単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【京成杯オータムハンデキャップ2019予想】京成杯オータムハンデキャップの狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

京成杯オータムハンデキャップ2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。京成杯オータムハンデキャップはS系の馬が強いレースですね。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

京成杯オータムハンデキャップの過去5年

年度着順馬番馬名
2014

13クラレント
26ブレイズアトレイル
37ミトラ
2015

112フラアンジェリコ
28エキストラエンド
313ヤングマンパワー
2016

110ロードクエスト
23カフェブリリアント
35ダノンプラチナ
2017

16グランシルク
23ガリバルディ
313ダノンリバティ
2018

110ミッキーグローリー
214ワントゥワン
32ロジクライ

京成杯オータムハンデキャップ2014の考察

この年の1着は、クラレントでした。この馬は関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後同様です)この馬は、父がダンスインザダークで母父がダンシングブレーヴなのでCL(S)系 or LC(S)系で良いと思います。開幕のレースなので摩擦が小さいです。上がりも速いです。なので距離短縮ショックの効果は見込めないので基本的に同距離組が有利です。過去10年の勝ち馬を見てもらえば分かりますが前走、1着か2着と好走した馬が多いです。なので「単」に関しては、多少ストレスを抱えていても良いので勢いあるS系がベターです。この馬はS系ではないですけど笑

次に、2着ですがこの年の2着はブレイズアトレイルでした。この馬は関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がダイワメジャーで母父がエルコンドルパサーなので、S主体のSL系だと思います。関屋記念で「8-5」と早めに5番手と先行して京成杯オータムハンデキャップでは「12-12」と先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けてきました。開幕は摩擦が小さいの短縮の効果が見込めないのは先ほど述べたとおりです。開幕で効果的なのはS系の位置取りショックです。特に中山はS質が強い競馬場なのでS系の位置取りショックが良いです。(まぁ、この年はL質の強い新潟開催でしたが。) 同馬は母父の影響なのか後方で矯めるとかなり速い上がりを出せる特徴を持った馬でした。そういう馬が後ろに位置取りを下げて矯めて差してきたのは好騎乗だったと思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はミトラでした。この馬は関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がシンボリクリスエスで母父がサンデーサイレンスなので、S主体のSL系だと思います。この馬は2着のブレイズアトレイルとは違って関屋記念で「8-10」と後方からの競馬で5番人気10着と凡走して京成杯オータムハンデキャップでは「4-4」と差しから先行への位置取りショックを仕掛けてきました。2着のブレイズアトレイルの位置取りショックはちょっと読みづらいですが、この馬は基本先行馬だったので前に行く位置取りショックを仕掛ければ「苦」から「楽」への位置取りショックなので買いやすいと思います。このように開幕はとにかく前走でいつもの位置取りを取れずに凡走した馬の位置取りショックが妙味アリです。

ちなみにこの年の1番人気はサトノギャラントでした。結果は5着と惜敗しました。関屋記念(G3)で上がり33.6秒の脚で差して6番人気3着と好走して1番人気になって再度、差し競馬で凡走しました。開幕で前走、差し・追い込みで好走して人気が上がって再度、差し・追い込み競馬になる可能性が高い馬は「単」は危険です。

京成杯オータムハンデキャップ2015の考察

この年の1着は、フラアンジェリコでした。この馬は七夕賞(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の1600mへの距離短縮ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がネオユニヴァースで母父がジャッジアンジェルーチなので、S主体のSL(SC)系とかだと思います。これは難しいですね。この勝利の後はまったく走っていないのでまさに嵌ったと考えるしかないかなって思います。この馬の好走要因を考える事に時間を割いてもしょうがないかなって思います。

