単複勝負.com

競馬予想家です。券種は単複勝負が中心です。

【クイーンステークス2019予想】クイーンステークスの狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!

クイーンステークスについて狙い目の馬はどの馬なのかについてレースの本質を探ってみたいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。出走予定馬の個別分析は上記のYOUTUBEでやっていますのでブログではレースの本質を、(G1はすべて書いているのですがG2・G3は一部のレースしか書いていませんので)今後は、書いていこうかと思います。つまり、有力馬の短評とか最終予想はこちらにはもうアップする予定はありません。YOUTUBEで個別分析や最終予想を見てもらってこちらでレースの本質を掴んでもらうという感じにしようかと思います。クイーンステークスは札幌競競馬場で行われますので函館競馬場ほどではないですがやはりディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒が苦戦しています。それでは、どんな特徴・傾向があるのか定性的な観点から探っていきたいと思います。(レースの本質コラムは毎年更新する予定ですので毎年、チェックしていただけると幸いです。) それでは早速レースの本質を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

クイーンステークスの過去5年

年度着順馬番馬名
2014

12キャトルフィーユ
28アロマティコ
36スマートレイアー

2015

110メイショウスザンナ
22レッドリヴェール
36イリュミナンス
2016

12マコトブリジャール
211シャルール
31ダンツキャンサー
2017

12アエロリット
21トーセンビクトリー
34クインズミラーグロ
2018

19ディアドラ
25フロンテアクイーン
32ソウルスターリング

クイーンステークス2014の考察

この年の1着は、キャトルフィーユでした。この馬はヴィクトリアマイル(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がテハノランなのでS主体のまとまり系で良いと思います。この馬は1800m→1600m→1800mのバウンド距離延長です。格に関してはG3→G1→G3と格下げ戦です。こういうまとまっている馬で根幹距離から挑んでくる、格下げ戦の馬は1800mの重賞では好走しやすいです。これはこのレースに限らず非根幹距離の重賞ではよくある事です。しかも2番人気と自分より弱い相手には崩れづらいまとまり系、切るに切れないですね。

次に、2着ですがこの年の2着はアロマティコでした。この馬は巴賞(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父が サンデーサイレンスなのでS主体のまとまり系でしょう。巴賞をG3からの格下げ戦、多頭数から少頭数への頭数ダウンで3番人気1着、着差0.0秒の接戦勝ち直後の相手強化の頭数アップなのでいわゆる「楽」から「苦」に感じるローテーションなのでちょっと買いづらいですね。6番人気ですがちょっと買いづらいです。前半の1000mが57.8秒とかなり速く流れて展開が向いたんだと割り切ったほうが良いでしょうね。

最後に、3着ですがこの年の3着はスマートレイアーでした。この馬はヴィクトリアマイル(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がディープインパクトで母父がホワイトマズルなので、S主体のまとまり系ですね。この年はS主体のまとまり系が上位を独占したレースでした。非常に珍しい年です。この馬もまとまっていてG1からの格下げ戦・根幹距離からのローテーション・1番人気と自分より弱い相手なので切りづらいです。1番人気の同馬と2番人気のキャトルフィーユが切りづらいので馬券自体は見送った方が良い年だったでしょう。

クイーンステークス2015の考察

この年の1着は、メイショウスザンナでした。この馬はマーメイドS(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け5戦目でした。この年はほぼほぼ完璧に当てました。この馬は、父がアグネスデジタルで母父がサンデーサイレンスなので、S質が強めのSL(SC)系だと思います。クイーンステークスで怖いのはこのようなローテーションです。どういうローテーションが怖いのか分からない方のために解説するとクイーンステークスは函館記念ほどではないですがやはりある程度はタフです。なので前走で坂のある阪神の根幹距離を経験している馬はそれほどタフに感じません。言い換えるならばそれほど「辛い」と感じません。なので他の馬と比べると「楽」から「苦」のギャップに苦しまないので精神的な面で相対的に有利です。特に短縮で挑んでくる馬は警戒が必要です。

次に、2着ですがこの年の2着はレッドリヴェールでした。この馬はヴィクトリアマイル(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け3戦目でした。この馬は、父がステイゴールドで母父がディキシーランドバンドなのでLC(S)系かなっと思います。2014年のキャトルフィーユのところで話しましたが、まとまっている馬や同馬のようなL主体の馬は、根幹距離から挑んできていて且つ、格下げ戦の場合は1800mの重賞では好走しやすいので素直に抑えておいたほうが良いです。しかも同馬は洋芝が得意なステイゴールド産駒です。これは切りづらいです。

