単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【セントライト記念2019予想】セントライト記念の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

セントライト記念2019について狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。セントライト記念はL系の馬が強いレースですね。あとはやはり瞬発力系が強いイメージですね。当然、当日の馬場状態にもよりますが。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

セントライト記念の過去5年

年度着順馬番馬名
2014

15イスラボニータ
216トゥザワールド
314タガノグランパ
2015

113キタサンブラック
24ミュゼエイリアン
32ジュンツバサ
2016

14ディーマジェスティ
210ゼーヴィント
39プロディガルサン
2017

15ミッキースワロー
27アルアイン
32サトノクロニクル
2018

14ジェネラーレウーノ
215レイエンダ
32グレイル

セントライト記念2014の考察

この年の1着は、イスラボニータでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後同様です)この馬は、父がフジキセキで母父がコジーンなのでCL(S)系とかだと思います。正直、イスラボニータでも勝ててしまうので春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬が上位人気に推されていれば素直に抑えるしかないと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はトゥザワールドでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がサンデーサイレンスなので、S主体のSC(L)系とかだと思います。この馬もイスラボニータ同様に皐月賞2着馬、つまり、春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬で且つ当日、2番人気と上位人気に推された馬なので抑えるしかないと思います。。。肉体的にも精神的にもタフなレースを経験していて且つ、しっかり間隔を空けて体力も充電されているので崩れづらいということです。

最後に、3着ですがこの年の3着はタガノグランパでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がスペシャルウィークなので、S主体のSC(L)系とかだと思います。この馬は皐月賞が「16番人気17着」で東京優駿が「16番人気4着」でしたが、当日は10番人気の低評価でした。皐月賞と東京優駿でしっかり肉体的にも精神的にもタフなレースを経験していて、東京優駿で4着の馬です。ここまで人気が無いなら要注意です。しかも父も母父もS系種牡馬です。つまり、皐月賞と東京優駿でしっかり肉体的にも精神的にもタフなレースを経験していて掲示板前後に来る実力あるS系の馬が人気無ければ紐では非常に要注意です。

セントライト記念2015の考察

この年の1着は、キタサンブラックでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がブラックタイドで母父がサクラバクシンオーなので、S主体のS+++++L系だと思います。この馬はどちらかというと2014年の3着馬であるタガノグランパに似ています。この馬は皐月賞が「4番人気3着」で東京優駿が「6番人気14着」でしたが、当日は6番人気の低評価でした。繰り返しておきますが、皐月賞と東京優駿でしっかり肉体的にも精神的にもタフなレースを経験していて掲示板前後に来る実力あるS系の馬が人気無ければ紐では非常に要注意です。

次に、2着ですがこの年の2着はミュゼエイリアンでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がスクリーンヒーローで母父がエルコンドルパサーなのでSL系とかですかね。この馬も2014年の3着馬であるタガノグランパや勝ち馬のキタサンブラックに似ています。スクリーンヒーローなんてS系種牡馬の代表です笑 この馬は皐月賞が「11番人気7着」で東京優駿が「10番人気10着」とちょっと成績的には微妙ですが、当日は9番人気と下位人気で舐められています。もう一度、繰り返しておきます。(ほんとセントライト記念はこういう馬が穴馬なんです笑) 皐月賞と東京優駿でしっかり肉体的にも精神的にもタフなレースを経験していて掲示板前後に来る実力あるS系の馬が人気無ければ紐では非常に要注意です。

最後に、3着ですがこの年の3着はジュンツバサでした。この馬は、3歳以上500万下からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の2200mへの距離延長ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がアフリートなのでLC(S)系 or CL(S)系とかだと思います。これは、トライアル戦で1頭は絡むと言われている条件戦からの格上げで且つ初重賞挑戦組ですね。このレースで条件戦からの格上げで且つ初重賞挑戦組は14番人気4着のウイングチップと4番人気15着のロッカフェスタでした。私ならウイングチップを選んでいたと思います。理由は、ウイングチップが一番血統的にS質が強いのと中山の多頭数の2000mというタフなレースを経験しているからです。結果は鼻差の4着だったように3着もあった4着です。つまり、条件戦からの格上げで且つ初重賞挑戦組から選ぶ場合もS質が強くタフなレースの経験がある馬を選ぶのがベターです。

ちなみにこの年の1番人気はサトノラーゼンでした。結果は7着と惨敗しました。 東京優駿2着で当日1番人気、これは基本的には抑えないといけないと思います。この後、短距離路線に変えるまで停滞期に入りますがこの時点ではさすがに分からないのでしょうがないです。

スポンサーリンク


セントライト記念2016の考察

この年の1着は、ディーマジェスティでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がブライアンズタイムなので、S主体のまとまり系だと思います。タイプは違いますが2014年のイスラボニータと同じタイプですね。春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬が上位人気に推されていれば素直に抑えるしかないと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はゼーヴィントでした。この馬はラジオNIKKEI賞(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の2200mへの距離延長ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がブライアンズタイムなのでS主体のまとまり系ですかね。この年はブラッドバイアス(血統的偏り)が発生しましたね。この馬は初重賞挑戦ではないですが別路線組です。私も単勝期待値Aをつけました。やはり、春のクラシック組でない馬(上り馬)は勢いあるS系がベターです。