次に、2着ですがこの年の2着はエキストラエンドでした。この馬は関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がガルドロワイヤルなのでL質寄りのまとまり系とかですかね。関屋記念で「5-5」と先行して京成杯オータムハンデキャップでは「9-4-4」と先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けてきました。あまり揉まれ強い馬ではないので内枠でなかったのも良かったと思います。とにかく開幕のS質の強い競馬場は位置取りショックに注目です。あと、ポイントとしては位置取りショックを仕掛ける前に、つまり前走、人気を裏切っている方がより良いです。

最後に、3着ですがこの年の3着はヤングマンパワーでした。この馬は、関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がスニッツェルで母父がサンデーサイレンスなのでLC(S)系 or CL(S)系だと思います。この馬もですね、関屋記念で「3-3」と先行して京成杯オータムハンデキャップでは「6-9-9」と先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けてきました。関屋記念で9番人気3着と激走したので人気以上に激走したのでより良いローテーションではないですが開幕はストレスの影響を受けにくく勢いのほうが大事なのは先述したとおりです。

ちなみにこの年の1番人気はアルビアーノでした。結果は7着と惨敗しました。関東オークスからの出走なのでかなりの異端性はありましたが、何度も言いますが距離短縮の効果は見込めません。先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けていれば勝ち負けしていたかもしれませんね。これは抑えると個人的には思います。

スポンサーリンク


京成杯オータムハンデキャップ2016の考察

この年の1着は、ロードクエストでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の1600mへの距離短縮ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がマツリダゴッホで母父がチーフベアハートなので、L主体のLC(S)系とかだと思います。G1からの格下げ戦で挑んでくる異端性のある上位人気馬ですね。当レースはローカルの重賞ではないですがやっぱりこういうG1からの格下げ戦で挑んでくるL主体の上位人気馬は切りづらいですね。位置取りと馬体重を見てもらえば分かりますが、+2キロで位置取りが「12-10-6」といつもよりグッと前に上がっています。休み明けはやはり馬体重増やしていつもより前目に行くのが良いです。

次に、2着ですがこの年の2着はカフェブリリアントでした。この馬はヴィクトリアマイル(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がブライアンズタイムで母父がカーリアンなのでSL(C)系とかですかね。休み明け、+18キロとしっかり馬体重を増やしてきました。ヴィクトリアマイルでは「3-1」という前目での位置取りだったのが京成杯オータムハンデキャップでは「8-7-8」と差しに回る位置取りショックで好走しました。本来、休み明けに馬体重を増やしてきた場合は先行して体力の優位性を活かしたほうがベターなんですがこの馬はC系の馬ではないので先行馬総崩れの中を差しに回ったのが結果的に良かったんだと思います。やはり、当レースは位置取りショックが怖いです。

最後に、3着ですがこの年の3着はダノンプラチナでした。私も単勝推奨馬に挙げました。このレースは単勝推奨馬が3,4着でした笑 この馬は、東京新聞杯(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がアンブライドルズソングなのでS主体のまとまり系だと思います。長期の休み明けにも関わらず-18キロでした。これは買えません笑 結果は3着ですがこれは2番人気では買えません。しっかり馬体重を増やして前走よりも前に行く位置取りショックを仕掛けていれば楽勝だったかもしれませんね笑

京成杯オータムハンデキャップ2017の考察

この年の1着は、グランシルクでした。この馬は中京記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がダイナフォーマーなので、L主体のLC(S)系とかだと思います。私も得意の3番手評価にしました。多少疲れが気になるも前に行く位置取りショックを仕掛ければ大崩れはしづらいかなっと思いました。実際は差し競馬で勝ちました。この馬は2014年の勝ち馬のクラレントに似ていますね。好調をキープしている馬ですね。この馬もクラレント同様、S系の馬ではないのですが好調をキープしている上位人気馬は切りづらいですね。

