【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

京都競馬場 京都芝1200m コース分析

2017/06/15

シェアありがとうございます。

それでは、今週末シルクロードステークスが行われますので京都芝1200mを書きたいと思います。このコースは内回りです。3コーナー途中で一気に下りそのまま直線に入るので、外に振られて距離ロスしやすいので内枠が有利と言われています。

当コースの重賞

1.シルクロードステークス(歴代勝ち馬:ダンスディレクター・アンバルブライベン・ストレイトガール)
2.京阪杯(歴代勝ち馬:ネロ・サトノルパン・アンバルブライベン)

当コースで狙う馬は?

1200mという距離の特性上、S系が有利だと思います。あとは京都の1200mなのでL系もストレス無ければ良いと思います。S系でもL系でも勢いがある京都巧者がとても良いと思います。アンバルブライベンを見ても分かるように当コースとの相性が良い馬は注意が必要です。

スポンサーリンク

ステップ的には?

さきほども書きましたが条件戦を連勝して勝ち上がってきた馬みたいな勢いがある馬がお薦めです。あとは当然、1600mや1400mからの距離短縮ショックが良いと思います。注意は京都巧者の実績馬が前走、阪神競馬場や中山競馬場で凡走して挑んできた場合です。ストレス・疲労が無く実績馬なので自分より弱い相手で得意の京都競馬場で巻き返してくることがあります。そういう京都巧者の実績馬が人気薄なら単複に妙味が特に複勝に妙味があるのでオッズを見て考えてみてください。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

私のおすすめの種牡馬は、1200mへの距離短縮が大好きなアドマイヤムーン産駒です。あとはストレス・疲労がないクロフネ産駒です。万能種牡馬のディープインパクト産駒は人気だと期待値がとても低いので軽視したほうがいいです。あとは種牡馬というより上で書いたステップを重視したほうがいいコースだと私は考えています。

京都芝1200mまとめ

基本的には京都の1200mなのでそこまで集中力がなくても良くて勢いがとても重要です。なのでやはりSL系やLS系が勝ちきります。軽いレース質になりやすく3コーナーからの下りで外に膨らむことが多いので摩擦が少なく揉まれにくいのでL系の馬であっても内枠に入ったほうが物理的にも有利です。圧倒的に4枠より内枠がデータ上も回収率が優秀です。

以上、京都競馬場の芝1200mのコース分析でした。

Naoto.

スポンサーリンク

-コース, 競馬

シェアありがとうございます。