単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【天皇賞秋2017】サトノクラウンの競馬予想をしてみる

それでは、天皇賞秋2017に出走予定のサトノクラウンの競馬予想をしたいと思います。今週は天皇賞秋2017を当然、勝負レースとして競馬予想したいと思います。まずは前走の宝塚記念(G1)ですが、「前走、根幹距離の2000mを3番人気6着と適度に負けたのでストレス・疲労ともに少なく。根幹距離の2000mから非根幹距離の2200mに変わるのと揉まれない外枠・少頭数。あとは、当日の阪神競馬場は雨予報で馬場が重く力のいる馬場になる可能性が高くて。馬体重は絶対に増やしてきて欲しいです。」と書き、本命にしました。結果は3番人気1着と私の予想に応えてくれました。まずは、その前走を振り返りましょう。(東京競馬場の芝2000mの馬券的攻略の仕方はこちら)

サトノクラウンの前走

前走 宝塚記念(G1) 11頭立て 阪神2200m 稍重 3番人気1着 馬体重 488(+10) 上がり 35.4

前走は少頭数・非根幹距離の2200m・前走の大阪杯を軽い凡走・揉まれない外枠と絶好の条件にも関わらずキタサンブラックが人気を背負ってくれたので3番人気にも関わらず単勝900円、複勝480円とすごい良い配当がつきました。(キタサンブラックが馬券圏外だったので複勝がびっくりするぐらいつきました) 今回は休み明けの広い東京競馬場の根幹距離の2000mになります。L系の馬なので休み明けは合いますね。それでは過去5戦を見ていきます。

スポンサーリンク

サトノクラウンの過去5戦

2016 天皇賞(秋)(G1) 15頭立て 東京2000m 8番人気14着 馬体重 480(0) 上がり 35.4

2016 香港ヴァーズ(G1) 14頭立て シャティ2400m 4番人気1着 馬体重 計不 上がり 計不

2017 京都記念(G2) 10頭立て 京都2200m 3番人気1着 馬体重 490(+6) 上がり 34.9

2017 大阪杯(G1) 14頭立て 阪神2000m 3番人気6着 馬体重 478(-12) 上がり 34.2

2017 宝塚記念(G1) 11頭立て 阪神2200m 稍重 3番人気1着 馬体重 488(+10) 上がり 35.4

この馬の場合は戦歴を見ても分かる通り、根幹距離が全くもって向きません。2000mに限定してみると、(1,0,0,5)と勝率・連対率・複勝率ともに16.6%と非常に苦手です。唯一勝った弥生賞も自分より弱い相手の少頭数の稍重のレースです。つまり2000mといえどもかなりL質寄りの2000mのレースだったといえます。実際、この弥生賞の後の皐月賞は私はばっさりと切っています。その当時はまだこのサイトを立ち上げていなかったので証拠はありませんが笑 なので今回、休み明けというプラス材料はありますが多頭数の根幹距離の2000mは雨が降って重馬場等になってくれないとかなり厳しいといわざるを得ません。

スポンサーリンク


天皇賞秋2017 競馬予想まとめ

天皇賞秋だから走れないと言っている訳ではなくて多頭数の良馬場の東京の2000mのG1だと走れない可能性が高いと言っています。これがG3やオープン特別の少頭数の東京2000mだったらサトノクラウンも好走確率はかなり高いです。弱い相手向きで少頭数だと摩擦も少ないからです。しかし、出走予定登録馬を見ると20頭も登録しているのでさすがに少頭数という事は考えづらく多頭数の摩擦の激しいレース質になる可能性のほうがはるかに高いです。なのでサトノクラウンは厳しいと考えます。根幹距離だから一概に走れないと言っているわけではないので誤解のないようにお願いします。現に、弥生賞は勝ってますよね。今回の天皇賞秋は上位人気馬が多頭数の摩擦の激しい東京2000mを勝ちれきる可能性が低いのでかなり面白いと個人的には思っています。ただし、非常に難解ですが笑 キタサンブラック・リアルスティールに続いてこの馬も現時点では「消し」でいきたいと思います。消しすぎて買う馬がいなくなったら少し見直しをかけますけどね笑

現状、3番人気ぐらいの単勝オッズ6.0倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 C
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

【(久しぶりの)質問コーナー】
「週末は台風が来るみたいで雨が降ったらサトノクラウンをヒモで抑えるのもありかなと思うんですが」っていうご質問を頂いたので追記しておきます。私はこう答えました。

【回答】
サトノクラウンが稍重や重が良い理由は、パワーがあるからではなく、雨が降って馬場が重たくなると芝が剥がれて飛び散るのでなるべくその飛び散った芝の土を避けようと騎手はしますので最後の直線で馬群がばらける可能性が高まるのでその分、他馬との摩擦が少なくなり揉まれ弱いサトノクラウンにとってプラス材料になるからだと私は考えています。

稍重や重が良いとされる馬の場合、理由は大きく2パターンあると私は考えます。

①パワーがあって重たい芝の適性が高い等のその日のトラックバイアス適性が高いので良いパターン
②重たい馬場だと土が伸び散って最後の直線で馬群がばらけて摩擦がなくなるので良いパターン(上で書いたパターンですね)

昨日の菊花賞のクリンチャーやルーラシップ産駒のキセキやダンビュライトは①のパターンだと思います。去年の宝塚記念で勝ったマリアライトも①のパターンです。ただ、今年の宝塚記念を勝ったサトノクラウンはどちらかというと②のパターンのほうが強いと私は思っています。(①のパターンもやや含んではいるんですが。。。)

サトノクラウンもパワーが無いとは言いませんが、戦歴からG1をパワーで押し切るだけのパワーは持ち合わせていないと思いますので18頭立ての多頭数で、雨が降って馬群がばらけて揉まれないでも多頭数の分、外を回すとコースロスが多くパワー不足で最後、バテてしまって掲示板前後がやっとではないかと考えます。

仮に、外を回さないで馬群がばらけて最後の直線でぽっかり空いた内に突っ込んだとしたらそれはそれで面白いかもしれませんがもしぽっかり空いた内に突っこめる位置取りにいるならそれまでの道中で内寄りのコースを走っている可能性が非常に高いので道中で他馬と激しく競り合っているので直線に入る前にサトノクラウンが揉まれて走る気をなくしている可能性が高いと私は考えます。
(無いとは思いますが12頭立てぐらいの少頭数で雨が降って且つ外枠ならそれなりに広い東京競馬場なので面白いとは思います。)

なので長々と書きましたが、結論的には多頭数が想定される今回はたとえ雨が降っても東京の2000mではキツイと考えます。(量はあるので東京の2400mだと根幹距離でも量が問われやすいですし摩擦が少ないのでもうちょっとマシだと思いますが。)

あとサトノクラウンの適正人気は5番人気前後、単勝オッズでいうと10倍前後です。今回はおそらくですがそれよりも人気になると思うのでそれもマイナス材料だと思います。

ただ、ここまで書いておいてあれですが正直、私自身も雨が降ったら切るまではちょっと怖いかなっと思っています。馬券対象外にしたとしても単勝期待値CではなくBに変更するかなって感じです。3連単等の3連系の方なら紐で抑えておくぶんには人気次第ではいいと思います。雨が降れば出走メンバーを見る限り相対的に有利ですからね。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

天皇賞秋2016の最終予想

2017年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

スポンサーリンク

-競馬予想
-