単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【日本ダービー2020予想】日本ダービーの狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

日本ダービーについて狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。日本ダービーはオークス同様に量が問われますがオークスと少し違って摩擦が大きくなりますので集中力がないと少々厳しいです。タイプ的にはSC系もしくは集中力もそれなりにあるL質寄りのまとまり系 or S質寄りのまとまり系が良いと思います。ただ、基本的には距離が長過ぎますが、量の無いC系も若駒なのでぎりぎり対応できてしまいます。この点は注意しておいて下さい。オークス同様、皐月賞からの直行組がローテーション的にはベターだと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。(東京競馬場の芝2400mの馬券的攻略の仕方はこちら)

スポンサーリンク

日本ダービーの過去7年

年度着順馬番馬名
2013

11キズナ
29エピファネイア
33アポロソニック
2014

12ワンアンドオンリー
213イスラボニータ
33マイネルフロスト

2015

114ドゥラメンテ
21サトノラーゼン
311サトノクラウン
2016

13マカヒキ
28サトノダイヤモンド
31ディーマジェスティ
2017

稍重

112レイデオロ
24スワーヴリチャード
318アドミラブル
2018

117ワグネリアン
212エポカドーロ
37コズミックフォース
2019

11ロジャーバローズ
27ダノンキングリー
313ヴェロックス

日本ダービー2013の考察

この年の1着は、キズナでした。この馬は京都新聞杯(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。父がディープインパクトで母父がStorm CatなのでL質寄りのまとまり系で良いと思います。日本ダービーが初G1と鮮度あるディープインパクト産駒でした。東京の2400mで且つ、鮮度あるディープインパクト産駒は人気の有無に関わらず基本的に怖いです。特にこの馬は皐月賞を走っておらず別路線組でもあるので異端性もありますのでこういうタイプの馬は要注意です。本番では1番人気だったので妙味ないですがこのようなローテーションの馬が中位人気以下なら期待値が高いです。

次に、2着ですがこの年の2着はエピファネイアでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がシンボリクリスエスで母父がスペシャルウィークなのでSL(C)系だと思います。簡単に言ってしまうと量とパワーが豊富な馬ということです。皐月賞を先行して2番人気2着、弥生賞を1番人気4着なのでストレス・疲労面ではまぁ、大丈夫なローテーションだったと思います。仮に弥生賞を勝って皐月賞も連対していたら蓄積疲労の観点から見て危ないのでもっと着順を下げていたと思います。まぁ、その前に皐月賞を凡走していたと思いますが。王道ローテーション組(弥生賞→皐月賞→日本ダービー)は、前々走、前走のいずれかを軽く凡走しておかないと厳しいです。相当な能力差があれば話は別ですけど、基本的には人気なら軽視するべきです。

最後に、3着ですがこの年の3着はアポロソニックでした。この馬は テレビ東京杯青葉賞(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。父がBig Brownで母父がPure Prizeという血統構成で正直、私にはよく分かりませんが戦歴からは量とパワーが豊富なSL系だと思います。青葉賞はオークスでいうところのフローラステークスみたいなものでここを好走するとかなりの疲労が残るのでローテーションとして非常に危険なローテーションです。特に青葉賞を勝って人気になった馬は期待値が低いので軽視するのがベターです。この馬は青葉賞を逃げて9番人気2着と激走しているので非常に危険な馬でしたが3着に来たので相当強い内容だったと思います。このレースが最後のレースとなったのでその後の事は分かりませんが多分ですが重賞の一つや二つは取っていたんではないかなっと思います。かなり強い内容です。

日本ダービー2014の考察

この年の1着は、ワンアンドオンリーでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がタイキシャトルということでSC(L)系でしょうね。この馬もいわゆる王道ローテーション組(弥生賞→皐月賞→日本ダービー)ですね。この馬は弥生賞を4番人気2着と激走してその反動で皐月賞を4番人気4着、着差0.3秒と軽く凡走して日本ダービーに挑みました。やはり王道ローテーション組(弥生賞→皐月賞→日本ダービー)は、前々走、前走のいずれかを軽く凡走しておかないと厳しいです。特にハーツクライ産駒は1回の衝撃(激走)に弱いので皐月賞は凡走して当たり前で4番人気4着、着差0.3秒というのは非常に強い内容でこれは日本ダービーはかなりの確率で好走すると言えるでしょう。

