単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【京都大賞典2019予想】京都大賞典の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

京都大賞典2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。京都大賞典はディープインパクトなどのリーディング上位の種牡馬が強いです。なのであんまり荒れないレースですね。比較的平穏な決着になります。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

京都大賞典の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

17ラストインパクト
210タマモベストプレイ
32トーセンラー
2015

11ラブリーデイ
210サウンズオブアース
37カレンミロティック
2016

11キタサンブラック
23アドマイヤデウス
310ラブリーデイ
2017

14スマートレイアー
28トーセンバジル
33シュヴァルグラン
2018

12サトノダイヤモンド
24レッドジェノヴァ
35アルバート

京都大賞典2014の考察

この年の1着は、ラストインパクトでした。この馬は新潟記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋2戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後同様です)この馬は、父がディープインパクトで母父がティンバーカントリーなのでL主体のまとまり系とかだと思います。新潟記念では「13-13」と後方からの競馬で京都大賞典では「3-3-3-3」と前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。実はこのレースは差しから先行への位置取りショックで好走する人気薄の馬が多いので覚えておいてください。

次に、2着ですがこの年の2着はタマモベストプレイでした。この馬は丹頂S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の2600mから根幹距離の2400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋2戦目でした。この馬は、父がフジキセキで母父がサノーザンテーストなので、C主体のCL(LC)系とかだと思います。この馬は距離短縮組でした。2400mに距離短縮で挑む事自体が「異端」です。つまり、当レースに距離短縮で挑んでくるだけで要注意です。天皇賞春や阪神大賞典から直行してきた馬とかも要注意ということです。

最後に、3着ですがこの年の3着はトーセンラーでした。この馬は安田記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がリキウスなので、S主体のまとまり系とかだと思います。このパターンは1番人気なら危ないです。特に「単」が危ないです。800mの距離延長で挑む「差し馬」だからです。これはどんな馬でも堪えます。それでも3着に来れたのはやっぱり自分より弱い相手には崩れづらいまとまり系の同馬が1番人気だったからだと思います。

京都大賞典2015の考察

この年の1着は、ラブリーデイでした。この馬は宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がダンスインザダークなので、S主体のまとまり系だと思います。これは切りづらいです。上位人気のまとまり系というのもありますが、少頭数で摩擦が小さくしっかり休み明け馬体重も増えているからです。トーセンラーもそうですが、まとまり系の上位人気馬は切りづらいです。

次に、2着ですがこの年の2着はサウンズオブアースでした。この馬は天皇賞(春)(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の3200mから根幹距離の2400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がネオユニヴァースで母父がディキシーランドバンドなのでSC(L)系とかですかね。正直、休み明けの少頭数の外枠という全くこの馬に合わない条件でよく来たなって思います。実際、この馬は2016年・2017年も走っていますがともに馬券圏外です。つまり、2014年の2着馬であるタマモベストプレイ同様に、当レースに距離短縮で挑んでくるだけで要注意ということです。

最後に、3着ですがこの年の3着はカレンミロティックでした。この馬は、宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がエーピーインディなのでLC(S)系 or CL(S)系とかだと思います。正直、この馬もサウンズオブアース同様によく来たなって思います。休み明けの少頭数の外枠というのはまったく合わないからです。唯一、良いのは軽い距離延長くらいです。この馬も抑えだすとキリがないので私なら諦めます。

スポンサーリンク


京都大賞典2016の考察

この年の1着は、キタサンブラックでした。この馬は宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がブラックタイドで母父がサクラバクシンオーなので、S主体のS+++L系だと思います。この馬は宝塚記念で2番人気に支持されていました。春のG1で上位人気に支持されていて京都大賞典でも上位人気の場合は非常に切りづらいです。特に宝塚からの直行組はややこしいです。

次に、2着ですがこの年の2着はアドマイヤデウスでした。この馬は天皇賞(春)(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の3200mから根幹距離の2400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がアドマイヤドンで母父がサンデーサイレンスなのでSL系とかですかね。2014年の1着馬のラストインパクトと2着馬のタマモベストプレイの合わせ技です笑 天皇賞(春)では「6-6-7-6」とやや位置取りを下げた競馬で京都大賞典では「3-3-3-3」と前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。そして、天皇賞(春)からの距離短縮組なので異端性もありました。このように、当レースに距離短縮で挑んでくるだけで要注意ですし、差しから先行への位置取りショックを仕掛けてきそうな馬は警戒が必要です。

