単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【小倉記念2019予想】小倉記念の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

小倉記念2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。小倉記念はその名の通り、小倉競馬場で行われますので非常に平坦で根幹距離の2000mでもそれほど摩擦は大きくなりません。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

小倉記念の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

稍重

19サトノノブレス
213マーティンボロ
31メイショウナルト

2015

115アズマシャトル
25ベルーフ
33ウインプリメーラ
2016

13クランモンタナ
25ベルーフ
32エキストラエンド
2017

12タツゴウゲキ
28サンマルティン
35フェルメッツァ
2018

111トリオンフ
210サトノクロニクル
37マウントゴールド

小倉記念2014の考察

この年の1着は、サトノノブレスでした。この馬は天皇賞(春)(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の3200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がトニービンなのでS主体のまとまり系で良いと思います。クイーンステークスの時も書いたんですが、こういうまとまっている馬で且つ、上位人気の馬がG1からの格下げ戦で挑んできた場合は、非常に消しづらいです。つまり好走しやすいです。なんで?って言われてもそれがローカル重賞ってもんです笑 3ヶ月ほど間隔空けて+2キロと馬体重的に消す事が出来ず、これは評価するしかないと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はマーティンボロでした。私はこの馬を本命にしたのを覚えています。この馬は中日新聞杯(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がNureyevなのでS主体のまとまり系でしょう。この年はS主体のまとまり系のディープインパクトのワンツーでした。何故、この馬を本命にしたかというと休み明けで完全な別路線組で重賞鮮度も高い、にも関わらず6番人気と人気があまり無かったからです。しかも比較的落ち着いた頭数の揉まれない外枠でした。ちなみにサトノノブレスも外目の枠でした。

最後に、3着ですがこの年の3着はメイショウナルトでした。2013年の覇者ですね。この馬は七夕賞(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がカーネギーなので、SL系ですね。この馬は結構、危険な人気馬だったと思います。1回の衝撃に弱いハーツクライ産駒の同馬が七夕賞で逃げられなかった逃げ馬の逃げる位置取りショックで好走した直後の人気アップだからです。馬場が稍重と多少渋ってくれたおかげで反動の影響が出にくかったですが、七夕賞は福島の2000mとローカル重賞にしては結構タフなのでここで人気以上に好走すると小倉記念では基本的に期待値が低いです。ただし、平坦コースなのでそこまで危険度が増すって訳でもないです。これが小倉記念の難しいところです。

ちなみにこの年の1番人気はラストインパクトでした。結果は6着と惨敗しました。この馬も負けはしましたが切りづらいパターンです。サトノノブレス同様に、G1からの格下げ戦で挑んできた上位人気馬だからです。この馬もディープインパクト産駒とまとまっていて崩れづらいですね。私も印は打ちました。期待値の観点から本命はマーティンボロにしましたけどね。

小倉記念2015の考察

この年の1着は、アズマシャトルでした。私もこの馬の単勝を本命ではなかったですが買いました。この馬はマレーシアC(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がゼンノロブロイで母父がマルゼンスキーなので、LC(S)系だと思います。条件戦を1番人気4着と軽く凡走してストレス疲労が無い状態・別路線・中枠から揉まれづらい外枠へシフト・1番人気から6番人気に人気落ちだったのでとりあえず買いました。思った以上に圧勝だったのでちょっと笑ってしまいました。別にこのレースに限らず、条件戦からの格上げ組は異端性がありストレス・疲労も少ないので人気が無ければ無いほど期待値は高いです。

次に、2着ですがこの年の2着はベルーフでした。この馬は皐月賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで母父がサンデーサイレンスなのでLC(S)系ですね。このパターンはサトノノブレスのところでも書きましたが切りづらいです。繰り返しておきますが、こういうL系の馬で且つ、上位人気の馬がG1からの格下げ戦で挑んできた場合は、非常に消しづらいです。L系の馬なので間隔を空けて挑んできた場合は馬体重の減りすぎだけ注意してください。

