単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【ジャパンカップ2020予想】ジャパンカップ2020の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

ジャパンカップについて狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。いつもは出走予定馬の分析をしていますがG1に関しては購入する人も多いのでジャパンカップのレース質とマッチする狙い目の馬はどの馬なのかを考察していきたいと思います。このコンテンツは来年以降も使えるように、つまり保存版として使えるようにしっかり書いていきますので(いつも真剣に書いていますが笑)、是非、自身の予想の参考にして下さい。それでは、ジャパンカップの狙い目の馬を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジャパンカップの過去7年

太字は、2回以上馬券圏内に入った馬

年度着順馬番馬名
2013

17ジェンティルドンナ
29デニムアンドルビー
35トーセンジョーダン

2014

14エピファネイア
21ジャスタウェイ
315スピルバーグ
2015

115ショウナンパンドラ
26ラストインパクト
31ラブリーデイ
2016

11キタサンブラック
212サウンズオブアース
317シュヴァルグラン
2017

11シュヴァルグラン
22レイデオロ
34キタサンブラック
2018

11アーモンドアイ
28キセキ
311スワーヴリチャード
2019

15スワーヴリチャード
21カレンブーケドール
32ワグネリアン

ジャパンカップ2013の考察

この年の、1着はジェンティルドンナでした。2012年の覇者ですね。天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後同様です) 父がディープインパクトで母父がバートリーニなのでS質寄りのまとまり系ですね。天皇賞秋を先行して1番人気2着、着差0.7秒と軽い凡走だったのでストレスもないですし秋2戦目で蓄積疲労の心配もなかったのでこれは人気でも逆らえない理想的なローテーションだったと思います。古馬3冠(天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念)、すべてを取るのは至難の業なのでどこにピークを持っていくのかが非常に重要になってきます。古馬3冠、すべてを取るのが何故、至難の業なのか?それはやはり蓄積疲労が要因であると思います。ジャパンカップのセオリーは秋2戦目である事・秋初戦を軽く凡走している事(もしくは先行して圧勝している事)だと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はデニムアンドルビーでした。この馬はエリザベス女王杯(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックになります。ジャパンカップが秋3戦目でした。父がディープインパクトで母父がキングカメハメハなのでこの馬もS質寄りのまとまり系ですね。ジャパンカップが初の牡馬混合G1と鮮度があった事・秋3戦目だが秋華賞(G1)・エリザベス女王杯(G1)が軽く凡走しているのでストレス・蓄積疲労があまりない事・下位人気(7番人気)である事を踏まえると警戒しないといけない1頭です。特に疲れやすい母父の血を受け継いでいるのでこのローテーションは結果的に良かったと思います。初の牡馬混合G1と鮮度あるのに牝馬ということで割引(人気落ち)している馬は要注意です。特に下位人気であれば警戒感を強めてください。当たり前ですがある程度の実績が必要ですが。

最後に、3着ですがこの年の3着はトーセンジョーダンでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がジャングルポケットで母父がノーザンテーストなのでSC系に近いまとまり系でしょう。母父のノーザンテーストは簡単にいうとまとまり感を供給します。もっというとL質寄りのまとまり感を供給しますのでS系特有の不安定感を良くも悪くも軽減しやすいです。S系の馬は、充実期(連荘期)から不安定期、そして停滞期と推移していくのですがもう停滞期に入っていると考えてもおかしくない近走だったので非常に狙いづらいと思います。ただ、この馬のこのレースでの好走はジャパンカップでの好走パターンに一応、当てはまっています。ジャパンカップでは先行して良績ある馬が、前走差し競馬で凡走して「苦」を味わっている場合、本来の先行策、つまり前に行く位置取りショックを仕掛ける事が出来れば前進してくる可能性が高いです。あと、トーセンジョーダンの枠を見て欲しいのですが「3枠」と内枠です。先行する位置取りショックを仕掛けてくるのと内枠に入ってくるのが面白いです。これは覚えておいた方が良いです。

ジャパンカップ2014の考察

この年の、1着はエピファネイアでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がシンボリクリスエスで母父がスペシャルウィークなので量(L質)を兼ね備えたS+L(C)系だと考えます。あまり集中力は無いでしょう。2014年に入ってからは充実期を終えて不安的に入ったS系ですね。天皇賞(秋)(G1)に関しても、4番人気6着、着差0.2秒と軽く凡走していました。この馬はジャパンカップで好走しやいパターンに当てはまりますね。前走の天皇賞(秋)(G1)の時の位置取りを良く見てください。「9-10-9」差し競馬です。で、本番の「枠」と「位置取り」を見てください。「2枠」・「3-2-3-4」です。わたくし、2013年のトーセンジョーダンの考察の時になんて言いましたっけ?ジャパンカップでは先行して良績ある馬が、前走差し競馬で凡走して「苦」を味わっている場合、本来の先行策、つまり前に行く位置取りショックを仕掛ける事が出来れば前進してくる可能性が高いです。先行する位置取りショックを仕掛けてくるのと内枠に入ってくるのが面白いとも書いています。本当は話したくない公開したくないジャパンカップの好走パターンがコレです。良いこと書いているんですけどねぇ~。。。全くアクセス集まらない(苦笑)

