単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【新潟記念2019予想】新潟記念の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

新潟記念2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。新潟記念はL系の馬が強いレースですね。あとはやはり瞬発力系が強いイメージですね。当然、当日の馬場状態にもよりますが。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

新潟記念の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

113マーティンボロ
216クランモンタナ
315ラストインパクト
2015

稍重

13パッションダンス
26マイネルミラノ
34ファントムライト
2016

117アデイインザライフ
214アルバートドック
312ロンギングダンサー
2017

11タツゴウゲキ
211アストラエンブレム
37カフジプリンス
2018

11ブラストワンピース
25メートルダール
34ショウナンバッハ

新潟記念2014の考察

この年の1着は、マーティンボロでした。この馬は小倉記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がヌレイエフなのでS主体のまとまり系で良いと思います。3戦連続、2000mの重賞で前々走が10番人気1着、前走が6番人気2着と短期的な疲労とストレスを抱えていますが1番人気1着と人気にしっかり応えました。この結果を見ても分かるとおり、当レースはストレスや疲労の影響を受けにくいです。特に良馬場だと摩擦が小さくストレスや疲労よりも勢いを重視した方が良いです。

次に、2着ですがこの年の2着はクランモンタナでした。この馬はマレーシアC(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がトニービンなので、S主体のまとまり系だと思います。新潟記念で一番狙いやすい馬ですね。初の重賞挑戦と鮮度ある状態のディープインパクト産駒。当レースでは人気が無ければ重賞鮮度のある速い上がりに対応できる馬がベタですが一番狙いやすいです。とにかく条件戦からの初重賞挑戦組は要注意です。

最後に、3着ですがこの年の3着はラストインパクトでした。この年は、ディープインパクト産駒の1,2,3着でした。この馬は小倉記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がティンバーカントリーなので、L主体のまとまり系だと思います。前走、先行して軽く凡走して差しに回る位置取りショックで巻き返してきました。この、L系の馬の先行して軽い凡走からの差しに回る位置取りショックも当レースでは有効的です。

新潟記念2015の考察

この年の1着は、パッションダンスでした。この馬は小倉記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がジェイドロバリーなので、L主体のまとまり系だと思います。これは私は狙えなかったです。2000mの重賞が4戦連続、過去3戦の着順・着差が古いレースから順に、4着0.5秒→7着0.4秒→6着0.4秒と着順着差に動きが無く少し硬くなっている状態でまた2000mの多頭数では買う材料に乏しく買えませんでした。稍重になった事で馬群がばらけやすくなった事で少頭数の内枠に近い形になって均衡状態を打破しやすくなったのかもしれませんがそれは結果を見てのこじつけに近いのでこれは個人的には諦めたいパターンです。

次に、2着ですがこの年の2着はマイネルミラノでした。この馬は函館記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け8戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がポリッシュプレセデントなのでS(LC)系とかですかね。函館記念を逃げて凡走してストレス・疲労が無い状態で当レースに迎えたのが非常に良かったと思います。2015年は稍重です。馬場が渋ると純粋な体力勝負になりやすいので体の大きい先行馬は基本的に有利です。血統でいうと同馬のようなステイゴールド産駒が要注意です。

最後に、3着ですがこの年の3着はファントムライトでした。この馬は、モンゴル大統領賞(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がオペラハウスで母父がサンデーサイレンスなのでLC(S)系だと思います。馬場が渋ればディープインパクト産駒ではなく欧州型の血統、すなわちスタミナ系が怖いです。この馬は初重賞挑戦と鮮度もありましたし軽い距離延長ショックでもありました。穴で怖いのはこういう平気で巻き返してくる気の良さ(L質)主体の馬です。

ちなみにこの年の1番人気はミュゼスルタンでした。結果は16着と惨敗しました。東京優駿(G1)からの出走なので格下げ戦でした。父がキングカメハメハで母父がフレンチデピュティとS主体のまとまり系です。こういうまとまり系の馬がローカル重賞に格下げ戦で挑んでくれば切りづらいですね。休み明けにも関わらず馬体重が増えてこなかったのも良くなかったと思いますがこれは繰り返しになりますが切りづらいでしょう。

スポンサーリンク


新潟記念2016の考察

この年の1着は、アデイインザライフでした。私も単勝推奨馬、単勝期待値Aをつけました。この馬は常総S(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がサクラバクシンオーなのでS主体のまとまり系で良いと思います。2014年の2着馬、クランモンタナとローテーション的にはよく似ています。条件戦からの格上げ戦、初の古馬混合重賞挑戦と鮮度ある状態。新潟記念の好走パターンなので私も評価しました。特に一度、G1で跳ね返されて条件戦から再び重賞に挑戦してくる鮮度要求の高いディープインパクト産駒は要注意です。

