単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【日本テレビ盃2017】レース回顧をしてみる

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

それでは、昨日行われた指定交流戦の日本テレビ盃2017のレース回顧をしたいと思います。日本テレビ盃2017は競馬予想自体はどうせ固いだろうと思ってブログではなくツイッター上で書いたのですが私の単勝期待値の評価はサウンドトゥルー→アポロケンタッキー→モーニン→ケイティブレイブでした。結果は、アポロケンタッキー→サウンドトゥルー→ケイティブレイブ→モーニンでした。このレース、とてもレース回顧のやりがいがあるのでちょっと検証も兼ねて行いたいと思います。それでは、日本テレビ盃2017のレース回顧に入りたいと思います。

スポンサーリンク

日本テレビ盃2017 レース結果

1着 アポロケンタッキー 単勝期待値 - (予想自体していないため)
2着 サウンドトゥルー 単勝期待値 - (予想自体していないため)
3着 ケイティブレイブ 単勝期待値 - (予想自体していないため)
4着 モーニン 単勝期待値 - (予想自体していないため)

JRA所属のこの4頭でまぁ、決まるだろうと思いましたがなぜこのような着順になったのかいろいろな角度から見ていきたいと思います。まずは、ストレス面ですが、

ストレス順位(マイナス材料)に関しては、
1位:ケイティブレイブ⇒前走の帝王賞競走(G1)、距離延長を差しに回って6番人気1着と激走した

2位:サウンドトゥルー⇒前走の帝王賞競走(G1)、距離延長を差して3番人気4着とそこそこ好走した

3位:アポロケンタッキー⇒前走の帝王賞競走(G1)、距離延長を捲り気味に差して2番人気5着と凡走した

4位:モーニン⇒休み明けで帝王賞競走(G1)を走っていないため同路線ストレスが上記3頭と比べて全く無い

蓄積疲労順位(マイナス材料)に関しては、
1位:ケイティブレイブ⇒今年既に5戦

2位:サウンドトゥルー⇒今年3戦、しかもすべてG1。

3位:モーニン⇒今年3戦

4位:アポロケンタッキー⇒海外遠征もあったがまだ今年2戦。

鮮度順位(プラス材料)に関しては、
1位:アポロケンタッキー⇒日本テレビ盃は初めて。というか船橋競馬場が初。

2位:ケイティブレイブ⇒日本テレビ盃(G2)は初めて。

3位:モーニン⇒日本テレビ盃(G2)は2度目。

4位:サウンドトゥルー⇒日本テレビ盃(G2)は3度目。

異端性(プラス材料)に関しては、
1位:モーニン⇒帝王賞競走(G1)を走っていない

2位:ケイティブレイブ⇒帝王賞競走(G1)からの距離短縮組

2位:サウンドトゥルー⇒帝王賞競走(G1)からの距離短縮組

2位:アポロケンタッキー⇒帝王賞競走(G1)からの距離短縮組

っと言った感じです。

スポンサーリンク


日本テレビ盃2017 レース回顧

このレースの人気は、ケイティブレイブが2.3倍、モーニンが3.0倍、サウンドトゥルーが4.0倍、アポロケンタッキーが4.4倍でした。

私は、数分だけ出馬表を見て単勝期待値の高い順にサウンドトゥルー→アポロケンタッキー→モーニン→ケイティブレイブと並べてツイートしましたがしっかり考察すると、アポロケンタッキが単勝期待値が1番高いかなって思いますね。逆にケイティブレイブはマイナス面が多く1番人気なので3着には来ましたが単勝期待値としてはやっぱり1番低いかなっと思いますね。モーニンとサウンドトゥルを比較するとモーニンのほうが人気ですがそれでも単勝期待値はこちらのほうが高いかなっと今改めてみると思いますね。そう考えると、アポロケンタッキー→モーニン→サウンドトゥルー→ケイティブレイブと評価するのが1番予想としてはベストだったかなっと思いますね。モーニン→サウンドトゥルーの順番は逆でもいいかもしれませんが。というのは、サウンドトゥルーは1800mへの距離短縮ショックがすごい効果的だからという理由とモーニンが距離延長ショックが効果的でないからです。

私が昨日、出馬表を見て数分でサウンドトゥルーを本命にした理由は前走それほど走っていなくて1800mへの距離短縮ショックで4頭の中ではあまり人気がなかったからです。同様にアポロケンタッキーもストレスが少なく4頭の中ではあまり人気がなかったので対抗にしました。あとは、ケイティブレイブが1番人気でパッと見でマイナス材料が多いので4頭の中では1番評価が低いなって思ったので消去法でモーニンを3番手評価にしました。

ゆっくり段階的にいろんな側面(ストレス面・蓄積疲労面・鮮度・異端性・人気・ローテーション)から見ていくと自然と単勝期待値が高い馬、つまり本命は決まってくると思います。確かに悩ましい時もありますがそんな時は私はもう純粋に人気の無い方を評価します。同じぐらい悩む馬が複数いるなら期待値的に人気の無い方を買ったほうがお得だからです。オッズなんていうのはみんなの人気投票の集まりなので私にとっては関係ないです。なので自分が来ると思った馬が最低人気でも全く気にしません。自分を信じて買います笑

以上、日本テレビ盃2017のレース回顧でした。このレース、レース自体も非常に面白いレースなのでまだ見ていない方は一度レース映像も見てみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

2017年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!