次に、2着ですがこの年の2着はジャスタウェイでした。この馬は凱旋門賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックになります。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がハーツクライで母父がワイルドアゲインなのでS主体のSC(L)系でしょう。凱旋門賞(G1)からのローテーションなので当然異端性はありました。前走、3番人気8着と軽く凡走してストレス・疲労共にありません。馬体重の大幅な増減も安田記念時と比べるとなくしっかり「内枠」に入って集中して好走しました。ここで、そろそろ書きますが、ジャパンカップはS主体のSC系やS質寄りのまとまり系が非常に好走しやすいです。特に前走、軽く凡走したS主体のSC系やS質寄りのまとまり系が好走しやすいです。これは何を意味しているのか?オークスなどのゆる~いレース質ではなくタフでスタミナ・パワーを要する激戦である事を意味していると考えます。ジャパンカップのブラッドバイアス(血統的偏り)とも言えるでしょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はスピルバーグでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋3戦目でした。父がディープインパクトで母父がリシウスなのでS質寄りのまとまり系でしょう。前走の天皇賞(秋)(G1)を差し競馬で5番人気1着、着差0.1秒とストレス・疲労を残していますし秋3戦目ということを考えると非常に買いづらい1頭だと思います。なので、今もう一度予想してもこの馬は個人的には買えないです。一ついえるとしたらこの後、出てくるキタサンブラックもそうですがS系特有の充実期であるならば(人気次第ですが)紐では抑えておいても良いのかもしれません。ただ、ジャパンカップのレースの本質からはちょっとズレている馬なので個人的には買えない(評価できない)です。

ちなみにこの年の1番人気はジェンティルドンナでした。3連覇がかかっていましたが結果は4着と惜敗でした。この結果はジャパンカップのレースの本質を語る上で非常に重要な結果です。この馬は秋初戦に、天皇賞(秋)(G1)を選びそこで、「先行策」で2番人気2着、着差0.1秒と好走しました。で、本番のジャパンカップでは距離延長にも関わらず差しに回る位置取りショックで4着に敗れました。2012年の時は、秋華賞では「8-9-9-9」と差し競馬でジャパンカップで「2-2-3-6」と前に行く位置取りショック、2013年は天皇賞(秋)(G1)では「2-2-2」と先行競馬でジャパンカップも「3-3-3-4」と先行競馬でした。これらの事から前哨戦で先行して好走した馬がジャパンカップで差し競馬になりそうな時は危険だと言えるでしょう。あの名牝、ジェンティルドンナでも馬券圏外に敗れた事から注意したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク


ジャパンカップ2015の考察

この年の、1着はショウナンパンドラでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋3戦目でした。父がディープインパクトで母父がフレンチデピュティなのでS質寄りのまとまり系だと考えます。このレース、私はこの馬の単勝とラブリーデイとショウナンパンドラのワイドを購入しました。この馬は秋3戦目ですが前走、5番人気4着と差しきれなかったのでストレスも蓄積疲労もそこまで無いです。この馬の単勝を買おうと思った理由は天皇賞秋が終わった後に「後ろから行き過ぎたので中途半端な競馬になってしまった」というようなコメントをしていたからです。もし、鞍上が引き続き池添謙一騎手のままであれば、前に位置取りショックを仕掛けてきてくれるだろうと思ったからです。あとは内枠に入ってきて欲しいと願いましたが外枠だったのでラブリーデイとのワイドも購入したという感じです。実際の位置取りを見てみると天皇賞秋が18頭立てで「14-14-12」、ジャパンカップが18頭立てで「9-9-8-11」と先行とまでは言えませんが前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。やはりジャパンカップでは位置取りを前にする位置取りショックが効果的だと言えるでしょう。

