単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【斤量(負担重量)】競馬の斤量(負担重量)についての考え方

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

本日は競馬の斤量についての私の考えをコメントして欲しいというメッセージを読者の方から頂いたので書いていきたいと思います。普段、私は斤量についてはあまりコメントしません。サイト内での戦歴にも斤量については書いていません。斤量も当然見ているのですが余程、前走と比べて「楽」と感じる時以外は重要視していません。一般的にMの法則ではC系(集中力系)は斤量減がプラス材料、L系(量系)は斤量はあまり関係ない、S系(闘争心系)はSC系はC系同様に斤量減がプラス材料でSL系はあまり斤量は関係ないと言われています。私自身が斤量に対してどのように捉えているかは最後に書きたいと思います。まずはC系(集中力系)・S系(闘争心系)・L系(量系)のサンプル馬をピックアップして斤量の変化に対して着順がどのように変化しているか考察してみたいと思います。(今回のテーマは斤量なので馬体重や上がりタイムは省略して書いています)

C系(集中力系)の斤量の感じ方

C系(集中力系)のサンプル馬としてクロコスミアをピックアップしたいと思います。まずはこの馬の成績を斤量付きで下記に示します。

※関西TVローズS(G2)以前はすべて斤量が54kgと増減が無いため省略します。

①関西TVローズS(G2) 15頭立て 阪神1800m 重 11番人気2着 斤量 54kg

秋華賞(G1) 18頭立て 京都2000m 良 10番人気6着 斤量 55kg

ターコイズS(G) 16頭立て 中山1600m 良 4番人気14着 斤量 54kg

サンスポ杯阪神牝馬S(G2) 16頭立て 阪神1600m 良 7番人気4着 斤量 54kg

福島牝馬S(G3) 16頭立て 福島1800m 良 2番人気7着 斤量 54kg

⑥北斗特別(1000万下) 15頭立て 函館1800m 良 1番人気1着 斤量 56kg

クイーンS(G3) 13頭立て 札幌1800m 良 5番人気4着 斤量 55kg

⑧オールスターJ第2戦(1600万下) 14頭立て 札幌2000m 良 1番人気1着 斤量 56kg

アイルランド府中牝馬(G2) 14頭立て 東京1800m 稍重 5番人気1着 斤量 54kg

エリザベス女王杯(G1) 18頭立て 京都2200m 良 9番人気2着 斤量 56kg

一般的に斤量減がプラス材料と言われているC系(集中力系)ですが、この馬が斤量減だったのは、

ターコイズS(G) 16頭立て 中山1600m 良 4番人気14着 斤量 54kg

クイーンS(G3) 13頭立て 札幌1800m 良 5番人気4着 斤量 55kg

アイルランド府中牝馬(G2) 14頭立て 東京1800m 稍重 5番人気1着 斤量 54kg

斤量減の時の成績は(1,0,0,2)です。

逆に、C系(集中力系)にとってマイナス材料と言われている斤量増の時は、

秋華賞(G1) 18頭立て 京都2000m 良 10番人気6着 斤量 55kg

⑥北斗特別(1000万下) 15頭立て 函館1800m 良 1番人気1着 斤量 56kg

⑧オールスターJ第2戦(1600万下) 14頭立て 札幌2000m 良 1番人気1着 斤量 56kg

エリザベス女王杯(G1) 18頭立て 京都2200m 良 9番人気2着 斤量 56kg

斤量増の時の成績は(2,1,0,1)です。

斤量増の時のほうが成績がいいですね。私の見解については最後にまとめて書きますね。続いてS系(闘争心系)の斤量の感じ方です。

スポンサーリンク

S系(闘争心系)の斤量の感じ方

S系(闘争心系)のサンプル馬としてキタサンブラックをピックアップしたいと思います。まずはこの馬の成績を斤量付きで下記に示します。

※フジTVスプリングS(G2)以前はすべて斤量が56kgと増減が無いため省略します。

①フジTVスプリングS(G2) 12頭立て 良 5番人気1着 斤量 56kg

②皐月賞(G1) 15頭立て 中山2200m 良 4番人気3着 斤量 57kg

③東京優駿(G1) 18頭立て 東京2400m 良 6番人気14着 斤量 57kg

④朝日セントライト記念(G2) 15頭立て 中山2200m 良 6番人気1着 斤量 56kg

⑤菊花賞(G1) 18頭立て 京都3000m 良 5番人気1着 斤量 57kg

⑥有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 4番人気3着 斤量 55kg

⑦産経大阪杯(G2) 11頭立て 阪神2000m 良 5番人気2着 斤量 58kg

⑧天皇賞(春)(G1) 18頭立て 京都3200m 良 2番人気1着 斤量 58kg

⑨宝塚記念(G1) 17頭立て 阪神2200m 稍重 2番人気3着 斤量 58kg

⑩京都大賞典(G2) 10頭立て 京都2400mm 良 1番人気1着 斤量 58kg

ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 良 1番人気1着 斤量 57kg

有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 2番人気2着 斤量 57kg

大阪杯(G1) 14頭立て 阪神2000m 良 1番人気1着 斤量 57kg

天皇賞(春)(G1) 17頭立て 京都3200m 良 1番人気1着 斤量 58kg

宝塚記念(G1) 11頭立て 阪神2200m 稍重 1番人気9着 斤量 58kg

天皇賞(秋)(G1) 18頭立て 東京2000m 不良 1番人気1着 斤量 58kg

ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 良 1番人気3着 斤量 57kg

有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 1番人気1着 斤量 57kg

この馬が斤量減だったのは、

④朝日セントライト記念(G2) 15頭立て 中山2200m 良 6番人気1着 斤量 56kg

⑥有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 4番人気3着 斤量 55kg

ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 良 1番人気1着 斤量 57kg

ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 良 1番人気3着 斤量 57kg

斤量減の時の成績は(2,0,2,0)です。

逆に、斤量増の時は、

②皐月賞(G1) 15頭立て 中山2200m 良 4番人気3着 斤量 57kg

⑤菊花賞(G1) 18頭立て 京都3000m 良 5番人気1着 斤量 57kg

⑦産経大阪杯(G2) 11頭立て 阪神2000m 良 5番人気2着 斤量 58kg

天皇賞(春)(G1) 17頭立て 京都3200m 良 1番人気1着 斤量 58kg

斤量増の時の成績は(2,1,1,0)です。

キタサンブラックはSL系なのでどちらかというと斤量の増減に影響を受けないですが実際見てみると斤量の影響を受けていないですね。続いてL系(量系)の斤量の感じ方です。

スポンサーリンク


L系(量系)の斤量の感じ方

L系(量系)のサンプル馬としてルージュバックをピックアップしたいと思います。まずはこの馬の成績を斤量付きで下記に示します。

※きさらぎ賞(G3)以前はすべて斤量が54kgと増減が無いため省略します。

①きさらぎ賞(G3) 8頭立て 京都1800m 良 1番人気1着 斤量 54kg

②桜花賞(G1) 18頭立て 阪神1600m 良 1番人気9着 斤量 55kg

③優駿牝馬(G1) 17頭立て 東京2400m 良 1番人気2着 斤量 55kg

④エリザベス女王杯(G1) 18頭立て 京都2200m 稍重 3番人気4着 斤量 54kg

⑤有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 6番人気10着 斤量 53kg

⑥中山牝馬S(G3) 16頭立て 中山1800m 良 1番人気2着 斤量 56kg

⑦ヴィクトリアマイル(G1) 18頭立て 東京1600m 良 4番人気5着 斤量 55kg

⑧エプソムC(G3) 18頭立て 東京1800m 良 1番人気1着 斤量 54kg

毎日王冠(G2) 12頭立て 東京1800m 稍重 1番人気1着 斤量 54kg

天皇賞(秋)(G1) 15頭立て 東京2000m 良 3番人気7着 斤量 56kg

⑪ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 良 7番人気9着 斤量 55kg

金鯱賞(G2) 16頭立て 中京2000m 良 4番人気8着 斤量 55kg

ヴィクトリアマイル(G1) 17頭立て 東京1600m 稍重 2番人気10着 斤量 55kg

産経賞オールカマー(G2) 17頭立て 中山2200m 良 5番人気1着 斤量 55kg

エリザベス女王杯(G1) 18頭立て 京都2200m 良 2番人気9着 斤量 56kg

有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 10番人気5着 斤量 55kg

一般的に斤量の増減の影響を受けないと言われているL系(量系)ですが、この馬が斤量減だったのは、

④エリザベス女王杯(G1) 18頭立て 京都2200m 稍重 3番人気4着 斤量 54kg

⑤有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 6番人気10着 斤量 53kg

⑦ヴィクトリアマイル(G1) 18頭立て 東京1600m 良 4番人気5着 斤量 55kg

⑧エプソムC(G3) 18頭立て 東京1800m 良 1番人気1着 斤量 54kg

⑪ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 良 7番人気9着 斤量 55kg

有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 良 10番人気5着 斤量 55kg

斤量減の時の成績は(1,0,0,4)です。

逆に、斤量増の時は、

②桜花賞(G1) 18頭立て 阪神1600m 良 1番人気9着 斤量 55kg

⑥中山牝馬S(G3) 16頭立て 中山1800m 良 1番人気2着 斤量 56kg

天皇賞(秋)(G1) 15頭立て 東京2000m 良 3番人気7着 斤量 56kg

エリザベス女王杯(G1) 18頭立て 京都2200m 良 2番人気9着 斤量 56kg

斤量増の時の成績は(0,1,0,3)です。

たしかに斤量の増減で成績に差は無いですね。

スポンサーリンク


競馬の斤量についての私の見解

各タイプごとに斤量の感じ方を見てきました。私の見解(あくまで私の個人的な見解)は、

①C系(集中力系)に関しては斤量減はプラス材料ですがベターって感じですね。要は斤量減なら尚更いいかなって程度です。それよりもC系(集中力系)の馬の場合は如何に集中している状態かが大事。集中している状態で格上げ戦、つまり強い相手なら斤量増でもあまり「苦」に感じない。集中しているので斤量に敏感に反応しない。実際、クロコスミアのエリザベス女王杯(G1)は2kgの斤量増でしたが私は本命でした。

②S系(闘争心系)に関しては、基本的に自分との戦いで他馬や斤量は関係ないですが軽くなるならそれはそれで良い事だと思います。特に馬体の小さいS系(闘争心系)もしくはSL系でなくSC系の馬は斤量は減ったほうが良いと個人的には思っています。

③L系(量系)に関しては、斤量増がマイナス材料にならないだけでS系(闘争心系)同様、軽くなるならそれはそれで良い事だと思います。そしてこれもS系(闘争心系)同様、特に馬体の小さいL系(量系)は斤量は減ったほうが良いと個人的には思っています。

要点をまとめると斤量は減る分には減った方が良い。ただし、L系(量系)に関しては増えたからと言ってマイナス材料にはならないといった感じです。

長々と書きましたが結論的にはそんな感じです。なので私はあまり斤量の変化には重点は置いていません。一応、C系(集中力系)の馬に関してはサラッと見ますが笑

(しっかりチェックはしていますが、戦歴データに誤りがあるかもしれませんのでもし誤記があれば指摘してくれると助かります。)

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

2017年度的中実績
2018年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!