【競馬予想】単複勝負.com

Youtubeもやっています。単複勝負で検索!

【フェブラリーステークス2018】レース回顧をしてみる

それでは、本日行われましたフェブラリーステークス2018のレース回顧をしたいと思います。昨日は本命に挙げた馬がすべて連対してくれて単複勝負の私としてはほぼ完璧な予想だったのですが本日はちょっと微妙な予想になってしまい大変申し訳ございませんでした。週中の段階で唯一怖い1頭だと言っていたインカンテーションが接戦の勝ちに等しい3着だったことが唯一の救いです。なぜ勝ちに等しい3着と思ったかは後述しますね笑 それでは、フェブラリーステークス2018のレース回顧に入りたいと思います。(最終予想はこちら)

スポンサーリンク

フェブラリーステークス2018 レース結果

1着 ノンコノユメ 単勝期待値 C
2着 ゴールドドリーム 単勝期待値 B
3着 インカンテーション 単勝期待値 A

1着のノンコノユメは、週中から単勝期待値C(危険な人気馬)として最終予想でも無印としたように危険な人気馬だと思っていました。その馬に勝たれてしまったのは本当に申し訳ないです。元々はS主体のまとまり系でタイプ的にはSC(L)みたいなタイプでダート馬としては非常に珍しい集中力を持った馬でした。ここ最近は年齢もありますが大分L化してSL(C)に近い感じの馬になったので前走、距離短縮ショックで重の1400mを接戦勝ちした後の距離延長の1600mはきついと判断して人気的にも期待値低いので消しました。ただ、想定以上に差し馬独占のレース展開になって綺麗に追い込みが嵌って勝ちました。根岸ステークス組(距離延長組)が去年に続き好走したので私の現段階での根岸ステークス組(距離延長組)の見解も後述したいと思います。

2着のゴールドドリームは、外枠で揉まれづらく距離短縮ショックを外差し競馬に徹する事が出来るので崩れる確率は低いので1番人気でしたがしぶしぶ5番手評価で辛うじて抑えました。やはり東京の1600mに距離短縮ショックで挑めた事・東京1600m適性・先ほども書きましたが差し馬独占のレース展開になった事が好走の大きな要因だと思います。-14キロも馬体重を減らしてきたにも関わらずしっかり差してきたのは負けて強しの内容だったと思います。

3着のインカンテーションは、週中の分析でも書いたとおり直感的に怖い1頭で「【フェブラリーステークス予想】フェブラリーステークスの狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる」のまとめの②のパターンに完全にマッチしていました。ちょっと当日6番人気とやや人気になりすぎたかなっと思いますが良く頑張ってくれたと思います。勝ちに等しくこの馬が本当に1番強い内容だったと思うのはこのレースの4コーナーの全馬の位置取りを見て欲しいのですが順に、(1,2,10,3,7,15,6,11,16,14,8,13,4,5,9,12)です。で、10着から16着の馬が順に(15,2,10,3,11,7,1)です。何が言いたいかここで分かった方はかなり競馬予想に慣れている方ですね。つまり4コーナーで前にいた8頭のうちインカンテーション以外の馬はすべて10着以下に凡走しているのです。唯一このハイペースで先行馬総崩れの中、接戦の3着に残ったのは勝ちに等しいと言って良いと個人的には思いました。例年、フェブラリーステークスはハイペースになりがちなのですが今回はテイエムジンソクがペースを作ると思ったので私はやや速い平均ペース想定でしたが想定外に速かったです。想定どおりのペースなら勝っていたかなっと思いますね。