次に、2着ですがこの年の2着はラストインパクトでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がディープインパクトで母父がティンバーカントリーなのでS質寄りのまとまり系だと考えます。天皇賞秋で差し競馬で9番人気12着、着差0.8秒と凡走して本番のジャパンカップでは内枠に入ってきた馬です。先行競馬でも実績ある馬なので差しから先行する位置取りショックを警戒して紐で抑えておいても良いと思います。当日の人気が7番人気と下位人気だったので余計に警戒した方がいいでしょう。実際は前に行かず差し競馬だったので先行する位置取りショックで好走したわけではありませんが予想段階では抑えておいたほうがやはり良いと思います。先行する位置取りショックを仕掛けなかったのになぜ好走したのか?って問われるとブラッドバイアス(血統的偏り)と騎手が大きく影響したのではないかなって思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はラブリーデイでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋3戦目でした。父がキングカメハメハで母父がダンスインザダークなのでS質寄りのまとまり系でしょう。4連勝と勢いがあるS系なので素直に評価しました。ただ、父がキングカメハメハなので秋2戦共に接戦勝ちしているのでちょっと疲労面が心配でしたので単勝の期待値はそれほど高くなかったと思います。天皇賞で「4-4-4」と先行して、ジャパンカップで「6-6-6-5」と位置取りをやや下げる少し誤った位置取りショックで人気に応える事が出来ませんでした。疲労から前に行けなかった可能性がこの場合は高いかなって思います。繰り返しになりますが前哨戦(特に天皇賞秋)で先行してジャパンカップで差しに回る位置取りショックはパフォーマンスが下がるので注意が必要です。

ジャパンカップ2016の考察

この年の、1着はキタサンブラックでした。この馬は京都大賞典(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がブラックタイドで母父がサクラバクシンオーなのでS++L(C)系だと考えます。秋2戦目、しかも前哨戦が京都大賞典と格下のレースだったのでストレス・疲労が全然ないですね。しかも位置取りを良く見て欲しいのですが、京都大賞典が「2-2-2-2」でジャパンカップは「1-1-1-1」と逃げる位置取りショックを仕掛けてきました。もっとジャパンカップを意識した言い方をすればジャパンカップで位置取りを前にしてきました。前走が天皇賞秋ではなく京都大賞典、そして逃げる位置取りショックを仕掛けてきた、そして内枠と3拍子揃っての快勝でした。

次に、2着ですがこの年の2着はサウンズオブアースでした。この馬は京都大賞典(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がネオユニヴァースで母父がディキシーランドバンドなのでSC系ですね。少頭数の外枠では全く集中力を活かせず、3番人気4着と軽く凡走して、ジャパンカップでは頭数アップ、7枠から6枠へと内へ移動、そしてこの馬も位置取りがポイントです。京都大賞典では10頭立てで「8-7-9-9」とほぼ追い込み競馬でしたがジャパンカップでは17頭立てで「7-7-9-9」と中団待機なので追い込みから差しへの「前に行く」位置取りショックを仕掛けてきています。とにかくジャパンカップはストレス・疲労を抱えていない馬で且つ、前走より前に位置取りを上げてきそうな馬を探すのがポイントです。もうホント、それだけです。難しく考えなくて良いです笑

最後に、3着ですがこの年の3着はシュヴァルグランでした。この馬は、アルゼンチン共和国杯(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2500mから根幹距離の2400mへの距離短縮ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がハーツクライで母父がマキャベリアンなのでSC(L)系でしょう。別路線と異端性がありましたしG2からのローテーションなのでストレス・疲労もありませんでした。ただ、残念だったのは、8枠と外枠に入った事と位置取りが「6-7-6-5」から「9-9-12-10」と前に行く位置取りショックではなく後ろから行く位置取りショックを仕掛けてしまった点ですね。何度も言いますが、ジャパンカップでは後ろから行く位置取りショックは危ないです。どんなに力がある馬でもジャパンカップというタフなレースでは相当力が抜けていない限りは後ろから行く位置取りショックでは勝ちきれない可能性が高いです。

スポンサーリンク


ジャパンカップ2017の考察

この年の、1着はシュヴァルグランでした。この馬は京都大賞典(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。この年は、京都大賞典で1番人気3着と凡走、しかも位置取りが「14-14-9-6」と後方からの競馬、そして本番のジャパンカップで「5-4-4-4」で先行する位置取りショック、しかも「1枠1番」と内枠でした。秋2戦目、しかも秋初戦がG2と格下相手に軽く凡走でストレス・疲労共になし・差しから先行への位置取りショック・多頭数内枠とすべてそろっての完勝でした。私はそれでもG1では勝てない馬と思っていたので4番手評価でしたが・・・

次に、2着ですがこの年の2着はレイデオロでした。私の本命でした。この馬は神戸新聞杯(G2)からのローテーションだったので根幹距離の2400mから根幹距離の2400mへの同距離ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がキングカメハメハで母父がシンボリクリスエスなのでS+C系ですね。初の古馬混合重賞と鮮度もあり異端性もあるローテーション・秋初戦が格下相手に先行して圧勝とストレス・疲労共に無し・多頭数の内枠と「先行すれば」問題ないだろうと思っていましたが、本番のジャパンカップでは「11-9-9-7」と差しに回る位置取りショックでシュヴァルグランに敗れてしまいました。1着と2着の差は単純に位置取りショックの差だと思っています。