最後に、3着ですがこの年の3着はウインプリメーラでした。私の本命でした。この馬は、マーメイドS(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け7戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がフォーティナイナーなのでLC(S)系だと思います。初の牡馬混合重賞と鮮度ある状態、そして坂のある阪神の根幹距離からのローテーション。ここがポイントですね。L主体の量(気の良さ)で走るタイプの馬は坂のある阪神コースから挑んでくると小倉は平坦なので「楽」に感じやすいです。しかも重賞鮮度もある。ちょっと人気になりすぎているので悩みましたがこの馬を本命にしました。

ちなみにこの年の1番人気はマローブルーでした。結果は5着と惜敗しました。マレーシアC(1600万下)からの出走で初の古馬混合重賞と鮮度ある状態、条件戦からの出走と異端性もありこれも非常に消しづらいです。ここ最近は結構1番人気が飛んでいますが消しづらい1番人気が多いですね。

スポンサーリンク


小倉記念2016の考察

この年の1着は、クランモンタナでした。穴ならこの馬かなって思いました。買えませんでしたが笑 この馬は鳴尾記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がトニービンなので、S主体のまとまり系ですね。2015年のウインプリメーラのところでも書きましたが量(気の良さ)で走るタイプの馬は坂のある阪神コースから挑んでくると小倉は平坦なので「楽」に感じやすいです。しかも、同馬は追い込みから先行への位置取りショックも仕掛けてきました。

次に、2着ですがこの年の2着はベルーフでした。2年連続の2着ですね。この年は、新潟大賞典(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け5戦目でした。新潟競馬場から小倉競馬場変わりなので「楽」にはあまり感じないローテーションですね。ただし、新潟大賞典で凡走してストレス・疲労が無い状態で頭数ダウンの平坦な小倉競馬場は悪くは無いローテーションです。基本的に小倉記念というか小倉の中距離は量で走る馬が有利です。摩擦が小さいからです。なのでこういう馬が一番ややこしいです。私は人気を考慮して評価しませんでした。。。

最後に、3着ですがこの年の3着はエキストラエンドでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がガルドロワイヤルなのでL主体のまとまり系とかでしょうね。この馬は、前走が広い東京競馬場だったのですが、18頭立ての多頭数から12頭立ての少頭数に変わるので「楽」に感じるだろうなって思いました。しかも先行馬の距離延長。小倉記念では距離延長にも関わらず先行から差しへの位置取りショックを仕掛けてきましたがこれ、先行していたらどうなっていたのかなって今でも思います。

ちなみにこの年の1番人気はダコールした。結果は4着と惜敗しました。七夕賞を5番人気2着と人気以上に好走して小倉記念では人気になったパターンです。これは、2014年のメイショウナルトのところで書いたとおり期待値が低いパターンです。非常に大事なことなので繰り返し書いておきますね。七夕賞は福島の2000mとローカル重賞にしては結構タフなのでここで人気以上に好走すると小倉記念では基本的に期待値が低いです。ただし、平坦コースなのでそこまで危険度が増すって訳でもないです。これが小倉記念の難しいところです。

小倉記念2017の考察

この年の1着は、タツゴウゲキでした。私は無印でした。このレースは本命対抗が2,3着でした。この馬は七夕賞(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がマーベラスサンデーで母父がシングスピールなので、L主体のLC系ですね。この馬は非常に悩んだのを今でもよく覚えています。レースを見ていて「あぁ、来たか」って思ったんで笑 S質の強い福島競馬場からL質の強い小倉競馬場変わりは良い・重賞鮮度も高い。ただ、ここ2走、ちょっと走り過ぎたかなって思ったんですね。それで4番人気。。。考え過ぎてしまいました。この馬のように七夕賞を6番人気6着と人気以上に激走していない馬はローテーションとしては悪くないです。一番良いのは七夕賞を上位人気で軽く裏切る形が良いです。

次に、2着ですがこの年の2着はサンマルティンでした。私も対抗にしました。この年は、むらさき賞(1600万下)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで母父がサンデーサイレンスなので、L主体のLC(S)系ですね。初の重賞挑戦と鮮度ある状態・1800mから2000mへの軽い距離延長・内枠から揉まれづらい外枠と条件が揃っていました。鞍上が戸崎騎手だったので無難な競馬をすると思ったんですが後方から捲っていく競馬で一瞬ヒヤッとしましたが何とか2着は確保してくれました。L系の馬で重賞鮮度が高い馬はタツゴウゲキもそうですが怖いですね。