次に、2着ですがこの年の2着はイスラボニータでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がフジキセキで母父がCozzeneということで量の無いC系でしょうね。冒頭で書いたとおりいずれは短距離路線にシフトする量の無いC系の馬でもこの時期なら何とか2400mも頑張れます。昔の馬で申し訳ないのですがジェニュインとかも量の無いC系でしたが何とか2着に踏ん張りました。この馬は量が無いにも関わらず7枠と外枠に入って量を補う事が出来ませんでした。ちなみにジェニュインも同じ7枠13番で量を補えませんでした。もし内枠に入っていたら結果は違っていたのではないかなっと思います。枠順に恵まれませんでした。つまり、量がないC系でもこの時期の若駒なら何とかなる。内枠に入って量を補えればさらに良いということです。

最後に、3着ですがこの年の3着はマイネルフロストでした。この馬はテレビ東京杯青葉賞(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。父がブラックタイドで母父がグラスワンダーなので闘争心旺盛なSL系だと思います。この馬はキツイといわれる青葉賞からのローテーションでしたがその青葉賞を3番人気6着と軽く凡走して本番の日本ダービーでは12番人気と人気が急落しました。穴馬として怖いのはトライアル戦を軽く凡走してストレス・疲労が少ないSL系です。この手のタイプは凡走しているので人気も落ちますしタイプ的に距離を不安視されたりもするので3連系の紐で非常に面白いので一考の価値ありです。

スポンサーリンク


日本ダービー2015の考察

この年の1着は、ドゥラメンテでした。私が本当に好きな馬でした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。父がキングカメハメハで母父がサンデーサイレンスなのでS質寄りのまとまり系に近いSC系でしょうね。イスラボニータの時に書くのを忘れましたが、王道ローテーション組(弥生賞→皐月賞→日本ダービー)とよく似ていますが共同通信杯→皐月賞→日本ダービーは間隔が適度に空いているのでストレス・疲労が取れやすいので良いローテーションです。今後はこのローテーションが主流になっていくと私は思っています。とにかく弥生賞は疲れが残るので辛いです。

次に、2着ですがこの年の2着はサトノラーゼンでした。この馬は京都新聞杯(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け6戦目でした。6戦目と聞くと非常に多いですがずっと条件戦だったのであまり気にする必要は無いと思います。この馬は、父がディープインパクトで母父がIntikhabなのでL質寄りのまとまり系で良いと思います。日本ダービーが初G1と鮮度あるディープインパクト産駒ですね。このパターンは、2013年のキズナと似ていますがキズナよりも条件戦を使ってきているので蓄積疲労が少なく尚良いローテーションですね。やはり、東京の2400mで且つ、鮮度あるディープインパクト産駒は人気の有無に関わらず基本的に怖いです。

最後に、3着ですがこの年の3着はサトノクラウンでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がMarjuで母父がRossiniなので、L主体のLC系ですね。この馬は皐月賞を集中力の欠如で1番人気6着と凡走して日本ダービーで巻き返してきました。私は、ドゥラメンテの対抗に据えました。この巻き返しパターンはオークスと同じで人気が落ちていたら妙味アリです。オークスの時も言いましたが、皐月賞(桜花賞)を集中力の欠如で凡走して人気が落ちたL系の馬は紐で妙味アリです。

