単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【七夕賞2019予想】七夕賞の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

七夕賞2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。七夕賞はローカルのG3ってことでいろんなローテーションでレースに挑んできますね。どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

七夕賞の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

12メイショウナルト
24ニューダイナスティ
37マイネルラクリマ

2015

111グランデッツァ
212ステラウインド
37マデイラ
2016

18アルバートドック
24ダコール
312オリオンザジャパン
2017

18ゼーヴィント
211マイネルフロスト
312ソールインパクト
2018

14メドウラーク
25マイネルサージュ
38パワーポケット

七夕賞2014の考察

この年の1着は、メイショウナルトでした。この馬は鳴尾記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け3戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がカーネギーなのでSL系だと思います。鳴尾記念では逃げずに先行する競馬で七夕賞では逃げる位置取りショックを仕掛けての快勝でした。内枠だったので思い切って逃げたのかもしれませんね。福島競馬場はS質が強い競馬場なのでこのようにS系の馬が得意とする逃げられなかった逃げ馬の逃げる位置取りショックは効果的でしょうね。

次に、2着ですがこの年の2着はニューダイナスティでした。この馬は仁川S(OP)からのローテーションだったので根幹距離のダ2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け2戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がダイナフォーマーなのでS質寄りのまとまり系だと思います。前走がダート戦で約4ヶ月の休み明けなのでかなりの異端性があります。しかも2000mにも実績があります。にも関わらず10番人気はちょっと人気薄すぎたかなって思います。約4ヶ月の休み明けにも関わらず増減無しでしたが休み前に+16キロも増えていたので問題なかったでしょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はマイネルラクリマでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け5戦目でした。この馬は、父がチーフベアハートで母父がサンデーサイレンスなので、LC(S)系かなって思います。非根幹距離の1800mを4番人気2着、着差0.0秒の接戦負け直後の根幹距離への距離延長で且つ、多頭数のレース。このレース、同馬は1番人気でした。つまり自分より弱い相手でした。L主体の同馬にとっては、接戦負け直後の根幹距離というマイナス材料と自分より弱い相手というプラス材料、非常に判断に悩みますが3着という結果から少なくとも「単勝」は危険かなって個人的には思います。

七夕賞2015の考察

この年の1着は、グランデッツァでした。この馬は鳴尾記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け4戦目でした。父がアグネスタキオンで母父がマルジュなので完全なるL系の馬ですね。鳴尾記念を3番人気5着と軽く凡走して巻き返してきました。2014年の勝ち馬のメイショウナルトも鳴尾記念を凡走して巻き返してきました。これらの事から鳴尾記念ほどのメンバーではない可能性が高いので実質的に格下げ戦になる事と阪神の2000mほどのタフさを求められない事から「苦」から「楽」に感じられるローテーションなのかもしれませんね。なので鳴尾記念を凡走して挑んでくる馬は警戒が必要でしょう。特に、メイショウナルトもグランデッツァも先行しての凡走だったので鳴尾記念を先行して凡走した馬は要注意と言えるでしょう。

次に、2着ですがこの年の2着はステラウインドでした。この馬は目黒記念(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2500mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け5戦目でした。この馬は、父がゼンノロブロイで母父がスピニングワールドなのでLC(S)系で良いと思います。500mの距離短縮はL主体の馬なので基本的には好まないと思いますが頭数ダウンの揉まれづらい6枠、そして2000mに実績があるのでそこまで悪い事はないですね。私の経験上、ゼンノロブロイ産駒の6枠はなぜか怖いです。私は6枠というだけで警戒するほどです。L系の馬の場合、大幅な短縮は向きませんが相手弱化(格下げ戦)で且つ、揉まれない外枠で2000m以下の距離での連対実績があれば人気薄では要注意といった感じかと思います。私はちょっと買いづらいですけどね。。。

最後に、3着ですがこの年の3着はマデイラでした。この馬は福島民報杯(OP)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け4戦目でした。この馬は、父がクロフネで母父がサンデーサイレンスなので、SL系の馬ですね。この馬は、福島民報杯(OP)で最後方からの競馬になり「苦」を感じて、七夕賞で追い込みから先行への位置取りショックで好走しました。2014年の勝ち馬のメイショウナルトもそうですが、前に行く位置取りショックが効果的なようですね

ちなみにこの年の1番人気はレコンダイトでした。結果は12着と惨敗しました。目黒記念(G2)を2400mから2500mへの軽い距離延長ショックで4番人気2着と好走した直後で反動があるハーツクライ産駒が500mの距離短縮で挑んできました。しかも1番人気と格下げ戦で挑んできました。これは非常に期待値が低いパターンですね。喜んで消して良いと思います。

スポンサーリンク


七夕賞2016の考察

この年の1着は、アルバートドックでした。この馬はエプソムC(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け5戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がアンユージュアルヒートなので、S質寄りのまとまり系ですね。この馬は、18頭立てのエプソムC(G3)を「11-12-11」という位置取りで競馬して16頭立ての七夕賞では「8-8-7-4」と差しからやや先行への位置取りショックを仕掛けています。やはり、このレースは前に行く位置取りショックが効果的なようですね。七夕賞で鞍上が無難な戸崎騎手に乗り変わったのが良かったのかもしれませんね。

次に、2着ですがこの年の2着はダコールでした。この馬は新潟大賞典(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がアンブライドルドなので、L質寄りのまとまり系ですね。小倉大賞典(G3)を追い込んで6番人気2着の接戦の好走→反動が出て新潟大賞典(G3)を5番人気4着と軽く凡走→ストレス薄れて七夕賞(G3)で5番人気2着ですがS質が強い福島競馬場変わりで多頭数の内枠なので私は評価出来ませんでした。このパターンは例外的に捉えておいた方が良いかもしれません。

