単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【中京記念2019予想】中京記念の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

中京記念2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。中京記念は2012年から1600mに変わりました。私は中京記念は2000mの時代が好きでした。なので未だに2000mと思って予想してしまったりします。。。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

中京記念の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

稍重

115サダムパテック
214ミッキードリーム
38マジェスティハーツ

2015

16スマートオリオン
21アルマディヴァン
310ダローネガ
2016

113ガリバルディ
27ピークトラム
312ケントオー
2017

13ウインガニオン
26グランシルク
315ブラックムーン
2018

116グレーターロンドン
212ロジクライ
34リライアブルエース

中京記念2014の考察

この年の1着は、サダムパテックでした。この馬は安田記念(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がフジキセキで母父がエリシオなのでCL系だと思います。馬場が渋ると距離短縮組が有利になるのが1600mのレースの特徴です。え?この馬、同距離ですよ。育児で疲れていますか?って声が聞こえてきました。たしかに同馬は同距離ショックです。ですが、ポイントは近走走った距離です。安田記念の前は、1800m・2200mです。しかも安田記念は不良馬場です。つまり良馬場の1600mよりもタフになるので実質的に良馬場の1600mよりも長い距離を走ったような感覚になるので距離短縮ショックに近い効果が得られやすいです。馬場が渋った中京記念は距離短縮ショック組、中距離実績馬、中距離経験が直近ある馬が要注意です。

次に、2着ですがこの年の2着はミッキードリームでした。この馬は都大路S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の1600mへの距離短縮ショックだったことになりますね。中京記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がサンデーサイレンスなのでS主体のまとまり系でざっくりとは良いと思います。この馬は距離短縮組です。しかも1600m→1800m→1600mのバウンド距離短縮ショックです。先ほど、サダムパテックのところで書きましたが繰り返しておきます。馬場が渋った中京記念は距離短縮ショック組、中距離実績馬、中距離経験が直近ある馬が要注意です。

最後に、3着ですがこの年の3着はマジェスティハーツでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の1600mへの距離短縮ショックだったことになりますね。中京記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がボストンハーバーなので、SL(LC)系だと思います。この馬も距離短縮ショックです。ちなみにこのレース、距離短縮ショックで挑んできた馬は他に、ダイワマッジョーレとダノンヨーヨーと1番人気のフラガラッハでした。ダイワマッジョーレは休み明けだったので、実質的に距離短縮で挑んできた馬は、ミッキードリームとマジェスティハーツとダノンヨーヨーとフラガラッハだけでした。かなり距離短縮組が有利な事が分かります。これ知ってるだけで中京記念というか1600mの重賞はかなり当たりやすくなると思います。

ちなみにこの年の1番人気はフラガラッハでした。結果は10着と大敗しました。父がデュランダルで母父がトニービンと短距離が得意なSC系ですね。しかもこの馬は2013年の同レースの覇者です。2000mから1600mへの距離短縮で非常に切りづらいです。ここは抑えるしかないでしょうね。凡走した理由は中京記念の前の鳴尾記念を10番人気3着と激走したストレスと疲労でしょうね。特に、デュランダル産駒はハーツクライに似て疲れやすいので。

中京記念2015の考察

この年の1着は、スマートオリオンでした。この馬はパラダイスS(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長ショックだったことになりますね。中京記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がグラスワンダーで母父がウイニングチケットなので、SL系だと思います。正直、良馬場の1600mと言えども良く来たなぁ~って思います。私は買えません。中京記念が初のマイル重賞で距離に対してマンネリ感はたしかにありません。しかも1200m中心に使われてきた馬なので前走の短期的なストレスはあるものの疲労面はあまりありません。良馬場の1600m、しかもローカルのG3戦の中京記念では短距離のスピードの持続で押し切る事が可能なので距離に対してのマンネリ感や短期的な疲労がなければ警戒はしたほうがいいのかもしれませんね。そもそも中京記念はあまり摩擦が大きくならないので前走激走してストレスを抱えていてもそれほどマイナス材料にはならないです。

