【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】長岡ステークス レース回顧

2017/07/19

シェアありがとうございます。

本日行われた新潟メインの長岡ステークス。このレースは非常におもしろい現象が起きていたのでレース回顧したいと思います。

長岡ステークス

1着 クラウンロゼ
2着 ネオスターダム
3着 ペルソナリテ

何がおもしろい現象だったかというとこのレースは9頭立ての新潟の1600mというレースでした。1番人気は圧倒的人気の単勝オッズ1.8倍でアーバンキッドでした。競馬中継見てても、みなさん、本命アーバンキッド、アーバンキッド、アーバンキッドとアーバンキッドが負けるわけないみたいな予想でした。

スポンサーリンク

まとめ

私自身はこのレース、買わなかったのですがアーバンキッドが勝つ可能性は極めて低いのに単勝オッズ1.8倍ということはほとんどの人がこの馬の単勝を買ってることになります。支持率でいうと44%と約2人に1人が支持していることになります。

こういうレースであればこの馬以外の単勝を綺麗に按分して買えばいいと思います。アーバンキッドは、強い相手向き、多頭数内枠向きのハーツクライ産駒です。そんな同馬が9頭立ての少頭数で単勝オッズも1.8倍と圧倒的に自分より弱い相手では力を発揮できるわけがありません笑

結果、アーバンキッドは、圧倒的人気に応えることが出来ず6着の惨敗です。ですが全く気にする必要はありません。この馬の走る条件と真逆の苦手条件だからです。走れというのは無理があります笑

2着にきたネオスターダムも多頭数の混戦向きのネオユニバース産駒なので少頭数の外枠というのは苦手条件です。にも関わらず同馬も2番人気に推されるほど他の馬は同馬よりも弱い相手でした。

つまり、1番人気と2番人気が勝たない可能性が高いレースだったということです。たまにこういうおもしろい現象があるので見逃さないようにしていきたいですね。

以上、気になった長岡ステークスのレース回顧でした。

Naoto.

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。