最後に、3着ですがこの年の3着はオリオンザジャパンした。この馬はアハルテケS(OP)からのローテーションだったので根幹距離のダ1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け4戦目でした。この馬は、父がクロフネで、母父がサンデーサイレンスなのでSL系といった感じでしょうね。2014年の2着馬、ニューダイナスティと同じダートからのローテーション、2015年の3着馬、マデイラと同じクロフネ産駒ですね。共通して言える事は、S主体の馬である事と超人気薄だった事ですね。このパターンは紐で警戒した方が良いでしょう。福島競馬場はS質が強いので。。。特にダートから参戦する異端性があるS主体の馬は人気薄で怖いですね。

ちなみにこの年の1番人気はシャイニープリンスでした。結果は9着と惨敗しました。福島民報杯(OP)を9番人気1着→新潟大賞典(G3)を8番人気3着と短期的なストレス・疲労を抱えている状態でした。この年の七夕賞は16頭の多頭数であった事とキングヘイロー産駒でストレスに弱いL系だったのでどちらかというと危険な人気馬だったと言えるでしょう。

七夕賞2017の考察

この年の1着は、ゼーヴィントでした。この馬はアメリカジョッキーC(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け2戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がブライアンズタイムなので、S質寄りのまとまり系ですね。この馬は、このレースが約半年ぶりのレースでしたのでかなり異端性がありました。私も切るに切れない人気馬だと考え、得意の3番手評価にしました。この年は12頭と少頭数だったのもまとまり系の同馬にとって良かったでしょう。少頭数の場合は同馬のようなS主体のまとまり系は人気でも切りづらいでしょう。

次に、2着ですがこの年の2着はマイネルフロストでした。この馬は鳴尾記念(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け5戦目でした。この馬は、父がブラックタイドで母父がグラスワンダーなので、SL系ですね。要注意の鳴尾記念組ですね。この馬は、新潟大賞典(G3)を11番人気2着→鳴尾記念(G3)を7番人気3着と好走したので2016年に凡走した1番人気のシャイニープリンスに似ていて蓄積されたストレス・疲労が心配で無印にしました。3着も4着も5着も抑えていたのでショックでした笑 短期的な疲労に弱いブラックタイド産駒だったので結構自信を持って消した記憶があります。実際、当時の記事を見ると単勝期待値Cをつけています。何故、好走できたのか?それは少頭数で摩擦が小さかった事と揉まれづらい外枠に入った事ですかね。それでも非常に中途半端な人気だったので買いづらいですが。。。

最後に、3着ですがこの年の3着はソールインパクトした。私も対抗に挙げました。この馬は芦ノ湖特別(1000万下)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2000mへの距離短縮ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け7戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで、母父がエクスチェンジレイトなのでL質寄りのまとまり系といった感じでしょうね。条件戦からの格上げ戦で異端性があり、初の重賞挑戦と鮮度ある状態でした。にも関わらず7番人気、これは期待値が高いと思います。格上げ戦で挑んでくる馬は異端性と重賞鮮度が高いのでこのレースに限らず、Mの法則においては期待値が高いのでしっかりと抑えておきたいですね。

スポンサーリンク


七夕賞2018の考察

この年の1着は、メドウラークでした。この年は完敗でした。この馬は米子S(OP)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け4戦目でした。この馬は、父がタニノギムレットで母父がクロフネなので、SC(SL)系ですね。格上げ戦で異端性があり強い相手向きの馬ですが少頭数で且つ、リズムも悪くさすがに狙えませんでした。重賞鮮度も無く人気薄でも難しいですね。。。

次に、2着ですがこの年の2着はマイネルサージュでした。この馬は福島民報杯(OP)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2000mへの同距離ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け4戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで母父がサンデーサイレンスなので、LC(S)系ですね。七夕賞が約3ヶ月の休み明けだったので別路線で異端性がありました。前走、接戦勝ちのL系の馬ですが間隔を空けてきた事と少頭数であった事が良かったと思います。少頭数はこのように紛れが多いので本当に難しいですね。メドウラークもマイネルサージュも、別路線で異端性があったことから人気薄の異端組は一定の警戒は必要でしょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はパワーポケットした。この馬は夏至S(1600万下)からのローテーションだったので根幹距離のダ1600mから根幹距離の2000mへの距離延長ショックだったことになりますね。七夕賞が年明け8戦目でした。この馬は、父がエンパイアメーカーで、母父がタマモクロスなのでLC(S)系といった感じでしょうね。ダートからの出走なのでこの馬も別路線組で異端性があります。この年は異端性がある馬が1着から3着までを独占した事になりますね。少頭数でこのような結果になるのは珍しいと個人的には思います、

ちなみにこの年の1番人気はサーブルオールでした。結果は4着と惜敗しました。エプソムC(G3)を3番人気4着と軽く凡走してバウンド距離延長で挑んできましたので私も3番手評価にしました。後ろから捲っていく競馬ではなく先行する位置取りショックであれば違った結果だったかもしれませんね。

七夕賞の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①七夕賞はダートからの出走や条件戦やオープン特別からの格上げ戦等、異端性のある人気薄の馬は紐で警戒が必要である。

②コースの形状が関係しているのかいつもは先行している馬が前走、後ろから行って凡走して今回、先行する位置取りショックが効果的なようである。

③L主体の馬は基本的に人気であれば「単勝」は危険である。特に差し・追い込みのL系の馬は「単勝」の危険度が増す。

④鳴尾記念を軽く凡走した馬は要注意。阪神の2000mほど福島の2000mはタフではない事、そしてメンバーが弱化する事から「苦」から「楽」に感じると考えられる。

⑤七夕賞のテーマはずばり、「先行する位置取りショックと人気薄の異端組」です。

以上、七夕賞の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!