次に、2着ですがこの年の2着はアルマディヴァンでした。この馬はパラダイスS(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長ショックだったことになりますね。中京記念が年明け7戦目でした。この馬は、父がメジロベイリーで母父がメジロライアンなのでLC系で良いと思います。この年は距離延長の人気薄の馬がワンツーしたのでかなり荒れました。古馬混合の1600mは初ですし古馬混合の重賞自体も2度目と鮮度はありますが近走で一度、前に行って活性化したわけでもないのでこの馬も非常に狙いづらいです。このレース、距離延長組は16頭中6頭(間違っていたらすみません)とそこまで異端性があったわけでも無いです。なので、やはり繰り返しになりますが狙いづらいです笑 敢えていうならばマイル重賞の鮮度が高い馬で且つ、短距離中心に使われていた馬は良馬場では要注意と言ったところでしょうか。

最後に、3着ですがこの年の3着はダローネガでした。この馬は、湘南S(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け3戦目でした。この馬は、父がダイワメジャーで母父がホワイトマズルなのでS主体のまとまり系だと思います。この馬のリズムはこのレースに限らず面白いです。何が面白いのか?1年以上ずっと1600万条件で走っていて久しぶりの重賞だからです。言い換えるならばずっと同じようなメンバーとの対戦からの開放感で闘争心に満ち溢れているからです。結果は3番人気3着、着差0.1秒差の接戦負けですがこういう馬はこのレースに限らず面白いです。

ちなみにこの年の1番人気はカレンブラックヒルでした。結果は7着と惜敗しました。安田記念(G1)を後ろからの競馬で「苦」を味わって中京記念では前に行く位置取りショックで「楽」を感じましたが凡走しました。これは、馬体減りが続いたのが一番の原因ではないかなって思います。安田記念が2ヶ月間隔を空けて-10キロと大幅に減らしてきたにも関わらずさらなる馬体減り、これでは踏ん張りが効かない可能性が高いですね。

スポンサーリンク


中京記念2016の考察

この年の1着は、ガリバルディでした。私も単勝期待値Aをつけました。(参考記事はこちら) この馬は米子S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がザフォニックなので、L主体のまとまり系ですね。初の重賞挑戦と鮮度ある状態、スローのヨーイドンで上がり33.6秒の脚で勝ちました。馬場・展開が向いたのもありますが苦手な重馬場から良馬場にも変わっているのに7番人気と下位人気なら期待値は高いでしょう。

次に、2着ですがこの年の2着はピークトラムでした。この馬は谷川岳S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がチチカステナンゴで母父がスペシャルウィークなので、L(SC)系ですね。初の古馬混合重賞と鮮度ある状態、ずっと条件戦とオープン特別を走っていたので開放感がこの馬もありましたので評価すべきでしたが私は人気を嫌って(私が予想した段階では4番人気想定でした)、評価を少しさげてBにしました。中京記念の前走が広い新潟の1600mで接戦勝ちだったのでちょっと嫌がるかなって思いました。ただ、実際は2ヵ月半間隔空けて軽く馬体重を増やして先行する位置取りショックで好走しました。チチカステナンゴ産駒はL主体の馬でストレスに弱いと知っていたのでその知識が悪い方向に行ってしまいました。やはり良馬場の中京記念はあまりストレスは関係無いです。。。

最後に、3着ですがこの年の3着はケントオーでした。この馬は米子S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け7戦目でした。この馬は、父がダンスインザダークで、母父がトウカイテイオーなのでCL(S)系 or LC(S)系とかでしょうね。前走圧勝でストレス・疲労ともに少ないのですが読売マイラーズC(G2)と阪急杯(G3)が惨敗で重賞ではワンパンチ足りないCL系だろうなって思ったので人気も嫌って評価を下げました。実際、このレースで3着に来たあとは重賞では一度も馬券圏内に来ていないのでこの時の判断は間違っていなかったと思います。格上げ圧勝組は素直に評価しろってことですかね。。。

ちなみにこの年の1番人気はダッシングブレイズでした。結果は10着と人気を裏切りました。短縮向きの同馬が延長でしかも多頭数の中枠です。この馬は闘争心(S質)は強いですが集中力は希薄です。そういうタイプの馬が人気で多頭数のレースで揉まれると危ないです。しかも延長で根幹距離に向かうとなるとさらに危なくなります。これはしょうがないでしょう。

中京記念2017の考察

この年の1着は、ウインガニオンでした。この年は馬連3点目で的中しました。この馬はパラダイスS(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長ショックだったことになりますね。中京記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がポリッシュネイビーなので、LC(S)系ですね。初の重賞挑戦と鮮度あり多頭数の内枠とそれなりに集中できる状態だったので4番手評価にしました。オープン特別とはいえ、2走前(谷川岳S)に逃げて12番人気1着の接戦勝ち、前走(パラダイスS)を逃げて3番人気1着の接戦勝ちと短期的なストレスと疲労が懸念されましたが2番手に控えての圧勝でした。やはり良馬場の中京記念はストレスの影響を受けにくいですね。

