019予想】札幌記念の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

札幌記念2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。札幌記念はディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒が非常に強いレースですね。2017年はキングカメハメハ産駒が1着から3着まで独占していますからね。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

札幌記念の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

稍重

18ハープスター
25ゴールドシップ
310ホエールキャプチャ

2015

111ディサイファ
25ヒットザターゲット
34ダービーフィズ
2016

稍重

113ネオリアリズム
215モーリス
32レインボーライン
2017

11サクラアンプルール
22ナリタハリケーン
33ヤマカツエース
2018

稍重

12サングレーザー
25マカヒキ
315モズカッチャン

札幌記念2014の考察

この年の1着は、ハープスターでした。この馬は優駿牝馬(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がファルブラヴなのでS主体のまとまり系で良いと思います。初の古馬混合重賞と「重賞」に対しての鮮度もありましたし、初の2000mと「距離」に対しての鮮度もありました。鮮度要求の高いディープインパクトにとっては走りやすい条件でした。馬体重もしっかり増えて捲って快勝でした。これはいつも言っていますが鮮度あるディープインパクト産駒は非常に消しづらいです。あと、函館より札幌の方がディープインパクト産駒は走ります。言い換えるならば函館ほど、苦戦しません。

次に、2着ですがこの年の2着はゴールドシップでした。この馬は宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がメジロマックイーンなのでL主体のまとまり系でしょう。この馬も2000mの古馬混合重賞は「初」と鮮度ある状態でした。しかもG1からの格下げ戦。このように距離や重賞に対して鮮度ある状態の上位人気馬はローカル重賞ではやはり怖いです。

最後に、3着ですがこの年の3着はホエールキャプチャでした。この馬は安田記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がクロフネで母父がサンデーサイレンスなので、SL(SC)系だと思います。この馬も2000mの古馬混合重賞は「2度目」と鮮度ある状態でした。このレースはとにかく「重賞」か「距離」に対しての鮮度がある馬が要注意です。ストレスに弱い馬らしく2013年の札幌記念はヴィクトリアマイルを激走後の多頭数で凡走、2014年は安田記念を凡走してストレス無い状態で延長で札幌記念を激走しています。

札幌記念2015の考察

この年の1着は、ディサイファでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がドバイミレニアムなので、S主体のまとまり系だと思います。このパターンは結構珍しいなって思います。2000mという「距離」に対しての鮮度もなく「重賞」の鮮度も無い馬でした。たしかに2000m→1800m→2000mのバウンド距離延長を差しから先行への位置取りショックを仕掛けてきましたが良く頑張ったと思います。全体のこの馬の戦歴を見ても充実期であったことは間違いないでしょう。

次に、2着ですがこの年の2着はヒットザターゲットでした。この馬は目黒記念(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2500mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がタマモクロスなのでS主体のまとまり系ですね。敢えて、2014年のハープスターのところでは書きませんでしたが札幌記念は適度に上がりがかかる競馬になりやすい、つまり摩擦が大きくなりやすいので距離短縮ショックで挑んでくる人気薄の馬は要注意です。みなさん、札幌記念はディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒が非常に強いという風に見ていますが2010年のように宝塚記念からの距離短縮組で1着から3着までを独占した年もあるように穴で怖いのは距離短縮組です。

最後に、3着ですがこの年の3着はダービーフィズでした。この馬は、函館記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け7戦目でした。この馬は、父がジャングルポケットで母父がサンデーサイレンスなのでSC(L)系だと思います。この馬は非常に狙いづらいです。なぜなら函館記念を勝っているからです。過去10年、函館記念を勝って札幌記念も馬券圏内に来た馬はこの馬を含めて3頭です。2013年のトウケイヘイローが1着、2009年のサクラオリオンが3着です。これはよく言っていますが短期的疲労が心配される馬の場合は直近のレースが下級条件を中心に使われていたか短距離中心に使われていないと短期的疲労で好走するのは難しいです。

ちなみにこの年の1番人気はトーホウジャッカルでした。結果は8着と惨敗しました。宝塚記念(G1)からの出走なので格下げ戦でした。つまり、自分より弱い相手でした。しかも枠は外枠。この馬の父は、スペシャルウィークと非常に集中力がキレやすい馬なので自分より弱い相手の外枠では空回りしやすい状況でした。実際の戦歴を見ればこの馬は多頭数の内枠で好走しているのが良く分かると思います。

スポンサーリンク


札幌記念2016の考察

この年の1着は、ネオリアリズムでした。私はこの馬に単勝期待値Aをつけて最終予想でも単勝推奨馬に挙げました。(この馬の個別分析はこちら) この馬は函館記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がネオユニヴァースで、母父がメドウレイクなのでSC(SL)系とかでしょう。休み明けの函館記念を4番人気6着と軽く凡走しているので疲労も少ない、しかも後方からの競馬だったので前に行く位置取りショックも期待できる状況でした。ネオユニヴァース産駒は位置取りショックを好みます。あと、タフな多頭数の混戦にもしぶとく強いです。なので、この馬を単勝推奨馬に挙げました。鮮度はありませんでしたが、Mの法則的に狙う材料が十分にありました。

