【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

中山競馬場 中山芝1800m コース分析

2017/06/15

シェアありがとうございます。

それでは、今週末、中山記念が行われますので中山芝1800mを書きたいと思います。このコースは内回りで、最後の直線が短く逃げ・先行馬が圧倒的に有利です。それでは早速書いていきたいと思います。

当コースの重賞

1.中山記念(歴代勝ち馬:ドゥラメンテ・ヌーヴォレコルト・ジャスタウェイ)
2.中山牝馬ステークス(歴代勝ち馬:シュンドルボン・バウンスシャッセ・フーラブライド)
3.スプリングステークス(歴代勝ち馬:マウントロブソン・キタサンブラック・ロサギガンティア)
4.フラワーカップ(歴代勝ち馬:エンジェルフェイス・アルビアーノ・バウンスシャッセ)

当コースで狙う馬は?

当コースの歴代の勝ち馬を見ても分かるとおり、やはり中山競馬場ということもありS系の馬が有利です。上記の歴代勝ち馬でいうとキタサンブラックやバウンスシャッセなどですね。あとは内回りの非根幹距離の1800mということもあるので量の無いLC系なども良いと思います。上記の歴代勝ち馬でいうとロサギガンティアやシュンドルボンなどですね。

スポンサーリンク

ステップ的には?

ステップ的にはとにかくまずは2000mからの距離短縮ショック組です!これを探してください。S系の馬にしても量の無いLC系の馬にしても有効的なショック療法なのでとにかくまずは2000mからの距離短縮ショック組を探してください。歴代の勝ち馬を見てもとても多いと思います。当たり前ですが近走に1800mを走っている変則バウンド距離短縮ショック、もしくは前々走に1800mを走っている理想的なバウンド距離短縮ショックが良いのは言うまでもありません。

馬券期待値的に狙う種牡馬は?

私のおすすめの種牡馬は、特に無いです笑 こう言ってしまっては元も子もないので敢えて挙げるとするとそうですねぇ、S系の馬ですと中山の鬼、ブラックタイド産駒ですかね。量の無いLC系だとやはりフジキセキ産駒ですかね。この距離は血統で狙うよりも短縮ショックでよく好走している馬で根幹距離よりも非根幹距離が得意な馬を探すのがいいと思います。

中山芝1800mまとめ

基本的には中山の1800mはS主体の馬を中心に組み立てていくか量の無いLC系を中心にすればいいと思います。ただし、少頭数の場合は中山の内回りといえども揉まれる可能性がかなり減るので揉まれ弱いマンハッタンカフェ産駒も要注意です。

以上、中山競馬場の芝1800mのコース分析でした。

Naoto.

スポンサーリンク

-コース, 競馬

シェアありがとうございます。