次に、2着ですがこの年の2着はガリバルディでした。この馬は ダービー卿チャレンジ(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がザフォニックなのでL主体のまとまり系とかですかね。休み明けで馬体重が増えてきませんでした。しかも、休み前の2走が-12キロ、-8キロと減らしていたのでこれは買いづらいです。これは諦めるしかないかなって思います。この後、一度も連対していませんので嵌ったというしかないかなって思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はダノンリバティでした。この馬は、関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がエリシオなのでS主体のSC(L)系だと思います。関屋記念で「4-4」と先行して京成杯オータムハンデキャップでは「8-7-7」と先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けてきました。このレースの王道の位置取りショックですね。関屋記念で5番人気3着と人気以上に走っていたのでちょっと最後、クビ差で2着を確保出来ませんでしたがもう少し前走軽く凡走していたら2着は確保出来たんではないかなって思います。

スポンサーリンク


京成杯オータムハンデキャップ2018の考察

この年の1着は、ミッキーグローリーでした。この馬は阿武隈S(1600万下)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の1600mへの距離短縮ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がホワイトマズルなので、S主体のまとまり系とかだと思います。私も得意の3番手評価にして、3連系の軸ならこの馬でしょうと半分降参していました笑 これは切れないです。条件戦を圧勝してストレス・疲労ともに無いですし初の重賞挑戦と鮮度ある状態。そして、阿武隈Sの位置取りを良く見て欲しいのですが「9-8-2-2」と早め先頭での押し切り勝ちです。これは相当、闘争心が高ぶっている状態です。そんな状態の馬が短縮で向かってくるのでこれは歯向かえません笑 ちょっとビックリしたのが2ヶ月の間隔で+8キロとちょっと緩めてきたことです。緩めたので短縮のペースについていけず差し競馬になる。先行から差しに回る位置取りショックだからいいんじゃないの?って意見もあると思いますが+8キロでは差し脚が鈍って届かない可能性も出てきます。それでもしっかり差しきったところから心身ともに充実している事を証明しているでしょう。さすがに次走はG1でさらに増えてきて差し競馬では5着と負けましたが。。。逆に言うとこれで5着ですからG1でも勝ち負けできる能力はあるということです。

次に、2着ですがこの年の2着はワントゥワンでした。この馬は関屋記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がファルブラヴなのでS主体のまとまり系とかですかね。これは2014年の1番人気馬であるサトノギャラントのパターンと似ていて、前走追い込んで接戦負けで人気が上がって再度、差しのパターンです。これは「単」は期待値が低いです。私も無印にしました。実際は馬体重をしっかり絞ってこの馬なりに集中して外から差してきました。増えてきていれば凡走していたでしょう。それだけ集中していたということです。このパターンは「単」は避けた方が良いです。差す事に「飽きている」からです。

最後に、3着ですがこの年の3着はロジクライでした。この馬は、中京記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。京成杯オータムハンデキャップが秋1戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がマキャベリアンなのでS主体のSC(L)系とかだと思います。この馬も危険と判断して切りました。前走の中京記念を3ヶ月しっかり間隔空けて+10キロでしっかり体力を充電して気持ちよく先行して5番人気2着と好走して体力の放出をしたからです。で、同距離の坂のある中山1600m変わりです。しかも人気も2番人気なので少なくとも「単」は買いづらいです。それでも差し馬有利な流れのなかしっかり3着に残った事から状態の良さが分かるでしょう。実際、このレースを2番人気3着と軽く凡走をしてストレス・疲労を吐き出して次走はしっかり勝っています。私も仕方なく3番手評価に次走は挙げました。

京成杯オータムハンデキャップの狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①とにかくS系の位置取りショック。ここ最近はエアレーションの影響で開幕でも差しが不利って事もないので先行から差しへの位置取りショックも有効的。

②逆に危険なのが平坦なコースで追い込んで接戦を演じて今回も差し・追い込み競馬をしそうな馬。

③開幕はストレスの影響を受けにくいのでストレスよりも勢いを重視した方がベター。

④G1からの格下げ戦で挑んでくるL主体の上位人気馬は切りづらい。

⑤京成杯オータムハンデキャップのテーマはずばり、「勢いと位置取りショック」です

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!