スポンサーリンク


フェブラリーステークス2018 予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、ララベルとインカンテーションの2頭を挙げました。結果は14番人気15着と6番人気3着となりました。インカンテーションはさきほど書いたとおりです。ララベルは最終予想で馬体重は絶対絞れてきて欲しいですが減り過ぎにも注意したいですと書いたとおり減り過ぎるとレース前に終わってしまうなっと思っていたのですが-16キロと大幅に減ってきてしまって残念でした。馬体重を見て私に連絡をくれた方にはインカンテーションの単複勝負に切り替えた方が良いと思いますと言ったのですが馬体重を見てから買えない方には本当に申し訳なかったです。後はさきほども書いたとおり前に行った馬が総崩れの中、無理に先行する競馬をしてしまったのはちょっときつかったかなっと思います。これがラストランだったので期待したのですが残念です。良い子供を産んで欲しいなって思います。ララベル、そしてララベルの関係者の方々本当にお疲れさまでした。いい夢を見させていただきました。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですがこのレースでは、ノンコノユメ・サンライズノヴァ・ケイティブレイブの3頭を挙げました。結果は4番人気1着・3番人気4着・5番人気11着とノンコノユメ以外は馬券圏外に沈みました。ノンコノユメは先ほど書いたとおりです。サンライズノヴァはストレスある中での距離延長ショックとキツイローテーションでS主体のまとまり系ですがL質もそれなりにあるので2戦続けての接戦のあとではいくら東京1600mが得意と言ってもキツイと思いましたが予想以上に強い内容でした。初の古馬混合G1と多少鮮度はありましたし差し馬有利の流れになったのもありますがそれらのプラス材料以上にストレスがキツイと思いますので強い4着だったと思います。ストレスない状況下で距離短縮ショックで挑めばG1も勝てるだけの能力の持ち主だと言えるでしょう。あとはケイティブレイブですがこれは週中の分析でも書いたとおりL系の馬で基本的に揉まれ弱く自分より弱い相手を好み、距離変更も軽い距離変更、特に軽い距離延長ショックを好みますので凡走も当然の結果かなっと思います。この凡走自体は全然気にする事はないと思います。

最後に今回のレースを見て根岸ステークス組(距離延長組)の見解を書きたいと思います。今回のレースを見て年々、ダート馬自体がL化しているのかなっと思いました。以前にも書いたと思いますがダート馬はS主体のSL系の馬が多くC主体の馬というのはほとんどいません。その大多数を占めるSL系の馬のL部分がよりL化しているのでレース質がよりL質寄りの軽いレース質になってしまっていると考えます。つまり何が言いたいかと言うとレース質が軽いと距離短縮ショックの優位性は低くなります。そして距離延長ショックがあまり不利ではなくなります。レース質が軽いと多少ストレスがあっても能力が高い馬、すなわち上位人気の馬が上位入線しやすくなります。ここ最近の根岸ステークス組(距離延長組)の好走から言えることは根岸ステークス組(距離延長組)は、外差しの上位人気の馬が要注意と言えるかなっと思います。もっと簡単にいうと外差しの根岸ステークスの上位入線馬が要注意と言えるでしょう。何故、外差しの上位人気の馬かと言いますと、L化しているので基本的には揉まれたくないので外枠が良い事・例年、フェブラリーステークスはペースが速い事・L化しているので自分より弱い相手(つまりは自身が上位人気)が得意である事といった理由からです。ただし、今回のレースでも勝ったのは距離延長組のノンコノユメですがあとの馬券圏内の2頭は距離短縮組なので距離短縮ショックの優位性が若干低くなりつつあるかもしれませんが今後も距離短縮ショック組が優位なのは変わらないと考えています。あと、根岸ステークス組(距離延長組)で好走する可能性のある馬は人気馬が多いと思いますのでオッズが高い3連系の券種以外は無理に根岸ステークス組(距離延長組)を抑える必要は個人的には(あくまで個人的には)無いかなっと思います。

以上、フェブラリーステークス2018のレース回顧でした。非常に興味深いレースでした。「【フェブラリーステークス予想】フェブラリーステークスの狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる」もアクセス数を見るとかなり好評だったみたいで読んでくださった方々、本当に有難うございました。書いた甲斐がありました。

ブログ村 競馬予想(現在12位)
[最強]競馬ブログランキング(現在68位)
人気ブログランキング(現在13位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【フェブラリーステークス予想】フェブラリーステークスの狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる

フェブラリーステークス2017の最終予想

2017年度的中実績
2018年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)
あと、プロフィールにも書いていますが投資家として為替予想と株式銘柄分析もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

-レース回顧, 競馬予想
-