【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

京都競馬場 京都芝2000m コース分析

2017/06/15

シェアありがとうございます。

それでは、今週、秋華賞があるので京都芝2000mを書きたいと思います。このコースは本当に紛れが多く非常に難しいコースです。(いつも難しいと言ってますが笑)

当コースの重賞

1.京都2歳ステークス(歴代勝ち馬:ドレッドノータス・ベルラップ・トーセンスターダム)
2.秋華賞(歴代勝ち馬:ミッキークイーン・ショウナンパンドラ・メイショウマンボ)

当コースで狙う馬は?

基本的にはL主体のまとまり系やLC系の馬がいいと考えています。続いて勢いのあるS主体のSC(L)やSL(C)の馬かと思います。このコースもC主体の集中力系は苦戦しています。

スポンサーリンク

ステップ的には?

ローズステークス組がステップ的にはいいですが私の狙いはローズステークスを軽く凡走した先行馬です。出来ればローズステークスを3着から5着ぐらいに負けていつも先行馬なのに先行できなかった先行馬です。(位置取りショックが期待できるためです)

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

期待値的に面白いのはやっぱりローズステークスを軽く凡走して1800mから2000mへの軽い延長ショックになるハーツクライ産駒だと思います。後はこちらも軽く凡走して人気の無いLC系のマンハッタンカフェ産駒ですね。マンハッタンカフェ産駒は勝ちきる可能性は低いですが2着・3着狙いで買うのが面白いと思います。後は別路線で疲労・ストレス少ないキングカメハメハ産駒が要注意です。

京都芝2000mまとめ

基本的には1番人気や2番人気の上位人気馬が結果的に好走しやすいですがそれなりに穴馬も3着以内にかなりの確率できています。基本原則としてまずはストレス・疲労が無い馬でL主体の馬だと思います。私なりになぜL主体の馬がG1なのに好走しやすいのかというと、このコースは3コーナーに坂があり3コーナーの途中から一気に下るのでそこで外に膨らむ馬が多く馬群がばらけやすいので摩擦が少なくL系の馬でも投げ出す可能性が減るのでは?っと推測しています。逆にいうと集中力系の馬は肝心なところで馬群がばらけて集中力を活かせないのでは?っと思います。(あくまで私の個人的な推測ですが)

以上、京都競馬場の芝2000mのコース分析でした。

Naoto.

スポンサーリンク

-コース, 競馬

シェアありがとうございます。