【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】皐月賞2017 レース回顧

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは、皐月賞2017のレース回顧をしたいと思います。今回のレース結果を見てツイッターでも呟きましたが数年前の中山競馬場のコース改修後、明らかに皐月賞のレース質が変わったとほぼ確信しました。では、レース回顧に入りたいと思います。

スポンサーリンク

皐月賞2017

1着 アルアイン 単勝期待値 B
2着 ペルシアンナイト 単勝期待値 C
3着 ダンビュライト 単勝期待値 -

1着のアルアインは、週中の記事で、「前走、休み明けをリフレッシュした状態でしかも揉まれない少頭数の外枠で気分良く走った後の多頭数の摩擦の激しい中山2000mを同馬がどう感じるかだと思います。」と書き、あまり評価しませんでした。しかし結果は9番人気1着と好走しました。好走した要因は前での競馬をしていた馬が有利なトラックバイアスだった事・上がりの早い競馬が得意な馬、つまりディープインパクト産駒が有利なレース質であった事、この2点が主な勝因かと私は考えます。1着から3着までを見てもすべてL系の馬ばかりで冒頭でも書いたとおり、中山競馬場のコース改修後、皐月賞のレース質が完全に変わってしまったなっと本当に思いました。非常に残念です。タフで摩擦の激しいレース質だった皐月賞ではもうなくなってしまいました。

2着のペルシアンナイトもハービンジャー産駒と典型的な揉まれ弱いL系です。実際、わたしも週中の記事で、「前々走のシンザン記念は、格上げ戦、多頭数・内枠、根幹距離の1600mでした。で、結果は1番人気3着でした。私から言わせると自分より弱い相手の多頭数の京都の1600mも勝てない同馬が自分より強い相手が揃う多頭数の中山2000mを勝ちきれるとは到底思えないです。」と書いてしまいました。(お恥ずかしい。。。) 結果は2着と勝ちはしませんでしたがここまで書いておいて2着に来られたのはやっぱり恥ずかしいですね。レース質がL質寄りだったとはいえこのローテーションで2着に来たのは強い内容だったと思います。すこしびっくりしました。(ここで2着に来れるならシンザン記念勝っとけよって思いましたけど笑)

3着のダンビュライトも同じくL主体のLC系だと思います。蓄積疲労に対する耐久性もそこそこあり強い相手にもそこそこ走る馬だと思いますので人気薄時の複勝狙いの馬だと思います。なので3連系の馬券に良い馬だと思います。

予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的にスワーヴリチャードとマイスタイルを挙げました。結果は順に2番人気6着、14番人気16着となりました。スワーヴリチャードに関しては出遅れる事も無く内枠で馬群の中に道中は入れてレースを運んでいましたが四位騎手が何を思ったか内に突っ込んでこそ良さが出る同馬を大外に回すという騎乗をしてしまいじわじわと伸びては来ましたが6着どまりでした。あとはやっぱり何度も書きますが皐月賞のレース質が変わってしまった事が同馬には向いていませんでした。マイスタイルも同様にレース質が合いませんでしたがカデナの結果を見てもやはり弥生賞の反動がでてしまったのかなっと思います。ハーツクライ産駒なので前走の反動ぐらいなら耐えてくれると考えましたが駄目でした。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですが、このレースではペルシアンナイトを挙げました。結果は4番人気2着となりました。ペルシアンナイトに関しては先ほど書いたとおりです。

以上、皐月賞2017のレース回顧でした。

【余談】
本日の皐月賞はリアルタイムでは見ず、その時間帯は上野動物園に行っていました。わたしはハシビロコウという鳥が非常に好きで、上野動物園に行くとパンダとか象とかそっちのけでハシビロコウを見に行きます。この鳥、非常に面白くてほとんど動かないんです笑 じーーーーーっとしているだけなんです。でも私はそこが大好きでいっつもその全く動かないハシビロコウをじっと見るのが大好きです笑 そのハシビロコウがたまーに動くのがとてもうれしいんですよね~。こんな鳥です(下図参照)。良かったら上野動物園に見に行ってみてください。

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。