単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【日経新春杯2021】レース回顧をしてみる。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

本日行われました、日経新春杯のレース回顧をしたいと思います。さて、今回、動画にアップしたレースに関しては、頌春賞の本命馬が7着、虹の松原ステークスが4着、愛知杯の本命馬が2着、カーバンクルステークスの本命馬が4着、ジャニュアリーステークスの本命馬が13着、門司ステークスの本命馬が12着、日経新春杯の本命馬が10着、京成杯の本命馬が6着という結果だったので8レース中1レースしか、本命が馬券圏内にきてくれませんでしたので全然ダメだったと思います。大変申し訳ございません。予想のほうは、愛知杯で馬連3,470円を3点目的中、京成杯で3連複3,210円を8点目的中(3連単11,750円も的中)と良くも悪くもない感じですね。

それでは、日経新春杯2021のレース回顧に入りたいと思います。

(的中実績はこちらには記載していません。YOUTUBEの「的中レース」という名前の再生リストをご参照ください。)


スポンサーリンク

日経新春杯2021 レース結果

1着 ショウリュウイクゾ 単勝期待値 B
2着 ミスマンマミーア 単勝期待値 - (週中の個別分析無し)
3着 クラージュゲリエ 単勝期待値 B

1着のショウリュウイクゾに関しては、休み明け。しっかり馬体重増やして気持ちよく先行する競馬。終始外を回ると気持ちがキレてしまうリスクもあったので4番手評価にしました。初の古馬混合重賞と鮮度ある状態だったのも良かったと思います。おめでとうございます。

2着のミスマンマミーアに関しましては、間隔開けてきての-10キロが?も最後方から無欲の追い込み。人気馬が前で破綻したのが大きかったと思います。集中力高いのでこういう人気薄のタフなレースで要注意です。

3着クラージュゲリエに関しましては、2200mは若干長いが重賞鮮度がまだあるので何とかなった感じですね。今後は内枠で体力温存するなり距離短縮ショックで体力補完しないとちょっと2000mを超えると苦しくなってくると思います。

スポンサーリンク


日経新春杯2021 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、アドマイヤビルゴとヴェロックスの2頭を挙げました。結果は、1番人気10着と2番人気9着という結果でした。アドマイヤビルゴに関してはやはり馬場ですかね。これくらいのメンバーであれば量で何とかなると思いましたが、私の想像以上に肉体的なタフさが無い感じでした。ヴェロックスは、結果的に前走は軽い凡走ではなく休み明けの好走だったんでしょう。休み明け好走後の反動で凡走とみるのが自然かと思います。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは、一頭も挙げませんでした。自信をもって切れる人気馬はいませんでした。

※最終見解動画で5番手評価以内になった馬は本命・対抗が単勝期待値Aで、3番手評価から5番手評価までを一律で単勝期待値Bとしてレース回顧ブログを書いています。

以上、日経新春杯のレース回顧でした。次は、アメリカジョッキークラブカップですね。 Youtubeの方でご依頼があれば各馬の解説をしっかりしていきますので良かったらチャンネル登録してください。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-レース回顧, 競馬予想

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!