【競馬予想】単複勝負.com

今週は、オールカマー2018を大予想!

【中山牝馬ステークス2018】レース回顧をしてみる

それでは、昨日行われました中山牝馬ステークス2018のレース回顧をしたいと思いますが、先にお知らせがあります!毎週、土曜日の22時からツイキャスで日曜日のメインレースの予想をいろいろお話ししたり皆さんのご質問に答えたりすることにしました。早速昨日から始めてみたのですが50人から60人ぐらいの方が聴いて下さって大変感謝しております。来週もやりますのでご視聴して頂ければ幸いです。ツイキャスでお話しした内容は録音してあるのでリアルタイムで聞けなかった人もあとで聴けますので是非、聴いてみてください。さて、今週の予想ですが阪神スプリングジャンプ2018はほぼ完璧に当てる事が出来て、おまけで書いた土曜日のトリトンステークス2018も推奨馬がしっかり勝ってくれました。そして本日行われたフィリーズレビュー2018もほぼ完璧な予想で単複・馬連・馬単・3連系すべて的中できました。読者の方からもお礼のメッセージを多く頂き非常に嬉しかったです。ただ、肝心の勝負レースに指定した中山牝馬ステークス2018は外してしまいましたので大変申し訳なかったです。想定と違う位置取りをされたりとかいろいろありますが競馬予想は結果がすべてで言い訳は見苦しいので一切しません。それでは、中山牝馬ステークス2018のレース回顧に入りたいと思います。(最終予想はこちら)

スポンサーリンク

中山牝馬ステークス2018 レース結果

1着 カワキタエンカ 単勝期待値 B
2着 フロンテアクイーン 単勝期待値 B
3着 レイホーロマンス 単勝期待値 C

1着のカワキタエンカは、大外枠なので無理に行かず控えるかと思いましたがしっかり逃げて馬場も味方して圧勝でしたね。前走の負け方が不甲斐なかったので休み明け2戦目で変わり身を見せるか微妙だったので6,7番手評価にしました。この結果からも一般的なディープインパクト産駒ではなく、すなわりL質寄りのまとまり系ではなくたまにいるS主体のSL系であることが改めて分かりました。このレースが行われる前からこの馬はどちらかというとS主体の馬だなって思ってはいましたがディープインパクト産駒が京都の1600mでこんな不甲斐ないレースをするかなっと前走を見て思ってしまったので評価するのを躊躇いました。今後はSL系だという認識でしっかり予想をしていこうと思います。読者の方の中には私の激走する逃げ馬の見つけ方のコラムを読んでカワキタエンカを買ってしっかり的中された方もいらっしゃいました。お見事の一言に尽きます。。。

2着のフロンテアクイーンは、昨日のツイキャスでも補足説明で好走はしてくると思いますがメイショウサムソン産駒なので多分勝てないと思いますので紐がベターだと思いますと話して実際、やっぱり勝てませんでした。ちょっと人気になりすぎたのも可哀想でしたがこのタイプの馬は人気では単勝期待値が低いのであくまで紐でしっかり抑える形が良いと思います。今現在、この馬はかなり充実しているので多少はストレスに耐えて頑張ると思います。

3着のレイホーロマンスは、ツイキャスでもこの馬が1番強い内容だったと話したとおり相当強かったと思います。私が予想した段階では2,3番人気ぐらいだったので躊躇い無く消しましたが当日は9番人気、しかも馬場が渋っていたので正直ちょっと怖いなって思っていました。人気自体は週中に想定していた人気どおりだったのでそこまで気にしませんでしたが馬場が渋ったのですこし怖かったです。週中の段階では単勝期待値Cをつけましたが、週中の予想ではいつも良想定で予想しているので、馬場が渋ればこの馬の場合、好走確率は高まるので評価を柔軟に変えて欲しいです。馬場が渋れば馬群がばらけてストレスの影響を受けづらくなるからです。ただ、私は3着に来たから単純に強いと思ったわけではなく前走の激走の反動なのか-12キロと決して良い状態ではない中でしっかり差してきたのが凄いなって思ったのです。単純なL系の馬ではなくかなり集中力がある馬ですね。一旦、馬体重の回復に努めてもらいたいです。牝馬限定のG1なら人気薄で非常に面白い馬だと思います。

スポンサーリンク


中山牝馬ステークス2018 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、ゲッカコウとキンショーユキヒメの2頭を挙げました。結果は10番人気6着と8番人気7着と人気以上には走ってきてくれましたが非常に中途半端な結果になってしまいました。ゲッカコウは前が圧倒的に有利な今の中山の馬場状態で逃げる位置取りショックを期待したのですが4番手と先行はしてくれたものの何とも中途半端な位置取りになってしまって位置取りショックの効果があまり出ませんでした。もう少し思い切った騎乗が出来ないものかと思ってしまいましたがまぁ、しょうがないですね。キンショーユキヒメもほぼ同様の理由ですね。前に行く位置取りショックを期待しましたがまさかまさかの中団からの競馬になってしまいました。差し競馬になれば位置取りショックも無く揉まれてしまってアウトなのでむしろそこそこ頑張ったなって個人的には思いました。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは、エテルナミノル・エンジェルフェイス・レイホーロマンスの3頭を挙げました。結果は5番人気10着・7番人気8着・9番人気3着とレイホーロマンス以外の2頭はしっかり馬券圏外に沈んでくれました。レイホーロマンスはさきほど書いたとおりですね。エテルナミノルは本当に純粋なL主体のLC系でストレスある中で最内はかなりつらいので凡走しても当然で全く気にする事はないですね。この凡走でストレスが薄れたと思うので次走以降、得意な条件であれば前進してくると思います。エンジェルフェイスはSL系の馬で中山の1800m自体は合うのですが前走、距離短縮ショックで好走した反動があるなかで400mの距離延長だったので辛く感じたと思います。この馬もしっかり先行して凡走していますので全く気にする必要はないと思います。次走以降、少頭数の距離短縮等のローテーションであれば巻き返してくる可能性は高いと考えます。

以上、中山牝馬ステークス2018のレース回顧でした。ブログでは説明しきれない事などをツイキャスでじっくりお話ししていこうと思いますので是非、土曜日22時からやっていますので聴きに来て下さい。よろしくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在8位)
[最強]競馬ブログランキング(現在73位)
人気ブログランキング(現在11位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

中山牝馬ステークス2017の最終予想

2017年度的中実績
2018年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが投資家として為替予想と株式銘柄分析もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想