日本ダービー2016の考察

この年の1着は、マカヒキでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がフレンチデピュティなので、S質寄りのまとまり系でしょうね。この馬は王道ローテーション組(弥生賞→皐月賞→日本ダービー)で、弥生賞を追い込んで2番人気1着、皐月賞も追い込んで3番人気2着と好走続きだったので日本ダービーはストレスと疲労で危険だろうと思って、軽視しました。ですが結果は3番人気1着と好走しました。ただ、このケースはレアケースと考えた方がベターだと思います。つまり基本的には危険だと考えた方が良いと思います。結果から振り返ってみると皐月賞は追い込んで3番人気2着でしたがレースが終わってから追い込んできたのでそこまでストレス・疲労を残さなかったのかもしれません。しかし、繰り返しになりますがこのパターンは危険だと個人的には思っているので人気なら軽視した方が良いと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はサトノダイヤモンドでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がOrpenなのでパワーも豊富なL質寄りのまとまり系ですね。私はこの馬が一番ダービー馬になる確率が1番高いけど取りこぼしも考えられるかなっと思っていました。この馬は、2015年のサトノクラウンと良く似たパターンです。皐月賞を集中力の欠如で凡走して巻き返してくるパターンです。この馬の場合は人気落ちしませんでしたがかなりの確率で前進してくるので買ったほうが良いです。大事な事なので繰り返しますが皐月賞を集中力の欠如で凡走して人気が落ちたL系の馬は紐で妙味アリです。この馬は皐月賞を1番人気3着でそこから前進してくる可能性が高いのでほぼほぼ馬券圏内は大丈夫だろうと思っていました。最後、負けましたけどね。もう少し集中力があれば勝っていたでしょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はディーマジェスティでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がブライアンズタイムということでS質寄りのまとまり系でしょうね。この馬は私が今後主流となると思っている共同通信杯→皐月賞→日本ダービーですね。皐月賞の激走の反動があるので中枠あたりがベターでしたが最内枠に入ってきてちょっと可哀想でしたね。1番人気3着と負けはしましたが負けて強しの内容だったと思います。このローテーション(共同通信杯→皐月賞→日本ダービー)の馬は、人気では軽視出来ないの渋々、抑えてください笑

スポンサーリンク


日本ダービー2017の考察

この年の1着は、レイデオロでした。私も3番手評価にしました。この馬は、皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け2戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がシンボリクリスエスということで量も豊富なSC系ですね。予想時も書きましたが長期休養明けが苦手なキングカメハメハ産駒で且つC系の同馬が皐月賞を5番人気5着はかなり強い内容で馬体重を絞って集中してくればかなりの確率で前進してきます。2015年のサトノクラウン・2016年のサトノダイヤモンドの戦歴を見るとよく似ていますが全然、本質は違いますので注意してください。この馬は、集中力の欠如で皐月賞を凡走したわけでは無く休み明けで集中力を活かせずに凡走したパターンです。このパターンは人気になりづらいので面白いです。レイデオロは人気でしたが皐月賞を何が原因で凡走したのか見極め、このパターンだと思ったら人気薄なら積極的に狙って欲しいです。レアパターンなのでなかなかいないと思いますが笑

次に、2着ですがこの年の2着はスワーヴリチャードでした。私も内枠に入ってくれば勝つだろうと自信を持って本命にしました。(負けましたけどね笑) この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がUnbridled's SongということでSC(L)系ですね。私が推奨する共同通信杯→皐月賞→日本ダービーというローテーションですね。この馬は皐月賞も本命にしたのですが皐月賞は2番人気6着と凡走しました。なので皐月賞は外したのですがこの結果を見て日本ダービーはほぼほぼこの馬で大丈夫だと確信しました。(負けましたけどね笑) なぜ大丈夫だと思ったかはいつも見て下さっている読者の方なら分かると思いますがゆったりとした理想的なローテーション(共同通信杯→皐月賞→日本ダービー)で且つ、皐月賞を軽く凡走しているのでストレス・疲労が少ないからです。あとは日本ダービーで内枠に入って軽く前に行く位置取りショックを仕掛ければダービー馬になるだろうと知人には話していました。(負けましたけどね。しつこい笑)敗因は、S質の強い馬に対して馬体重を絞り過ぎた事かなっと思います。-12キロはちょっと減らし過ぎかなっと思います。ただ、この-12キロは、関係者の日本ダービーへの強い想い、つまりスワーヴリチャードを勝たせたいという強い気持ちの表れだと思いますので私はこの馬を本命にして負けた事を後悔していないです。非常に見ごたえありました。

