【競馬予想】単複勝負.com

 競馬予想に全力投球しています。

ローエングリン産駒の特徴

2017/10/12

ランキングにご協力、有難うございます!
ブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング

ちょこちょこ出てくるローエングリン産駒の特徴を書いていなかったので見ていきたいと思います。 宜しければ、競馬予想の参考にして下さい。ローエングリン産駒は意外としぶとく穴を開けやすいので要注意の馬が多いです。先日行われた安田記念2017でもロゴタイプがまたまた人気薄で好走しましたね。ディープインパクト産駒と違って地味で人気にもなりにくいのでそれも穴を開けやすい要因です。それでは早速、見ていきましょう。

スポンサーリンク



ローエングリンの代表馬

・ロゴタイプ
・カラクレナイ
・ヴゼットジョリー
・フェスティヴタロー
・ゴットフリート

ローエングリン産駒の特徴

①距離短縮ショックの1800m、次いで1600mが大得意。同距離ショックの1800m・1600mも悪くなく。
②量もあるがそれなりに集中力もあるので意外としぶとく投げ出さないので人気薄時の複勝狙いがおススメ!
③L主体のLC系の馬が多く、広い東京競馬場やL質寄りの京都競馬場がデータ的にも得意なコースである。
④距離は1800m・1600mがとにかく得意!
⑤東京の1800mや1600mに距離短縮ショックで挑んだら人気薄なら黙って買っておいたほうが良い!
⑥体力とパワーもあるので重馬場や不良馬場も得意である。

スポンサーリンク

ローエングリン産駒のタイプ

上記でも書きましたが軽い距離短縮ショックが大好きなLC系です。なので2000mから1800mへの距離短縮ショックや1800mから1600mへの距離短縮ショックなどです。一本調子で走るのが得意なので先行押し切りや逃げる位置取りショックなどが非常に効果的。なので普段先行しているのに前走、差し競馬をして揉まれて凡走した後とかは先行する位置取りショックを仕掛けてあげれば「苦」から「楽」に感じるので好走する可能性が高まる。先行押し切りが得意なのでやや遅めの平均ペースが望ましい。

ローエングリン産駒の好走パターン

ロゴタイプ
中山記念(G2) 11頭立て3番 中山1800m → ダービー卿チャレンジ(G3) 16頭立て14番 中山1600m 4番人気2着(好走要因:距離短縮ショック)

中山記念(G2) 11頭立て9番 中山1800m → 安田記念(G1) 18頭立て16番 東京1600m 8番人気2着(好走要因:距離短縮ショック)

ヴゼットジョリー
2歳新馬 18頭立て10番 中京1400m → 新潟2歳S(G3) 15頭立て10番 新潟1600m 3番人気1着(好走要因:格上げ戦・広い新潟競馬場) 

フェスティヴタロー
大阪城S(OP) 16頭立て8番 阪神1800m →モンゴル大統領賞(OP) 17頭立て12番 東京1800m 13番人気2着(好走要因:東京競馬場変わり・同距離ショック)

ローエングリン産駒のまとめ

Naoto
とにかく東京の1800m・1600mへの距離短縮ショック!

2017年度的中実績は⇒⇒⇒こちら

【ダビフレのIDについて】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク


この記事も役立ちます!

-種牡馬, 競馬予想

シェアありがとうございます。