最後に、3着ですがこの年の3着はプロディガルサンでした。この馬は、東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がストームキャットなのでL主体のまとまり系だと思います。この馬はちょっと期待値の観点から狙いづらいですね。東京優駿が「11番人気10着」で青葉賞が「2番人気4着」なので若干、能力的に足らない感じがします。ですが、この年は12頭立ての少頭数でこの馬は3番人気と上位人気です。個人的には来たらもう諦めるスタンスで切ると思います。少頭数はこういうまとまっている馬が切りづらいので本当に困ります。

セントライト記念2017の考察

この年の1着は、ミッキースワローでした。私も対抗の単勝期待値Aにしました。この馬はいわき特別(1000万下)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の2200mへの距離延長ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がトーセンホマレボシで母父がジャングルポケットなので、S主体のSL(SC)系だと思います。2016年の2着馬であるゼーヴィントと同じような形なので評価しました。この馬はいわき特別を1番人気3着と負けていて勢いがそこまで無いですが調子が悪いというわけではありません。やはり上り馬は別路線で異端性もあるので余程調子を落としていない限りは面白いです。

次に、2着ですがこの年の2着はアルアインでした。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がエッセンスオブドバイなのでS主体のまとまり系ですかね。この馬は完全に2014年のイスラボニータ・2016年のディーマジェスティと同じですね。私も仕方なく3番手評価にしました。春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬が上位人気に推されていれば素直に抑えるしかないと思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はサトノクロニクルでした。私も5番手評価に挙げました。この馬は、ラジオNIKKEI賞(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の2200mへの距離延長ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がインティカブなのでS主体のSL系に近いまとまり系だと思います。この馬は難しいですね。どっちかって言うと2016年のプロディガルサンに近くて、ちょっとまとまっていて勢いが無い。3着くらいがやっとだと思うので3連系以外の方は消すのも面白いと思います。こういう勢いが無いけど何となく来そうな馬(まとまり系)は3着が多いのでこういう馬が出てきたときは3連系を避けるというのも一つの手です。

スポンサーリンク


セントライト記念2018の考察

この年の1着は、 ジェネラーレウーノでした。私も対抗の単勝期待値Aにしました。この馬は東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がスクリーンヒーローで母父がロックオブジブラルタルなので、S主体のSL(C)系とかだと思います。このパターンは美味しいです。春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬にも関わらず、東京優駿で惨敗したのであまり人気にならなかったパターンです。同じ中山の皐月賞で3着に入った実績馬です。馬体重もしっかり8キロ増えてきました。実績馬を舐めてはいけません。

次に、2着ですがこの年の2着は、レイエンダでした。この馬は松前特別(1000万下)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の2200mへの距離延長ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父シンボリクリスエスなのでS主体のまとまり系ですかね。この馬は2016年の2着馬であるゼーヴィントと似たような感じの上り馬ですね。3連勝と勢いもあり松前特別も先行して圧勝とストレス・疲労共に無い状態です。私も仕方なく4番手評価にしました。ゼーヴィントも2着、レイエンダも2着ということを考えるとやや実績馬のほうが有利な感じがしますね。

最後に、3着ですがこの年の3着はグレイルでした。この馬は5番手評価に挙げようか悩んで最後、切りました。この馬は、東京優駿(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから非根幹距離の2200mへの距離短縮ショックだったことになりますね。セントライト記念が秋1戦目でした。この馬は、父がハーツクライで母父がロックオブジブラルタルなのでS主体のSL系に近いまとまり系だと思います。今までの記事を読んできたらこの馬は悩みませんか?この馬は皐月賞が「10番人気6着」で東京優駿が「9番人気14着」と春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬とまではちょっと言えないですが皐月賞で掲示板前後には来ている。だが、6番人気と微妙に人気がある。紐で抑えるべきか消すべきか悩みどころです。今年もこの馬と良く似た戦歴の馬が出てきますね。悩んでください笑

セントライト記念の狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①皐月賞と東京優駿でしっかり肉体的にも精神的にもタフなレースを経験していて掲示板前後に来る実力あるS系の馬が人気無ければ紐では非常に要注意。

②条件戦からの格上げで且つ初重賞挑戦組から選ぶ場合もS質が強くタフなレースの経験がある馬を選ぶのがベター。

③春のクラシック(皐月賞・東京優駿)で勝ち負けした馬が上位人気に推されていれば素直に抑えるしかない。

④とにかくS主体の馬を中心に馬券を組み立てる事。L主体の馬は来たら諦めるくらいのスタンスのほうが良い。

⑤セントライト記念のテーマはずばり、「S系の実績馬 VS S系の上り馬」です

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!