次に、2着ですがこの年の2着はアルバートドックでした。この馬は七夕賞(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がアンユージュアルヒートなので、S主体のまとまり系だと思います。七夕賞を捲り気味に上がって3番人気1着の接線勝ち直後なのでストレスが心配なので評価を下げたい局面ですが2014年の1着馬、マーティンボロの箇所でも書きましたが当レースは摩擦が少ないのでストレスの影響を受けにくいので勢いをある程度重視しないといけないのでこういう接戦勝ちの1番人気の馬が一番ややこしいです。個人的にはこういう馬は来たら諦めるんですが、3連系の方は素直に抑えておいたほうが良いでしょうね。

最後に、3着ですがこの年の3着はロンギングダンサーでした。この年は、ディープインパクト産駒の1,2着でしたね。この馬は新潟大賞典(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がシンボリクリスエスで母父がサンデーサイレンスなので、S主体のSL系だと思います。これはちょっと狙えませんでした。このレースの2走前に生涯初の逃げる位置取りショックを仕掛けるも17番人気15着だったのでこれはさすがにリズムが停滞しているだろうと考えました。本番では差しから追い込みに回る位置取りショックで3着に雪崩れ込みましたが、これは拾いづらいです。なので私は3連系が苦手です笑

新潟記念2017の考察

この年の1着は、タツゴウゲキでした。この年は完敗でした。この馬は小倉記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がマーベラスサンデーで母父がシングスピールなのでL主体のLC(S)系とかだと思います。小倉記念を4番人気1着の接線勝ちの直後のレースでした。つまり、2014年の1着馬、マーティンボロや2016年の2着馬、アルバートドックのパターンと同じでストレスは抱えているものの勢いのある馬です。私は無意識に評価出来ませんでしたが、やはり新潟記念では繰り返しになりますが摩擦が小さいのである程度、ダート戦のように勢いを重視した方が良いでしょうね。ただ、そのサジ加減が難しいのですが。

次に、2着ですがこの年の2着はアストラエンブレムでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がダイワメジャーで母父がウォーエンブレムなのでS主体のまとまり系だと思います。どうせ瞬発力型のディープに差されて3,4,5着くらいだろうと思ったのですが2着に残ってしまいました笑 平均ペースの平均的な上がりとこの馬にとって非常に良いペースになった事も良かったですがやはり好調をキープしている馬は非常に切りづらいことが分かります。この年は非常に珍しくディープインパクト産駒が総崩れでしたね。

最後に、3着ですがこの年の3着はカフジプリンスでした。この馬は小倉記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がシンボリクリスエスなので、L主体のLC(S)系とかだと思います。この馬は、直近の成績の着順着差を見るとあまり動きが無くちょっと馬が硬くなっているような感じがしたので狙えませんでした。右回りで且つ小回りの小倉から広い左回りの新潟競馬場変わり、ペース緩くなっての差しから先行への位置取りショックとまさにハーツクライが一番得意とする形で好走しました。これはMの法則でいう「苦」から「楽」の一種なので人気薄なら抑えておいても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク


新潟記念2018の考察

この年の1着は、ブラストワンピースでした。本当に仕方なく4番手評価で抑えました。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで母父がキングカメハメハなのでL主体のLC(S)系とかだと思います。これはすっごい切りづらいです笑 G1からの格下げ戦・休み明け・自分より圧倒的に弱い相手・広い新潟競馬場・・・ いつも言っていますがG1からの格下げ戦でローカル重賞に挑んでくる上位人気馬は切りづらいです。ただただ、それだけです笑

次に、2着ですがこの年の2着はメートルダールでした。この馬は大阪杯(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がゼンノロブロイで母父がシルヴァーホークなのでL主体のLC(SL)系とかだと思います。週中は紐で抑えようとしていたのですが最終的には切りました。ちょっと今では何で切ったのか良く覚えておりませんが、この年は休み明けのG1からの格下げ戦組が1,2着でした。間隔空けてリフレッシュされて相手が弱くなって好走したという事ですね。G1からの格下げ戦で新潟記念に直行したL主体の馬は非常に怖いという事ですね。

最後に、3着ですがこの年の3着はショウナンバッハでした。この馬は福島テレビOP(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。新潟記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がサクラバクシンオーなので、L主体のLC(S)系とかだと思います。オープン特別からの格下げ戦・バウンド距離延長で走ってきましたがこれはなかなか狙いづらいですね。この馬のタイプ的に新潟の2000mはたしかに合いますが、これは狙いづらいです。13頭と比較的落ち着いた頭数になった事と無欲で追い込んできたのが良かったと思います。

新潟記念の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①当レースはストレスや疲労の影響を受けにくいので、特に良馬場だと摩擦がより小さくなるのでストレスや疲労よりも勢いを重視した方が良い。

②基本中の基本ですが、条件戦からの初重賞挑戦組は要注意。

③穴で怖いのが、平気で巻き返してくる気の良さ(L質)主体の馬。コース的にL系の馬が好走しやすいコースなので。

④G1からの格下げ戦で新潟記念に直行したL主体の馬は、切るに切れない。

⑤新潟記念のテーマはずばり、「勢い VS L系の巻き返し」です

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!