最後に、3着ですがこの年の3着はアドミラブルでした。この馬はテレビ東京杯青葉賞(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がシンボリクリスエスなので完全に量が豊富なL質寄りのまとまり系ですね。青葉賞はオークスでいうところのフローラステークスに該当すると2013年のアポロソニックのところで書きましたが、このローテーションは好走していると非常に危険なローテーションです。私もこの馬を単勝期待値C(危険な人気馬)にしました。理由はフローラステークスからオークスに挑む馬と同じです。疲労が残りやすいので余力が無いからです。この馬も1番人気3着と人気を裏切りました。ただ、このローテーションで3着というのはかなり強い内容だと言えるでしょう。

日本ダービー2018の考察

この年の1着は、ワグネリアンでした。この馬は、皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け3戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がキングカメハメハということでS主体のまとまり系ですね。これは基本的な「苦」から「楽」のパターンで走った典型ですね。皐月賞を内枠で揉まれた、位置取りも後ろからの競馬になった。日本ダービーでは外枠で揉まれづらくなった、距離延長でペースが緩くなって前に行く事が出来たって感じですね。若干違いますが、2015年のサトノクラウンとよく似ていますね。

次に、2着ですがこの年の2着はエポカドーロでした。私は、距離は全然持つと思いましたので対抗にしました。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け5戦目でした。この馬は、父がオルフェーヴルで母父がフォーティナイナーということでS+C(L)系ですかね。YOUTUBEで今年出走する各馬の個別分析をしていますがその中でも皐月賞馬は基本的に逆らわないほうがいいと言っています。この馬は距離を不安視されていて人気があまり上がりませんでした。闘争心もあり集中力もあるおまけに皐月賞を先行して圧勝というのはS系の馬にとって非常に気分が乗る勝ち方です。これは評価してあげないとまずいです笑

最後に、3着ですがこの年の3着はコズミックフォースでした。この馬はプリンシパルS(OP)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。日本ダービーが年明け4戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がネオユニヴァースなのでS質が強めのまとまり系ですかね。プリンシパルS(OP)は根幹距離の2000mになってから15年ほどが経ちますがやはり苦戦していますね。やはり同じ東京の根幹距離のレースなのでカテゴリストレスが大きい事、間隔も詰まっている事などが原因ではないかと思います。こういう馬を狙うなら人気薄の紐で無いとちょっと難しいかなって思います。

ちなみにこの年の1番人気はダノンプレミアムでした。結果は6着でした。報知杯弥生賞(G2)からの直行だったので約3ヶ月の休み明けでした。休み明けにも関わらず馬体重が増えてこなかった事、1番人気だった事、最内枠だった事等様々な要因が重なって最後体力切れをおこしてしまったと考えます。私は3番手評価でした。

スポンサーリンク


日本ダービー2019の考察

こちらに動画としてアップしていますのでこちらを見てください。⇒日本ダービーの考察

ちなみにこの年の1番人気はサートゥルナーリアでした。結果は4着でした。休み明けの皐月賞で馬体重を減らして日本ダービーでも更なる馬体減りでダッシュつかず後方からの競馬で前を捕まえきれずの4着でした。馬体重はやはり非常に重要です。

日本ダービーの狙い目の馬は?

過去7年の結果から分かる事は、

①ベストなローテーションは、共同通信杯→皐月賞→日本ダービーで挑むローテーション。出来れば日本ダービーが年明け3戦目が良い。

②皐月賞を集中力の欠如で凡走して人気が落ちたL系の馬は紐で妙味がある。(逆に2017年のレイデオロのように休み明けで集中力を活かせずに凡走したパターンも妙味がある)

③マカヒキのような例外もいますが、王道ローテーション組(弥生賞→皐月賞→日本ダービー)の場合は、弥生賞か皐月賞で軽く凡走していないとストレス・疲労の両面で危険である。

④青葉賞からの出走組は好走していると期待値が低いので思い切って消した方が良い。このローテーションはフローラステークスからオークスに挑む馬と同じで疲労面で危険である。

⑤鮮度あるディープインパクト産駒は人気の有無に関わらず基本的に怖い。

⑥日本ダービーのテーマはずばり、「世代王者としての資質」です。

以上、日本ダービーの狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!