次に、2着ですがこの年の2着はグランシルクでした。私の本命でした。この馬はパラダイスS(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長ショックだったことになりますね。中京記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がダイナフォーマーなので、LC(S)系ですね。前走、1番人気2着と軽く凡走しての多頭数の内枠だったので、ウインガニオンよりこちらの馬を評価しました。この結果を見ても同路線ストレスが大きいウインガニオンの方が先着していますのでストレスの影響を受けにくいレース質になりやすい事が良く分かると思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はブラックムーンでした。この馬は米子S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がアドマイヤムーンで、母父が ジェネラスなのでSL(C)系とかでしょうね。ちょっと母方の影響で集中力が希薄なので格上げ戦・頭数アップ・上位人気ではちょっときついかなって思いましたが何とか豪腕デムーロ騎手のおかげで3着に喰いこみました。外枠に入ってきたのも良かったでしょう。

スポンサーリンク


中京記念2018の考察

この年の1着は、グレーターロンドンでした。この年は辛うじて3連複だけ的中しました。この馬は京王杯スプリングC(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長ショックだったことになりますね。中京記念が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がドクターデヴィアスなので、S主体のまとまり系ですね。私は5番手評価にしました。復活するならこの舞台かなって最終予想で書きました。前に行く位置取りショックを仕掛けて欲しいと書いて実際、前走の最後方の競馬から中段待機の前に行く位置取りショックを仕掛けてきて何とか差しきりました。当レースは距離延長組が良く来ています。それはずっと話しているとおりレースの摩擦が小さいレースなので集中力がない馬でも上がりの適性さえ高ければ何とかなるからです。なのでローテーションというより良馬場なら軽いレース質にマッチしている馬かどうかの適性をしっかり見たほうが良いです。

次に、2着ですがこの年の2着はロジクライでした。私も対抗の単勝推奨馬に挙げました。この馬は読売マイラーズC(G2)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1600mへの同距離ショックだったことになりますね。中京記念が年明け5戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がマキャベリアンなので、SL(C)系とかですね。前走、3番人気7着と軽く凡走して短期的なストレス・疲労を取り、逃げから軽く控える位置取りショックを仕掛ければ面白いと思い、評価しました。実施、逃げから4番手へと軽く位置取りを下げてくれました。間隔空けてきたので馬体重が増えてきたのは良かったですが+10キロだったのでちょっと太め残りだったかなって思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はリライアブルエースでした。この馬は京王杯スプリングC(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長ショックだったことになりますね。中京記念が年明け6戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がアンユージュアルヒートなのでS主体のまとまり系でしょうね。格下げ戦の直線の長い上がり勝負は強いディープインパクト産駒なので私も4番手評価にしました。このように非根幹距離の1400mから根幹距離の1600mへの距離延長組が結構多く連対しています。パラダイスS(OP)を連対している馬も良く好走しています。これらの事からタイプ的にLC系や量主体のまとまり系が良馬場であれば有利であるレース質ということが分かるでしょう。

中京記念の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①中京記念は良馬場であれば、かなりレース質が軽い(摩擦が小さい)ので前走のストレスの影響を受けにくい。(当然、ストレスは無い方が良いですよ)

②馬場が渋って稍重・重とかになると一転、レース質が重くなり(摩擦が大きくなり)、距離短縮ショック組、中距離実績馬、中距離経験が直近ある馬が要注意である。

③過去の傾向を見ても分かるとおり、特に最近は高速馬場化しているので、速い上がりを繰り出せる量系(L系)の馬が基本的に有利である。ただし、良馬場だが上がりのかかるタフな馬場状態であればスペシャルウィーク産駒やジャングルポケット産駒、アグネスデジタル産駒などの混戦に強いSC系が怖くなるので覚えておいた方が良い。

④様々なマンネリ感から開放された馬は怖いので人気薄であれば狙っていきましょう。初のマイル挑戦とか初重賞挑戦とかですね。いつもと違った環境になってリフレッシュされている馬は中京記念のレース質がLC系向き、つまりL主体の馬向きなので良い気分転換になるので怖いです。

⑤中京記念のテーマはずばり、「馬場の見極め」です。

以上、中京記念の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!