【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

中山競馬場 中山芝2000m コース分析

2017/06/15

シェアありがとうございます。

それでは、今週末、弥生賞が行われますので中山芝2000mを書きたいと思います。このコースは中山芝1800m同様に内回りで、最後の直線が短く逃げ・先行馬が圧倒的に有利です。それでは早速書いていきたいと思います。

当コースの重賞

1.中山金杯(歴代勝ち馬:ツクバアズマオー・ヤマカツエース・ラブリーデイ)
2.京成杯(歴代勝ち馬:コマノインパルス・プロフェット・ベルーフ)
3.弥生賞(歴代勝ち馬:マカヒキ・サトノクラウン・トゥザワールド)
4.皐月賞(歴代勝ち馬:ディーマジェスティ・ドゥラメンテ・イスラボニータ)
5.紫苑S(歴代勝ち馬:ビッシュ・クインズミラーグロ・レーヴデトワール)※2014年は新潟2000m。2016年から、G3の重賞に昇格。
6.ホープフルS(歴代勝ち馬:レイデオロ・ハートレー・シャイニングレイ)※2017年から、G1の重賞に昇格。

当コースで狙う馬は?

当コースは基本的にはSC系もしくはCS系のチャンピオン系のタイプが有利です。特にG1の皐月賞は他の重賞とは異質で集中力(C)が欠如していると勝つのが非常に困難です。皐月賞以外の重賞、いわゆるトライアル戦だとS主体のSL系等でも活躍できますが皐月賞と他の重賞は別物と考えたほうがいいです。

スポンサーリンク

ステップ的には?

基本的にはどの距離でも距離短縮組が回収率が高いのですが当コースの場合は同距離組が良いと思います。特に中山巧者の馬が不得意な競馬場の2000mを凡走して当コースに挑んでくるのが私は良いと思っています。距離延長組は基本的にはキツイと考えています。特に前走差して勝った距離延長組は前走の疲労がある中でタフな中山の2000mを距離延長でもう一度差しきらないといけないので相当なエネルギーが必要なので勝ちきるのが難しいと考えます。後はタフなコースなので蓄積疲労が少ない馬が良いので前走、前々走で条件戦を走っている馬が穴馬として狙い目です。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

私のおすすめの種牡馬は、まずはG1である皐月賞に関しては強い相手に燃える集中力系のハーツクライ産駒ステイゴールド産駒、あとはまとまっていますがそれなりに集中力があるディープインパクト産駒ですね。G1以外のトライアル戦ならG1と違ってそこまでタフな流れにならないことも多いのでS主体のゼンノロブロイ産駒やシンボリクリスエス産駒が面白いです。

中山芝2000mまとめ

基本的には中山の2000mはG1なのかトライアル戦なのかで大きく分けて考えたほうがいいです。G1の場合はしっかり集中力があるタイプで且つS質も強い馬が良いと思います。血統的にはブライアンズタイム(ロベルト系)の血が入っているほうが良いです。最近でいうとディーマジェスティは母父がブライアンズタイムですね。G1以外のトライアル戦の場合も当然、集中力があり且つS質も強い馬が良いですが、S主体のSL系のいわゆるトライアルタイプの馬も活躍できます。特に少頭数なら内回りといえど揉まれにくいので好走確率が高まります。

以上、中山競馬場の芝2000mのコース分析でした。

Naoto.

スポンサーリンク

-コース, 競馬

シェアありがとうございます。