【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】有馬記念2016 アルバート

2017/03/09

シェアありがとうございます。

前走は、ステイヤーズS(G2)を圧倒的1番人気に応えて何とか勝ちました。アドマイヤドン産駒の量系の同馬で弱い相手の長距離はまさに走り時でした。まず、その前走を見てみましょう。

前走

前走 ステイヤーズS(G2) 中山3600m 1番人気1着 馬体重 472(-2)

弱い相手の非根幹距離の長距離が大得意なアルバート。そう考えると前走は圧勝して欲しかったですがぎりぎりでしたね。今回は多頭数の格上げ戦になるのでもう言わなくても分かると思いますが楽から苦になるのできついと思います。アルバートの疲労度の確認をしたいので過去5戦を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

過去5戦

2015 有馬記念(G1) 中山2500m 7番人気11着
2016 日経賞(G2) 中山2500m 3番人気4着
2016 天皇賞(春)(G1) 京都3200m 6番人気6着
2016 アルゼンチン共和国杯(G2) 東京2500m 4番人気2着
2016 ステイヤーズS(G2) 中山3600m 1番人気1着

この馬は、秋3戦目、どちらもG2・G2ですが2500mと3600mを走っています。物理的な体力の消耗度が激しいです。3600mですよ?これを走って短期間に不得意な格上げ戦の多頭数のG1にL系の馬が向かうって考えただけでアルバートが可哀想なぐらいです。そもそもステイヤーズSを使って有馬記念に向かうのは疲労面から圧倒的に不利です。ステイヤーズSを凡走してくるならまだしも好走してくるとかなり不利です。勝つと人気になりますが着順は逆に悪くなります。馬がもうヘトヘトですからね。

競馬予想まとめ

今まで書いたきたとおりですが、この条件で有馬記念勝ったらテイエムオペラオー級の馬だといわざるを得ないですが今までの戦歴からそこまでの能力がないことは明白です。他の有力馬と比較して疲労面で不利で楽から苦へと苦手条件へシフトするのです。これはかなりきついです。唯一の救いは揉まれない外枠に入れたことぐらいです。人気があろうがなかろうが単勝期待値は低いと考えます。

現状、8番人気ぐらいの単勝オッズ28.5倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ参考にしてみてください。

単勝期待値 C
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。