最後に、3着ですがこの年の3着はラブリーデイでした。この馬は、宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。2015年の覇者ですね。このレースは実は、リピーターレースでもあります。宝塚記念で4番人気で京都大賞典でも2番人気、微妙ですけど切りづらいと言えば非常に切りづらいですね。やっぱり、春のG1で上位人気に支持されていて京都大賞典でも上位人気の場合は非常に切りづらいですね。。。

京都大賞典2017の考察

この年の1着は、スマートレイアーでした。この馬は鳴尾記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がホワイトマズルなので、S主体のまとまり系だと思います。この馬は単純に鳴尾記念組からの直行だったのと極端な位置取りショックを好む馬に先行から追い込みへの極端な位置取りショックが良かったんだと思います。やはり、どのレースもMの法則の基本である異端性は重要です。

次に、2着ですがこの年の2着はトーセンバジルでした。この馬は新潟記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋2戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで母父がフジキセキなのでLC(S)系とかですかね。この馬は、2014年の1着馬のラストインパクト・2016年の2着馬であるアドマイヤデウスと同じ仕組みです。つまり、新潟記念では「14-15」と完全に後方からの競馬で京都大賞典では「3-3-3-2」と前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。しかし、この位置取りショックは非常に予想しづらいです。なぜなら、新潟記念の前の天皇賞(春)でも後方からの競馬をしていた馬が前に行くのは考えづらいからです。これは「やられた!」で諦めるしかないかなって思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はシュヴァルグランでした。この馬は、宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。この馬は、父がハーツクライで母父がマキャベリアンなのでSC(L)系 or SL(C)系とかですかね。この馬は宝塚記念が6番人気で、天皇賞(春)が4番人気なので、2016年の3着馬、ラブリーデイ同様に切りづらいんだけど微妙って感じですね。こういうタイプの馬は「単」は妙味がないでしょうね。一応、繰り返しておきますが、春のG1で上位人気に支持されていて京都大賞典でも上位人気の場合は非常に切りづらいです。

スポンサーリンク


京都大賞典2018の考察

この年の1着は、サトノダイヤモンドでした。この馬は宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がオーペンなので、S主体のまとまり系だと思います。このパターンは、2016年の3着馬、ラブリーデイ・2017年の3着馬、シュヴァルグラン同様に切るに切れない人気馬だと思います。この馬は、宝塚記念で1番人気に推されました。これは紐では抑えるしかないパターンだと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はレッドジェノヴァでした。この馬は、オールスターJ第2戦(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。京都大賞典が秋1戦目でした。この馬は、父がシンボリクリスエスで母父がホワイトマズルなのでSL系とかですかね。この馬は、2017年の1着馬のスマートレイアーに似ていますね。条件戦からの出走なので異端性があったという事ですね。私も対抗の単勝期待値Aを打ちました。別路線組で異端性がある馬はこのレースに限らず要注意ということです。

最後に、3着ですがこの年の3着はアルバートでした。この馬は、宝塚記念(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。この馬は、父がアドマイヤドンで母父がダンスインザダークなのLS系とかですかね。この馬は宝塚記念が15番人気で、天皇賞(春)が6番人気で、京都大賞典では3番人気と中途半端に人気だったので私は期待値の観点から評価を下げました。少頭数の自分より弱い相手になんとか3着は確保したって感じなのであまり気にする必要はないかと思います。

ちなみにこの年の1番人気はシュヴァルグランでした。2017年の3着馬ですね。天皇賞(春)で1番人気で京都大賞典でも1番人気です。このパターンは切りづらいのでやっぱり抑えるしかないです。実際、4着と大きくは崩れていないですからね。

京都大賞典の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①春のG1で上位人気に支持されていて京都大賞典でも上位人気の場合は非常に切りづらい。(2016年キタサンブラック・2016年ラブリーデイ・2017年シュヴァルグラン、2018年サトノダイヤモンド)

②このレースは差しから先行への位置取りショックで好走する人気薄の馬が多いので要警戒。(2014年ラストインパクト・2016年アドマイヤデウス・2017年トーセンバジル)

③当レースに距離短縮で挑んでくるだけで要注意。(2014年タマモベストプレイ・2015年サウンズオブアース・2016年アドマイヤデウス)

④別路線組で異端性がある馬はこのレースに限らず要注意。(2017年スマートレイアー・2018年レッドジェノヴァ)

⑤京都大賞典のテーマはずばり、「距離短縮と先行への位置取りショック」です。

以上、京都大賞典の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。[最強]競馬ブログランキングの1位を目指しております。ランキングへのご協力宜しくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!