単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【ニュージーランドトロフィー2018】有力馬の競馬予想をしてみる

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

今週末に行われます、ニュージーランドトロフィー2018の有力馬の競馬予想を書いていきたいと思います。是非、ニュージーランドトロフィー2018の競馬予想の参考にされてください。出走予定登録馬が19頭なのでこのレースは多頭数のレースになりそうですね。多頭数の中山競馬場の根幹距離の1600mはやはりSC系が有利でしょうね。ただし、SL系も3歳のステップレースなので問題ないかなっと思います。それでは、有力馬の競馬予想を書いていきます。(中山競馬場の芝1600mの馬券的攻略の仕方はこちら) (最終予想はこちら)

ケイアイノーテック

前走、少頭数の条件戦を圧勝しましたのでストレス・疲労ともになくて。非常にまとまっていてL質もS質もそれなりにあるって感じで如何にもステップレース向きって感じがしますね。格上げ戦で且つ、頭数UPしますがストレス無いですし自分より弱い相手なのであまり問題ないでしょうね。出来れば揉まれないでスムーズに競馬したいので6枠あたりがいいかなっと思いますね。今回は軽く絞れてきたほうがいいかなっと思います。

カシアス

3ヶ月の休み明け。中山の1600mはちょっと長いかなっと思うので内枠がいいですね。ここを叩いての1400mとか1200mのほうが面白いかなっと思います。もう少し人気もないほうがいいのでどちらかというとやや危険な人気馬という感じがしますね。ニュージーランドトロフィーに出走するという事はNHKマイルカップに挑戦するつもりだと思いますが人気薄の多頭数の内枠で且つ、先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けてやっと何とかなるかなって感じですね。いずれは短距離路線になると思います。

ファストアプローチ

3ヶ月の休み明け。L系の馬で中山の多頭数の1600mは基本的には合わないと思います。1800mや少頭数の2000mがベターだと思います。なので上位人気ならば危険かなっと思います。中距離でも実績があるように量があるので多頭数でも馬群がばらければ好勝負を演じると思いますので当日、稍重や重馬場になっていれば多少の警戒は必要かなっと思います。L系の馬の休み明けなので馬体重を軽く増やしてきたいですね。

スポンサーリンク

カツジ

格上げ戦。前走、+14キロと太め残りで先行して3番人気5着、着差0.8秒と凡走したのでストレス無くて。今回は1800mから1600mへの距離短縮ショック、先行から差しに回れば位置取りショックで。血統面からも距離短縮ショックは合うと思いますし位置取りショックも効果的だと思います。当然、馬体重はしっかり絞ってきて欲しいですね。中位人気以下ならそれなりに面白いと思います。

リョーノテソーロ

格上げ戦・初の重賞挑戦と鮮度あって。前走、ダートから芝へのショック・1200mから1400mへの距離延長ショックのダブルショックで5番人気1着の接戦を演じたので多少のストレスは当然あるでしょうね。ただ、S主体の馬で3連勝と勢いに乗っているので人気的にも警戒した方がいいと思います。中間緩め過ぎない方が良いと思いますので馬体重の増えすぎに注意したいですね。ただ、減りすぎも間隔が空いているので避けたいですね。

アンブロジオ

格上げ戦。1600m→1400m→1400m→1600mの変則バウンド距離延長ショック。1600mで勝って1400mで接戦負けを演じているので精神構造がしっかりしている可能性がありますね。今回は距離延長ですがペース速ければ差しに回る位置取りショックも良いと思います。重賞鮮度もまだまだありますし前走、先行して4番人気4着ならそれほどストレスも無いので内枠のほうが良いかなっと思います。面白い1頭だと思います。

ラムセスバローズ

格上げ戦・初の重賞挑戦と鮮度あって。量と闘争心を兼ね備えていて若い間はかなり面白そうな馬だなっと個人的には思います。中山の1600mも前走勝っているからとかでは無く、普通に合うと思います。今回は前走の差し競馬から先行する位置取りショックがいいかなっと思います。量がありますし闘争心もそれなりにあるので先行して押し切る形が1番この馬に合っているように感じます。

スポンサーリンク


ニュージーランドトロフィー2018 競馬予想まとめ

ぱっと見た感じ、上位人気馬が多頭数の中山1600mはどうかなっていう馬が多いので面白そうですね。現段階では、ラムセスバローズ・アンブロジオが面白そうだなっと思います。特にアンブロジオがここでどんな走りをするのか興味があります。ここを勝つとストレスが大きく、NHKマイルカップが厳しくなるので本当は3着ぐらいに負けた方がいいのですがここで勝ち負け出来ないとなるとちょっとG1では足りないかなっとなるので非常に悩ましいですね。そもそもここで勝ち負けしないと賞金面で出れない可能性が高いですよね。。。

以上、ニュージーランドトロフィー2018の有力馬の競馬予想でした。

土曜日の22時からツイキャスをやりますので是非、聴きに来て下さい。ブログでは書ききれなかった事や皆さんのご質問にお答えしていきますのでよろしくお願いします。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

ニュージーランドトロフィー2017の最終予想

2017年度的中実績
2018年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!