最後に、3着ですがこの年の3着はキタサンブラックでした。この馬は、天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。秋初戦の天皇賞秋を差し競馬で差して接戦勝ちだったのでストレスが心配で私も無印にしました。不良馬場でスタミナ・パワーに物を言わせて強引な競馬で差しきったので一時的な疲労も心配しました。ジャパンカップでは逃げる位置取りショック、つまり前に行く位置取りショックを仕掛けてきましたが、上位2頭のほうが蓄積疲労や鮮度面などで優位だったので3着に破れたという構図だと思います。

ジャパンカップ2018の考察

この年の、1着はアーモンドアイでした。私も仕方なく対抗にしました。この馬は秋華賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がロードカナロアで母父がサンデーサイレンスなのでS系ですね。この馬は、秋華賞で「11-11-11-12」でジャパンカップで「3-2-2-2」とやはり、前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。前に行った瞬間、わたすはテレビを消しました。(すぐつけましたけど笑) とにかく、前に行く位置取りショックです。

次に、2着ですがこの年の2着はキセキでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋3戦目でした。父がルーラーシップで母父がディープインパクトなのでLC(S)系ですね。私は秋2戦の好走を心配して無印にしましたが、レコードタイムが出る高速馬場を逃げられてしまいました。高速馬場はいつも言っていますが疲労の影響を受けにくいので非常に予想が難しくなります。もっと上がりのかかる消耗戦であれば結果は違ったと思います。

最後に、3着ですがこの年の3着はスワーヴリチャードでした。私の本命でした。この馬は、天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がハーツクライで母父がアンブライドルズソングなのでSC(L)系ですね。この馬も天皇賞(秋)は「11-10-11」でジャパンカップでは、「5-5-4-4」でした。つまり、前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。しつこいようですが、とにかく、前に行く位置取りショックです。

ジャパンカップ2019の考察

この年の、1着はスワーヴリチャードでした。この馬は天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。距離延長を気持ち前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。状態面がちょっとどうかと思いましたが重馬場で体力活きたのも良かったと思いますし最後の直線で内に突っ込んだのも良かったと思います。

次に、2着ですがこの年の2着はカレンブーケドールでした。この馬は秋華賞(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋3戦目でした。父がディープインパクトで母父がスキャットダディなのでS主体のまとまり系ですね。多頭数内枠・斤量減・前に行く位置取りショックで好走しました。やはり、前に行く位置取りショックがジャパンカップでは効果的ですね。

最後に、3着ですがこの年の3着はワグネリアンでした。この馬は、天皇賞(秋)(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから根幹距離の2400mへの距離延長ショックだったことになりますね。ジャパンカップが秋2戦目でした。父がディープインパクトで母父がキングカメハメハなのでS主体のまとまり系ですね。この馬も天皇賞(秋)は「11-11-9」でジャパンカップでは、「6-6-6-8」でした。つまり、前に行く位置取りショックを仕掛けてきました。何度も何度もしつこいようですが、とにかく、前に行く位置取りショックです。

ちなみにこの年の1番人気はレイデオロでした。結果は11着と惨敗でした。リズムもイマイチですし重賞鮮度も無い状態のキングカメハメハ産駒の牡馬が延長の重の2400mはきつかったんだと思います。

ジャパンカップの狙い目の馬は?

過去7年の結果から分かる事は、

①やはりジャパンカップの王道は、差しから先行への位置取りショック。それ以上でも以下でもない。(2013年トーセンジョーダン・2014年エピファネイア・2015年ショウナンパンドラ・2016年キタサンブラック・2016年サウンズオブアース・2017年シュヴァルグラン・2017年キタサンブラック・2018年アーモンドアイ・2018年スワーヴリチャード・2019年カレンブーケドール)

②逆に単勝期待値が低いのが前走、先行している馬が差しに回りそうな時。(2014年ジェンティルドンナ・2015年ラブリーデイ・2016年シュヴァルグラン・2017年レイデオロ・2018年サトノダイヤモンド)

③ブラッドバイアス面からはやはりS主体の馬が有利。L系の馬も能力が高ければ悪くないが超G1級で且つ、ストレス・疲労を抱えていない状態で挑まないとやや苦しい。

④中長距離のG1、しかも基本的には多頭数のレースになるので秋以降の蓄積疲労に注意すること。出来れば、京都大賞典などのG1以外からの直行組がベスト。

⑤ジャパンカップのテーマはずばり、「前に行く位置取りショック」です。

以上、長々と書きましたがジャパンカップの狙い目の馬を調べてみました。今年、これらの条件に合う馬で面白そうな馬は、、、自分で探してください。それが競馬予想の楽しさだからです。宜しければ参考にして下さい。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在72位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!