【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】金鯱賞2017 ヌーヴォレコルト

シェアありがとうございます。

それでは、金鯱賞2017に出走予定のヌーヴォレコルトの分析をしたいと思います。今週はこのレースを勝負レースにしたいと思います。まずは前走の中山記念(G2)ですが海外から国内へのショック。2400mから1800mへの距離短縮ショックと条件悪くなく6番人気と人気も無かったので対抗にしましたが6番人気7着と好走しませんでした。まずはその前走を振り返りましょう。(中京競馬場の芝2000mの馬券的攻略の仕方はこちら)

前走

前走 中山記念(G2) 中山1800m 6番人気7着 馬体重 460(-5)

海外帰りで疲れが心配でしたが前走(香港ヴァーズ(G1))から2ヵ月半も間隔取ったので疲れは取れているだろうと思いましたが海外レースでの馬体重が分からないので何ともいえませんが疲れが残っていたのかもしれませんね。それでは、過去5戦を見ていきましょう。

スポンサーリンク

過去5戦

2016 札幌記念(G2) 札幌2000m 2番人気4着 馬体重 448(-14)
2016 BCフィリーアンドメア(G1) サンタアニタパーク2000m 3番人気11着 馬体重 計不
2016 レッドカーペットH(G3) アメリカ2200m 3番人気1着 馬体重 計不
2016 香港ヴァーズ(G1) シャティン2400m 5番人気4着 馬体重 計不
2017 中山記念(G2) 中山1800m 6番人気7着 馬体重 460(-5)

強い相手にもしぶとく食い下がるハーツクライ産駒ですね。非根幹距離のほうが良くタイプ的にはLC系で間違いないかと思います。前走はそういう意味でも非根幹距離の1800m、海外から国内へのショックもあって6番人気と人気無く強い相手向きなので対抗に評価したのですが残念な結果でした。この馬をそれ以外でここ最近評価したのは2015年のエリザベス女王杯(G1)で対抗にしたぐらいですかね。ちなみにこのときの本命はマリアライトだったので完璧な的中でした。

競馬予想まとめ

中一週と間隔詰めての出走でしかも集中力もあるので絞れたほうが基本的には良いのですが前走を見る限り疲れが溜まっていそうなので馬体重に関しては非常に難しいです。現状で言えることは大幅な増減だけは避けたいということです。先ほども書きましたが根幹距離よりも非根幹距離向きなので2000mは合わないのですが中京の2000mは根幹距離ですがL質の要素も含んでいてLC系が結構好走するのでそこまで合わない訳ではないと考えています。年齢とともにL化もしていっているので内過ぎない中枠がベターだと思います。この馬に関しては当日の馬体重がとても重要だと思います。一旦、単勝期待値はBとしておきますが最終結論を出すまでにもう少し考えたいと思います。

現状、7番人気ぐらいの単勝オッズ17.0倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。