単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【弥生賞2020】レース回顧をしてみる。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

日曜日に行われました、弥生賞2020のレース回顧をしたいと思います。今回、動画にアップしたレースに関しては、オーシャンステークスの本命馬が5着、トリトンステークスの本命馬が9着、大阪城ステークスの本命馬が5着、弥生賞の本命馬が5着、チューリップ賞の本命馬が6着と、5レース中1レースも本命馬が馬券圏内に来てくれませんでしたので本命馬の成績は非常に悪かったですが対抗の馬が1着なり2着なり3着に来てくれましたのでワイド・3連複・3連単とそこそこ的中してくれました。最終動画の中でも私ならこう買いますっていう風に買い目を伝えたレースもあったので的中された方が結構いらっしゃったので良かったと思います。最終レースに関しては土曜日の中京で6番人気の穴馬推奨馬が2着に来てくれましたし、日曜日も中京で9番人気の穴馬推奨馬が2着に来てくれました。

それでは、弥生賞2020のレース回顧に入りたいと思います。

(今年からは的中実績はこちらには記載しません。YOUTUBEの「的中レース」という名前の再生リストをご参照ください。)

スポンサーリンク

弥生賞2020 レース結果

1着 サトノフラッグ 単勝期待値 A
2着 ワーケア 単勝期待値 B
3着 オーソリティ 単勝期待値 B

1着のサトノフラッグに関しては、そこそこ体力もあるので少頭数のトライアル戦の重賞ならまぁ、崩れづらいだろうなって思いましたので対抗の単勝期待値Aに仕方なくしました。ワイドや3連複の軸ならこの馬かなって思いましたね。捲っていってそのまま圧勝したようにやはりかなり体力はありますね。少し疲労が心配されますが本番もそこまで危険ではないでしょう。ただし、「単」を買いたいかと言われるとそこまでの魅力は感じませんね。

2着のワーケアは、重馬場は体力を活かせるので悪くはないですがやはり、ワンパンチ足りない感じがしますね。中山よりは東京向きだと思いますが日本ダービー向きかと言われると青葉賞向きかと思います。つまり、トライアル系の馬かなって思います。ちょっとまとまりすぎていて破壊力が無く物足りない感じが非常にします。

3着のオーソリティは、少頭数の重馬場で3着だとこれ以上の上積みはなかなか見込めないでしょう。つまり、上位2頭との差を埋めるのは結構、難しいかなって思いました。量系の馬で自分より弱い相手にはなかなか崩れないと思いますが(特に若いうちは)、G1級の相手となるとちょっと厳しいかなって思います。人気薄の菊花賞とかでまた会いたいなって思いました。

スポンサーリンク


弥生賞2020 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、オーロアドーネとサトノフラッグの2頭を挙げました。結果は、6番人気5着と2番人気1着という結果でした。サトノフラッグは上記のとおりです。オーロアドーネは馬体重が絞れてこなかったのが残念ですが、積極的な競馬での力負けだったので納得しています。まだキャリアも浅いですから自己条件から再び、秋に表舞台に戻ってきてほしいです。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは最終的には、ブラックホールを挙げました。結果は、4番人気4着とだいぶ叩かれながら調子を戻してきたと思います。このまま皐月賞に向かうんですかね?意外と短期疲労には強そうなので人気が全然なければ面白いかもしれませんね。もっと先だと個人的には思いますが。。。

以上、弥生賞2020のレース回顧でした。今週は、金鯱賞・フィリーズレビューとかですね。Youtubeの方でご依頼があれば各馬の解説をしっかりしていきますので良かったらチャンネル登録してください。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!