【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

京都競馬場 京都芝1400m コース分析

2017/09/05

いつも応援、大変有難うございます!!!
ブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング

それでは、今週末、京都牝馬ステークスが行われますので京都芝1400mを書きたいと思います。このコースは内回り・外回りありますが特に外回り中心に書いていきます。内周りと外回りでそれほど神経質にならなくていいと思います。宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。

当コースの重賞

1.京都牝馬ステークス(歴代勝ち馬:クイーンズリング・ケイアイエレガント・ウリウリ)※去年から京都1400mに変更
2.スワンステークス(歴代勝ち馬:サトノアラジン・アルビアーノ・ミッキーアイル)
3.ファンタジーステークス(歴代勝ち馬:ミスエルテ・キャンディバローズ・クールホタルビ)

当コースで狙う馬は?

京都競馬場というL質の強い競馬場で且つ1400mというL質の極みみたいな距離ですのでL系の馬が圧倒的に有利なコースです。逆に言うとこのコースを勝つということはL質が強い可能性がかなり高まります。特に同コースが異様に得意な馬はL系でほぼ間違いないと思います。

スポンサーリンク

ステップ的には?

ステップ的にはL系のコースなので「苦」から「楽」になるローテーションなら良いと思います。例えば多頭数の内枠の根幹距離の1600mで揉まれて負けての1400mへの距離短縮ショックや1200mのペースに乗れず揉まれて負けた後の1400mへの距離延長ショックなどなど。L系の馬が好走しやすいコースなので前走惨敗してても全然かまいません。とにかく「苦」から「楽」になるローテーションになっているか?っていう観点で馬柱を見れば良いと思います。前走とても苦しい競馬をして惨敗して人気が落ちたL系の馬が単勝期待値的にはとても良いと思います。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

私のおすすめの種牡馬は、京都1400mの鬼のアドマイヤムーン産駒です。あとはL系の代表馬であるクロフネ産駒です。そのほかにもアドマイヤジャパン産駒とかもいいです。ただし、L系の種牡馬なので前走で好走していないこと、つまりストレス・疲労が残っていない事が大前提にあります。L系の馬は基本的にストレスに弱く、成績が交互質で連続好走がなかなか難しいので前走、(出来れば根幹距離を)凡走している形が良いです。

京都芝1400mまとめ

基本的には京都の1400mはL系の馬を中心に組み立てていけば良いと思います。逆に言うとこのコースで能力的には勝って当たり前なのに3着とかに負ける馬はL質が強くなくC質が強い馬、つまり強い相手向きの馬の可能性が高まりますので負けた馬もしっかり見ておくことがとても大事です。

以上、京都競馬場の芝1400mのコース分析でした。よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

Naoto.

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-コース, 競馬予想

シェアありがとうございます。