次に、2着ですがこの年の2着はモーリスでした。この馬は、安田記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がスクリーンヒーローで、母父がカーネギーなのでSL系とかでしょう。これは非常に切りづらいです。初の2000m、初の2000m重賞と鮮度がありました。しかもこの馬の場合、ずっと1600mばっかりを走っていたので1600mに対してのマンネリ感もあったのでこの距離変更は非常に新鮮です。なので私も仕方なくこの馬は抑えました。。。繰り返しますが、このように距離や重賞に対して鮮度ある状態の上位人気馬はローカル重賞ではやはり怖いです。

最後に、3着ですがこの年の3着はレインボーラインでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで、母父がフレンチデピュティなのでCS(CL)系でしょうね。初の古馬混合重賞と鮮度もあり距離短縮組でした。これは人気薄であれば非常に面白いパターンです。この馬は4番人気だったのそこまで妙味ありませんでしたがこのパターンで下位人気であればしっかり抑えて欲しいです。

札幌記念2017の考察

この年の1着は、サクラアンプルールでした。2017年はカスリもしませんでした笑 この馬は函館記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで、母父がサンデーサイレンスなのでSC(L)系でしょう。函館記念は大外枠でしかも後ろからの競馬で軽く凡走、そして札幌記念では最内枠の追い込みから差しへの軽い位置取りショック。短期的な疲労に弱い同馬にとって函館記念を凡走したのが良かったと思います。この馬は函館記念と札幌記念、とぢらも好走するのは難しいでしょう。この好走パターンは2016年のネオリアリズムの好走パターンと類似しているでしょう。S主体の集中力ある馬が位置取りショックや頭数アップ、内枠変わり等で集中できる状態で人気が無いのであれば妙味ありってとこですね。

次に、2着ですがこの年の2着はナリタハリケーンでした。この馬は、函館記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで、母父が サンデーサイレンスなのでS主体のまとまり系でしょう。印を打たなかった私が言うのもアレですが、これは人気薄で非常に怖いパターンです。ダートの短距離を中心に使われているので蓄積疲労が少ない、そして函館記念を凡走している、2000mという「距離」と「重賞」に対しての鮮度も非常に高いローテーションでした。私自身は若干、芝のスピードにまだ慣れていないと思ったので評価を下げましたが人気薄ならこのパターンは怖いです。

最後に、3着ですがこの年の3着はヤマカツエースでした。この馬は大阪杯(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで、母父がグラスワンダーなのでS主体のまとまり系でしょうね。大阪杯を激走した反動が心配だったので評価を下げましたが間隔をしっかり空けてきたので大丈夫でしたね。やはり、ローカル重賞はG1からの格下げ戦で挑んでくるまとまり系の上位人気馬は切りづらいですね。。。私は切りましたけど笑

スポンサーリンク


札幌記念2018の考察

この年の1着は、サングレーザーでした。2018年もカスリもしませんでした笑 この馬は安田記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がデピュティミニスターなのでS主体のまとまり系でしょう。ローカル重賞にG1からの格下げ戦で挑んでくる上位人気のまとまり系なのでやはり切りづらい。しかも2000mのレースはざっくり2年ぶりと「距離」に対しての鮮度もありました。短距離中心にこの時はまだ走っていたのでかなり量主体で走っていたのでタフな札幌の2000mだと人気では買いづらいと思い、私は評価を下げましたがやはり、ローカル重賞はG1からの格下げ戦で挑んでくるまとまり系の上位人気馬は切りづらいですね。

次に、2着ですがこの年の2着はマカヒキでした。この馬は、ジャパンC(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がフレンチデピュティなのでS主体のまとまり系でしょう。これはYOUTUBEでも話していますが停滞期に入ったディープインパクトの牡馬は私は買いません。とことん切り続けます。勝つ可能性が低いからです。実際、このレースも好走はしていますが2着です。その後もある程度、好走はしていますが勝ってはいません。なので、非常に買いづらかったです。それ以上、言う事は無いです笑

最後に、3着ですがこの年の3着はモズカッチャンでした。4番手評価にしました。この馬はドバイシーマクラシックからのローテーションだったので非根幹距離の2410mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。札幌記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで、母父がキングカメハメハなのでL(SC)系とかでしょうね。海外帰りと異端性もあり、2000mの古馬混合重賞は初と鮮度もありました。なので、ちょっと人気になりすぎているのが嫌でしたが評価しました。このレースは内枠有利で外枠だとある程度、前目で競馬していないと厳しいレースだなってモズカッチャンを見て改めて思いました。

札幌記念の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①距離や重賞に対して鮮度ある状態の上位人気馬はローカル重賞ではやはり怖い。

②ローカル重賞はG1からの格下げ戦で挑んでくるまとまり系の上位人気馬は非常に切りづらい。

③穴で怖いのは距離短縮組。

④逆に危ないというか妙味が無いのが、函館記念好走馬である。函館記念好走馬のように、短期的疲労が心配される馬の場合は直近のレースが下級条件を中心に使われていたか短距離中心に使われていないと短期的疲労で好走するのは難しい。

⑤S主体の集中力ある馬が位置取りショックや頭数アップ、内枠変わり等で集中できる状態で人気が無いのであれば妙味あり。

⑥札幌記念のテーマはずばり、「S主体の馬の変わり身」です。ただし、札幌記念はテーマを絞りづらいのが正直な感想です。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!