最後に、3着ですがこの年の3着はイリュミナンスでした。この馬は、マーメイドS(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がマンハッタンカフェで母父がトニービンなのでLC(S)系だと思います。ね?言ったでしょ?笑 1着のメイショウスザンナと同じです。前走で坂のある阪神の根幹距離を経験している馬は精神的な面で有利です。しかも同馬は揉まれ弱く少頭数や非根幹距離を好むL主体のマンハッタンカフェ産駒です。これは買いやすいでしょう。レースの本質コラム、面白いでしょ。こんな事、他のブログではほとんど書いていないと思います笑

スポンサーリンク


クイーンステークス2016の考察

この年の1着は、マコトブリジャールでした。この馬は福島牝馬S(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け3戦目でした。この馬は、父がストーミングホームで母父がブライアンズタイムなので、SL系ですね。これは何度予想しても私は少なくとも買えません笑 3ヶ月の休み明けにも関わらず-2キロと馬体重を減らしてきて400キロでの出走でした。このレースの過去10年の馬券圏内の馬を見れば分かりますが400キロ前半の小柄の馬はタフな馬場なのでやはり苦戦しています。休み明けで馬体を減らして400キロぎりぎりではさすがに無理だと思い、直ぐに切りました。そしたら綺麗に走ってきました笑 これも競馬かなって思います。

次に、2着ですがこの年の2着はシャルールでした。私はこの馬を推奨馬に挙げました。この馬はヴィクトリアマイル(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がゼンノロブロイで母父がカルドゥンなので、LC系ですね。何度も言っていますが、まとまっている馬や同馬のようなL主体の馬は、根幹距離から挑んできていて且つ、格下げ戦の場合は1800mの重賞では好走しやすいので素直に抑えておいたほうが良いです。しかも落ち着いた13頭立ての外枠・1番人気、これは切れない人気馬だと判断しましょう。

最後に、3着ですがこの年の3着はダンツキャンサーでした。この馬は安土城S(OP)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け6戦目でした。この馬は、父がアドマイヤジャパンで、母父がサクラバクシンオーなのでL(SC)系とかでしょうね。これも非常に買いづらいですね。前走、京都の非根幹距離の1400mからという非常に軽いレース質のレースにダートから芝へのショックで14番人気2着と激走した直後ですからね。。。マコトブリジャール同様にこの年は良く分からないレース結果になりました。何度予想しても取れないと思います。

クイーンステークス2017の考察

この年の1着は、アエロリットでした。私も3連複、80倍を的中しました。この馬はNHKマイルC(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がクロフネで母父がネオユニヴァースなので、SL(C)系ですね。初の古馬混合重賞・根幹距離から非根幹距離への距離延長・2番人気。これは非常に切りづらいので私も4番手評価にしました。まとまり感もある程度あるのでこのローテーションで来られると消しづらいです。馬体重が+18キロとかなり増えていましたが生涯初の逃げる位置取りショックで相殺した感じですね。

次に、2着ですがこの年の2着はトーセンビクトリーでした。私はこの馬を本命馬に挙げました。すぐにこの馬が本命だなって思いました。この馬はマーメイドS(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け4戦目でした。この馬は、父がキングカメハメハで母父がサンデーサイレンスなので、S主体のまとまり系ですがかなりL質も強い馬です。2015年のメイショウスザンナの箇所で書いたとおりです。この馬はマーメイドSを先行して1番人気9着とストレス・疲労を残さない形で軽く凡走しました。これは非常に良い形です。で、負けたので1番人気から6番人気に急落です。みなさん買い時を間違えるのです。大事なことなので繰り返しておきますよ。前走で坂のある阪神の根幹距離を経験している馬はそれほどタフに感じません。言い換えるならばそれほど「辛い」と感じません。なので他の馬と比べると「楽」から「苦」のギャップに苦しまないので精神的な面で相対的に有利です。特に短縮で挑んでくる馬は警戒が必要です。

最後に、3着ですがこの年の3着はクインズミラーグロでした。私は3番手評価に挙げました。この馬はマーメイドS(G3)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け5戦目でした。この馬は、父がマンハッタンカフェで、母父がインエクセスなのでLC(S)系とかでしょうね。この馬は当日、非常に悩みました。L主体の馬が-10キロと大幅に減っていたからです。あとはマーメイドS(G3)を2番人気2着とそれなりに頑張ったからです。ですが一応、紐で抑えました。その理由は、8番人気と全然人気が無い事・13頭立てと落ち着いた頭数である事(揉まれにくいという事)・マーメイドS(G3)の前走が1番人気3着と軽く凡走している事から短期的疲労はそこまで無い事から、馬体減りには目をつぶってあげようと思いました。ここは判断が分かれると思いますが馬連等の3連系以外であれば何の問題もありません。3着はやはり紛れやすいです。

