単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【中山金杯2018】レース回顧をしてみる

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

それでは、1月6日(土曜日)に行われました中山金杯2018のレース回顧をしたいと思います。今回は3日連続開催でしたが、3重賞ともに比較的固い決着で特に勝ち馬に関しては中山金杯が1番人気、京都金杯が4番人気、フェアリーステークスが2番人気、シンザン記念が1番人気と単複勝負の私としては非常に辛いレース結果でした。ただ、全ての重賞で1・2番人気の馬のどちらかを3番手評価もしくは4番手評価にして切るに切れない人気馬だという評価にしておいたので読者の中にはしっかり当てることが出来た方もいらっしゃって実際、わざわざメッセージも頂き、私としては本当に嬉しかったです。中山金杯ならウインブライトを「正直なところこの馬が5番人気とかならこの馬を迷わず本命にします」と書いていましたし、シンザン記念ならアーモンドアイに対して「素直にいくならこの馬かなっと思うのですが」っと書いておいたので馬連やワイド・3連系の方はウインブライトやアーモンドアイを軸にして的中されたみたいでホッとしました。私は単勝を中心とした単複勝負しかしないのでどうしても1,2番人気は期待値が低く的中したとしても回収率が低いので買えないのです笑 なので特に3連系の方は3,4番手評価に私が上位人気馬を持ってきて切るに切れないニュアンスの事を書いていたらそちらを軸にするほうがベターかもしれません。そのへんは読者の方の的中率と回収率のバランスをどの程度の水準に置かれているのか分からないのでお任せします。私としては読者の方がとにかく的中して喜んでいただければただただ嬉しいです。それでは、中山金杯2018のレース回顧に入りたいと思います。(最終予想はこちら)

スポンサーリンク

中山金杯2018 レース結果

1着 セダブリランテス 単勝期待値 B
2着 ウインブライト 単勝期待値 B
3着 ストレンジクォーク 単勝期待値 -

1着のセダブリランテスは、最終予想でも書きましたが本来は非根幹距離向きですが中山の根幹距離で自分より弱い相手ならそこまで悪い条件ではないので渋々4番手評価にしました。まだまだ鮮度もありますので多頭数の摩擦のあるレースにも耐えれると思います。ただ、G1とかになってくるとそこまでの集中力がないですしキタサンブラックのような突き抜けた闘争心もないので厳しいと思います。良くてG2ぐらいかなっと思います。集中しているウインブライトに勝ったのはある程度評価できると思います。

2着のウインブライトは、中山金杯の出走メンバーをパッと見た段階でこの馬が勝つかなっと正直思ったぐらいここでは崩れないだろうなっと思っていました。当てたいだけならこの馬を本命にすればいいのですがあくまで期待値の高い馬を探すのが当サイトの目的で特に今年は「攻めの競馬予想」をテーマにしているので最終予想でも書いたように対抗にもしませんでした。去年ならおそらく対抗に据えていたと思います笑 今は充実していて集中しているので多頭数の内枠でそれなりに摩擦もありあがりもかかる競馬なら2着でもちょっと不甲斐ないと思うレベルです。ここは正直、しっかりと勝って欲しかったです。次走、どのレースに出走するのか分かりませんがちょっと疲労が心配になってくるので次走以降は馬体重に注意した方がいいと思います。

3着のストレンジクォークは、古馬混合重賞が初と鮮度ありましたが前走、1600mから2000mの距離延長を前に行く位置取りショックで7番人気1着と激走してしまったのでストレスと疲労が心配で少し気になったのですが消しました。S系の馬で格上げ戦・初重賞と鮮度あって勢いもあったので10番人気であればもう少し評価しても良かったかもしれませんがあまり集中力はないのでレアリスタやマイネルミラノを評価する形を取ってしまいました。

スポンサーリンク


中山金杯2018 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、レアリスタとマイネルミラノの2頭を挙げました。結果は8番人気14着と12番人気11着と惨敗でした。レアリスタはS質の競馬場が本当に駄目だということが良く分かりましたので次走以降は頭にしっかり叩き込んでおこうと思います。マイネルミラノはこのローテーションで+12キロはさすがに増えすぎで走れませんのでそもそも買う必要は無かったと思います。最終予想でも馬体重の大幅な増減、特に増えすぎに注意したいです。と書いておいたので読者の方も評価をきっと下げてくれたと信じています。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは、ダイワキャグニーとブラックバゴとデニムアンドルビーの3頭の馬を挙げました。結果はダイワキャグニーは3番人気5着、ブラックバゴは4番人気4着、デニムアンドルビーは6番人気7着となり、人気よりは走ってこなかったのでやはり危険といえば危険だったかなっと思います。ブラックバゴはキツイローテーションにも関わらず4着に走ってこれたのはやはり中山適性の高さだと思います。負けはしましたが強い内容だと感じました。ダイワキャグニーは週中の分析でも書いたとおり、適度に弱い相手の人気時もしくは適度に強い相手の人気薄時に狙う馬であって適度に強い相手の人気時は買わないほうがいいと思います。デニムアンドルビーは純粋にストレスの影響なのでよく頑張ったと思います。

以上、中山金杯2018のレース回顧でした。ウインブライトがしっかりと連対してくれた事以外は特に収穫のないレースでした笑 他の重賞の結果で気になる馬はフェアリーステークスの1着から3着の馬ですかね。特に、スカーレットカラー・レッドベルローズが気になりますのでしっかり今後のレースを注視したいと思っています。今週は、攻めに攻めたのはいいですが全く本命馬が絡まず、すみませんでした。。。ただ、攻め続けますので応援よろしくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

中山金杯2017の最終予想

2017年度的中実績
2018年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!