最後に、3着ですがこの年の3着はフェルメッツァでした。この馬は七夕賞(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がトニービンなのでS主体のまとまり系でしょうね。当時の最終予想のコメントを見ると「週中の記事で3着から5着ぐらいかなっと書いておいて本命にするのは気が引けるのですが今日の都井岬特別を見た限り同馬にレース質が合いそうなのと思っていた以上に人気が無くて。」と書いています。なんで3着から5着くらいだと思ったかというとやはり臨戦過程です。この馬は福島民報杯を8番人気2着→七夕賞を8番人気5着とここ2戦、結構タフな福島競馬場の2000mを人気以上に走っていたからです。それでも本命にした理由はトラックバイアスと人気です。6番人気と思ってたより人気が無い事とディープインパクト産駒が結構、好走していたからです。やはり、福島2000mを人気以上に走ってくると疲れるんだと思います。

ちなみにこの年の1番人気はストロングタイタンした。結果は8着と惨敗しました。私も最終予想では無印にしました。マレーシアCからの格上げ戦だったので条件戦からの格上げ戦です。しかし、約5ヶ月の休養明けのレースを-12キロも減らして接戦勝ちした直後のレースだったので反動が心配でした。小倉記念ではさらに-6キロと馬体重を減らしてきて体力切れを起こして垂れてしまいました。これは普通に反動が出ての敗戦だと思います。

スポンサーリンク


小倉記念2018の考察

この年の1着は、トリオンフでした。私も得意の3番手評価にしました。この馬は鳴尾記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がタートルボウルで母父がダンスインザダークなので、SL(LC)系ですね。少し過剰人気だと思いましたが圧勝されました笑 平坦な小倉での実績もあり、前走、坂のある阪神の鳴尾記念を1番人気2着と軽く凡走しているので切るに切れない人気馬でした。七夕賞や鳴尾記念といった2000mの重賞を人気で軽く凡走してきた馬は切りづらいです。

次に、2着ですがこの年の2着はサトノクロニクルでした。私は5番手評価にしました。この馬は、天皇賞(春)(G1)からのローテーションだったので非非根幹距離の3200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がインティカブなので、S主体のSL(C)系ですね。このパターンは2014年のサトノノブレスと同じで馬体重がしっかり増えていれば、切るに切れないです。繰り返し書いておきますが、こういうまとまっている馬で且つ、上位人気の馬がG1からの格下げ戦で挑んできた場合は、非常に消しづらいです。

最後に、3着ですがこの年の3着はマウントゴールドでした。この馬は下鴨S(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。小倉記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで、母父がマウントリヴァーモアなのでCL(S)系でしょうね。条件戦からの格上げ戦・初の重賞挑戦と鮮度ある状態。2017年のサンマルティン同様に、素直に評価すべきローテーションです。ですが、私は無印にしました。良い意味で集中力が高いので12頭立ての外枠だとその集中力を活かせず取りこぼすかなって思ったからです。評価しようか悩んだのは覚えています。。。素直に条件戦からの格上げ組は評価すべきですね。

小倉記念の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①条件戦からの格上げ組は異端性がありストレス・疲労も少ないので人気が無ければ無いほど期待値は高い。

②上位人気の馬がG1からの格下げ戦で挑んできた場合は、非常に消しづらい。

③L主体の量(気の良さ)で走るタイプの馬は坂のある阪神コースから挑んでくると小倉は平坦なので「楽」に感じやすい。

④危ないというか期待値が下がるのが七夕賞や鳴尾記念といった2000mの重賞を人気より激走した馬。過去10年、七夕賞もしくは鳴尾記念を人気より激走して馬券圏内に来たのは、イタリアンレッド(4番人気1着)とメイショウナルト(2番人気3着)とフェルメッツァ(6番人気3着)と単勝の期待値は低い。

⑤七夕賞や鳴尾記念といった2000mの重賞を人気で軽く凡走してきた馬は切りづらい。

⑥小倉記念のテーマはずばり、「ローカル競馬で輝く、L系の馬たち」です。

以上、小倉記念の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!