ちなみにこの年の1番人気はアドマイヤリードでした。結果は6着と惜敗しました。私はこの馬に単勝期待値C(危険な人気馬)をつけました。(その時の記事はこちら) ちなみに前走のヴィクトリアマイル(G1)では本命にしています。(その時の記事はこちら) ヴィクトリアマイル(G1)という根幹距離からのローテーションで当日、1番人気、、、これは切りづらいんじゃないんですか?って質問が上がってきそうです。たしかにこのローテーションは切りづらいです。ですが私は単勝期待値C(危険な人気馬)をつけました。同馬は馬体も小さいC系の馬です。C系の同馬が多頭数の内枠の相手強化のG1で激走した直後の13頭立ての自分より弱い相手の非根幹距離でしかも大外枠なんて生ぬる過ぎて走れません。これはローテーション以前の問題で期待値的に買えないです。さっきもトーセンビクトリーのとこで話しましたがみなさん買うタイミングが一つずれているんです。。。面白いでしょ?Mの法則。

スポンサーリンク


クイーンステークス2018の考察

この年の1着は、ディアドラでした。私も得意の3番手評価にしました。この馬はドバイターフ(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け3戦目でした。この馬は、父がハービンジャーで母父がスペシャルウィークなので、LC(SC)系ですね。L主体の同馬が11頭立ての超少頭数の自分より弱い相手(自身が1番人気)で非根幹距離の1800mなら崩れづらいですね。実際、3馬身差の圧勝です。

次に、2着ですがこの年の2着はフロンテアクイーンでした。私はこの馬を5番手評価に挙げました。しかし、当日の馬体重を見て切りました笑 この馬は中山牝馬S(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1800mから非根幹距離の1800mへの同距離ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け2戦目でした。この馬は、父がメイショウサムソンで母父がサンデーサイレンスなので、SL主体のまとまり系ですね。この馬は今年も出走します。この馬の走る時はYOUTUBEの個別分析動画で詳細に解説していますのでそちらを参照してください。このレースの走りを見てこの馬は相当、充実しているS系だなって思いました。なので次走の府中牝馬ステークスではリスグラシューを本命にして安かったですが3連複をしっかり的中させました。

最後に、3着ですがこの年の3着はソウルスターリングでした。私は無印にしました。リズムを崩したフランケル産駒が2番人気だからです。この馬はヴィクトリアマイル(G1)からのローテーションだったので根幹距離の1600mから非根幹距離の1800mへの距離延長ショックだったことになりますね。クイーンステークスが年明け3戦目でした。この馬は、父がフランケルで、母父がモンズーンなのでL系の馬ですね。この馬の3着というそれなりの結果を見て分かる通り、まとまっている馬や同馬のようなL主体の馬は、根幹距離から挑んできていて且つ、格下げ戦の場合は1800mの重賞では好走しやすいので素直に抑えておいたほうが良いですね。私は期待値の観点から切りましたが。。。

クイーンステークスの狙い目の馬は?

過去5年の結果から分かる事は、

①まとまっている馬やL主体の馬は、根幹距離から挑んできていて且つ、格下げ戦の場合は1800mの重賞では好走しやすいので素直に抑えておいたほうが良い。

②一番面白いのは、前走で坂のある阪神などのタフなコースの根幹距離を経験している馬はそれほど当レースをタフに感じません。言い換えるならばそれほど「辛い」と感じません。なので他の馬と比べると「楽」から「苦」のギャップに苦しまないので精神的な面で相対的に有利である。特に前走、凡走して人気を落とした馬が面白い。2017年のトーセンビクトリーみたいな馬です。短期的な疲労も少ないからです。

③危険なのは、2017年のアドマイヤリードみたいな馬。前走、G1で集中力を見せて激走して、間隔あけての相手弱化は集中できないのにG1で激走したことで人気になるので期待値が低いです。

④上位人気馬(1番人気から3番人気)でG1からの格下げ戦で挑んでくる馬は非常に切りづらいので紐では抑えておいたほうがベターである。

⑤クイーンステークスのテーマはずばり、「ローテーションと短期疲労の確認」です。

以上、クイーンステークスの狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。

ブログ村 競馬予想(現在11位)
[最強]競馬ブログランキング(現在95位)
人気ブログランキング(現在12位)
のランキングに参加中です。読者の方のランキング投票に感謝いたします。

ブログの更新をお知らせするメール購読機能(もちろん、無料です笑)もサイドバー(スマホなら画面下部)にありますので是非、ご利用されてください。YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。

何か質問等ありましたら本当に気軽にツイッターの方に質問してください。(プロフィール参照) 出来る限り丁寧にお答えしますので。(ただし、ツイッターの通知をオフにしているのでなかなか返信に気づかないのでその辺はご了承ください笑 通知をオンにしていると凄い数の通知が来るので。。。)

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の競馬予想のみでダビフレでのみ最終予想をアップすることがあるのでよろしくお願いします。(最近、あまりダビフレ使っていません。。。)

この記事いいな!って思ったらシェアよろしくおねがいします!