【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

京都競馬場 京都芝3000m コース分析

2017/07/24

シェアありがとうございます。

それでは、今週、菊花賞があるので京都芝3000mを書きたいと思います。このコースはそもそもレースが2レースしかなく特殊な距離なので攻略が難しい感じがしますが個人的には狙いは立てやすいです。

当コースのレース

1.菊花賞(歴代勝ち馬:キタサンブラック・トーホウジャッカル・エピファネイア)
2.万葉S(歴代勝ち馬:マドリードカフェ・ステラウインド・タニノエポレット)

当コースで狙う馬は?

このコースで狙う馬は、L主体の馬で特にLがかなり強い豊富な量系が一番ベストです。このコースで行われるレースは菊花賞と万葉ステークスですがこの2レース、同じ距離ですが全く私の中では異なる性質のレースです。その辺は後述します。

スポンサーリンク

ステップ的には?

京都の3000mと特殊な距離なので全馬、ほぼほぼ距離延長、しかも大幅な距離延長ショックになるのでステップなんてはっきり言ってないです笑 あえて言わしてもらうなら根幹距離の2000mや2400mから来たほうがL系の馬なら楽に感じれるのでいいのではないでしょうか。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

これに関しては菊花賞と万葉ステークスで違います。菊花賞に関しては多頭数のハードなレースになりやすいので混戦に強い馬でかつ量がある馬がベストです。狙うならネオユニバース産駒ステイゴールド産駒などが良いと思います。
万葉ステークスに関してはそこまでタフなレースにならず単調なレースになりやすいので揉まれ弱く弱い相手向きのマンハッタンカフェ産駒ゼンノロブロイ産駒が良いと思います。

あとは菊花賞・万葉ステークス共通して面白いのはダンスインザダーク産駒だと思います。

京都芝3000mまとめ

書き忘れたので補足しますが菊花賞に限って言うと基本は強Lタイプがいいですが強Sタイプもいいです。つまりL主導の馬かS主導の馬でここまで勝ち上がってきたタイプの馬です。C主体の馬は量が基本的に無いので京都の3000mという距離をこなすがとても難しいです。万葉ステークスに関しては先ほども書いたとおり弱い相手に強い量系の馬をねらっていくのがベターだと考えます。

以上、京都競馬場の芝3000mのコース分析でした。よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

Naoto.

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-コース, 競馬

シェアありがとうございます。