【競馬予想】単複勝負.com

今週は、日本ダービーを大予想!

【マイラーズカップ2017】有力馬の競馬予想をしてみる

今週末に行われます、マイラーズカップ2017の有力馬の競馬予想を書いていきたいと思います。是非、マイラーズカップ2017の競馬予想の参考にされてください。(京都競馬場の芝1600mの馬券的攻略の仕方はこちら) (最終予想はこちら)

エアスピネル

前走、1番人気3着とストレス・疲労ともに少ない状態で自分より弱い相手・得意の少頭数の京都の1600mとなればやはり大崩れは考えづらくて。単勝期待値としては低いですが好走確率はかなり高いと思うので逆らえない人気馬だと考えます。

イスラボニータ

休み明け。イスラボニータは量がないCL系なので京都の1600mは合っていて。ただ量がないCL系なのでなかなか勝ちきれない特徴を持っています。距離短縮ショックなので量を補わないとなかなか勝ちきるのは難しくて。

ブラックスピネル

前走は、前々走の反動が出ると思って単勝期待値C(危険な人気馬)としましたがS系のブラックスピネルが生涯初の逃げる位置取りショックを仕掛けてきて好走しました。まさか逃げるとは思ってもいなかったのでやられました笑 今回はさすがに反動が出ると思うので評価を下げるべきだと考えます。つまり今度こそは危険な人気馬だと思います。

スポンサーリンク

プロディガルサン

L質寄りのディープインパクト産駒なので京都の1600mは悪くなくて。今回、1600m→2000m→1600mの王道バウンド距離短縮ショック、しかも前走凡走して前々走より着順が悪い非常に良いリズムです。他にも前走先行しているので距離短縮で差しに回る位置取りショックを仕掛ければかなり面白い1頭だと思います。同じようなタイプのエアスピネルが強いので勝てるか?っと言われると正直難しいかもしれませんが人気的に単勝期待値はこちらのほうがはるかに高いと思います。

フィエロ

みなさんもご存知の京都巧者です。京都の1600mは相当得意距離で。ただ、やはり年齢とともにL化しているのでなかなか勝ちきることは難しいと思います。あくまで紐で抑えるのがベターだと考えます。

ヤングマンパワー

前々走で京都の1600mを大敗していますがそこまで京都の1600mが合わない事もないと思います。一度叩いて馬体がしっかり絞れていれば前進する可能性は非常に高いと思います。もし人気なければ要注意な1頭だと思います。

ダッシングブレイズ

休み明けの自分より弱い相手に重馬場で勝った直後の格上げ戦で。S系の連荘期が完全に終わったダッシングブレイズなので今後は好凡走を繰り返すと思いますので今回は凡走の可能性が高いと考えます。馬体重の大幅な増減に注意です。

クルーガー

ほぼ一年ぶりのレースで。クルーガーはキングカメハメハ産駒で、キングカメハメハ産駒の長期休養明けは期待値がとても低くて。まずは無事に走り切って欲しいです。

スポンサーリンク


マイラーズカップ2017 競馬予想まとめ

エアスピネル・イスラボニータといった上位人気馬、特にエアスピネルが非常に切りづらいので見送るのが賢明かと思います。どうしても勝負するならプロディガルサン・ヤングマンパワーがいいかなっと思いますが私ならこのレースは少頭数というのもありますが見送るかなっと思います。

以上、マイラーズカップ2017の有力馬の競馬予想でした。

ブログ村 競馬予想(現在10位)
[最強]競馬ブログランキング(現在82位)
人気ブログランキング(現在9位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

2017年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが投資家として為替予想と株式銘柄分析もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-競馬予想

読者の方のシェア(拡散)に感謝します。