単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【チューリップ賞2018・弥生賞2018】レース回顧をしてみる

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

それでは、週末に行われましたチューリップ賞2018・弥生賞2018のレース回顧をしたいと思います。桜花賞、皐月賞に向けて非常に重要なトライアルレースなのでしっかりレース回顧しておいた方がいいかなっと思いましたのでレースを見た感想などをいろいろ書きていきたいと思います。どちらのレースも少頭数のレースで且つ順当(平穏)な結果になりました。ラッキーライラックでしょうがないのか?ダノンプレミアムでしょうがないのか?しっかり見ていきたいと思います。それでは、チューリップ賞2018・弥生賞2018のレース回顧に入りたいと思います。(チューリップ賞2018の最終予想はこちら) (弥生賞2018の最終予想はこちら)

スポンサーリンク

チューリップ賞2018 レース結果

1着 ラッキーライラック 単勝期待値 B
2着 マウレア 単勝期待値 B
3着 リリーノーブル 単勝期待値 B

1着のラッキーライラックに関してはステップレースとしてはもう最高のレースだったと言って良いと思います。本番では鞍上が多少心配ですが少なくともチューリップ賞組では歯が立たないと思います。私の望みどおりしっかり+10キロと馬体重を増やして先行して2馬身差の圧勝と1番ストレスが残らない形での勝ち方なのでマイナス材料が無いですね。本番では当然、馬体重は絞れてきて欲しいですしペースも多頭数になって上がると思うので阪神ジュベナイルの時のように差しに回る位置取りショックを仕掛けて欲しいですね。単複勝負の私としては非常に厄介な馬ですが桜花賞も余程のアクシデントが無い限り馬券圏内には来るでしょう。ストレス無いので中枠あたりがベターかなっと思います。

2着のマウレアは、ちょっと馬体重が減り過ぎかなっと思いましたがここに勝負を賭けに来た感じが個人的にはします。私はそれで良かったと思います。まぁ、ここで2着と結果を出したので桜花賞にも出走すると思いますが前進は難しいと思います。ストレス無い状態のステップレース向きの馬なので少頭数から多頭数に増えて摩擦も大きくなるのはマイナス材料ですね。桜花賞で年明け3戦目で他の馬よりも蓄積疲労もありますのでかなり難しいと思います。このレースで-8キロとグッと絞ってきたので中間の調整も非常に難しいと思います。減りすぎても嫌ですし中間緩めて馬体重を増やしてくるのも嫌ですしね。このままオークストライアルまで休ましてあげるのがこの馬にとっては1番良い選択のように感じます。

3着のリリーノーブルは、まぁこんなもんかなっと思います。量系の馬で少頭数の自分より弱い相手だったらストレス無ければこれぐらいは当然走ってきます。阪神ジュベナイルと全く同じ舞台ですが阪神ジュベナイルよりは摩擦も増えますし阪神ジュベナイル・チューリップ賞と同路線ストレスがかなりあるので逆転はかなり難しいでしょう。(これはマウレアにも当然いえることです)

4着以下の馬で気になる馬は正直いません笑 本番で怖いと思っていたスカーレットカラーですがこのレースで最後方からの競馬をしてしまったので本番で差しに回る位置取りショックが使えないので残念です。賞金面ではギリギリ出走できると思いますが年明け3戦目、前2走とも後方からの競馬となると狙いづらくなりました。。。

スポンサーリンク


弥生賞2018 レース結果

1着 ダノンプレミアム 単勝期待値 B
2着 ワグネリアン 単勝期待値 B
3着 ジャンダルム 単勝期待値 B

1着のダノンプレミアムは、チューリップ賞のラッキーライラック同様、完勝と言っていいでしょう。着差以上に強い内容でしょう。最終予想でもダノンプレミアムのほうがやや有利かなっと言っていましたが私の想像以上にワグネリアンとは力の差があるなっと個人的には思いました。この馬も私の望みどおりしっかり+8キロと馬体重を増やして先行して1馬身半差の圧勝と1番ストレスが残らない形での勝ち方なのでマイナス材料が無いですね。当日の馬場状態にもよりますが本番では中枠でやや位置取りを下げる位置取りショックで走らせてあげるのがこの馬にとって1番良いと思います。しっかり馬体絞って5,6番手追走すればまぁ、大丈夫ではないかっと思うほどの強さでした。まぁ、本命にはしないですけどね笑 私の皐月賞の本命は別にいます。ダノンプレミアムを倒しますよ笑

2着のワグネリアンに関してはスローペースで上がり最速で2着に差してきたんだから力はある、本番はペースが上がるので逆転もあるだろうと言っている解説者やライターがちらほらいましたがスローペースだから最速の上がりで差してこれたと私は思っています。ハイペースでは同じような鋭い脚が使えるとはあまり思えません。この馬はご存知のとおりディープインパクト産駒です。なので少頭数のスローの上がり勝負は大好物です笑 にも関わらず接戦でもなく完敗となると本番では厳しいと思います。今回、中団待機だったので本番でさらに後ろから行く位置取りショックを掛ける事が出来ますがそれでも差が埋まるような感じは個人的にはしません。本来、弥生賞というレースは勝つとストレスと疲労が残るので負けた方が本番に向けては有利なんですが今回に限っては少頭数のレースで摩擦も少なくダノンプレミアムが完勝だったのでダノンプレミアムが有利かなっとやっぱり思います。

3着のジャンダルムは、まぁ、こんなもんかなっと思います。あれ、リリーノーブルと同じ事書いてる笑 でも、まぁこんなもんなんです。少頭数の自分より弱い相手には崩れづらいのでちょうどこれくらいの着順に落ち着きやすいのです。本番では摩擦が大きくなるので集中力がそれほどない同馬にとっては厳しい条件となると思います。

注目していたリビーリングは3番手に控えてしまって逃げなかったので中途半端な競馬となり5着に負けてしまいました。1勝馬で権利も獲れなかったので皐月賞の出走は出来ないと思いますので残念です。出走できるならば今回(皐月賞)こそは逃げて欲しいですけどまぁ、逃げないでしょうから期待は薄いでしょうね。そもそも皐月賞に出ないでしょうね。。。

以上、チューリップ賞2018・弥生賞2018のレース回顧でした。どちらのレースも見送りを推奨し3番手評価・4番手評価・5番手評価の順で決まりましたので予想自体は概ね合っていたかなっと思います。(桜花賞・皐月賞ともにレースの本質を探るコラムは書く予定ですので楽しみにしておいて下さい。)

【アンケートのお願い】
今週から土曜日の夜にツイキャスでメインレースを中心にいろいろ話をしようかと思っているのですが時間帯のアンケートをツイッターのほうでしていますのでアンケートにご協力して頂けると助かります。詳しくはツイッターの私の固定ツイートを見てください。みなさんからの質問にもどしどし答えていきたいと思っています。(ただ、時間があるときだけしかやりませんのでご理解よろしくお願いします。)

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在28位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。(ブログでは予想しないここだけの限定予想もありますので是非、チャンネル登録してみて下さい。チャンネル登録者数が2000人以上になったら限定公開している最終予想も一般開放します。)

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

チューリップ賞2017の最終予想
弥生賞2017の最終予想

2017年度的中実績
2018年度的中実績

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!